口コミを投稿する
対応地域:東京,神奈川 所在地:神奈川県横浜市西区

横浜ターミナル法律事務所による離婚問題の解決事例

初回相談無料!離婚調停中からのご依頼可能!依頼者様にとって最適な解決を図ります。

  • 横浜ターミナル法律事務所_先生
  • 横浜ターミナル法律事務所_入口
  • 横浜ターミナル法律事務所_応接室
  • 横浜ターミナル法律事務所_先生
  • 横浜ターミナル法律事務所_入口
  • 横浜ターミナル法律事務所_応接室
  • オンライン面談
  • 初回相談料無料
  • 女性弁護士在籍
  • 個室完備
  • 国際離婚対応
  • 全国対応
  • 当日対応
  • 夜間対応
  • 土日祝日対応
相談料 初回60分無料
着手金 33万円~
報酬金 経済的利益の11%
料金体系 【相談料】
・初回相談60分無料
・2回目以降:30分5500円
【着手金】
・交渉・調停:33万円
※複雑案件については増額することがあります
【報酬金】
33万円+経済的利益の11%
※複雑案件については増額することがあります

※全て税込
最寄駅 JR「横浜駅」より徒歩5分
電話で問い合わせる
通話無料 0078-6008-0891
営業時間:平日,土10:00-20:00

※営業時間外、定休日の際には「メールで問い合わせる」をご利用ください。翌日以降弁護士からご連絡差し上げます。

解決事例

1~4件を表示(全4件)
  • 夫との離婚と夫の不倫相手への慰謝料請求を交渉で成立させた事例

    依頼者情報
    • 年代30代
    • 性別女性
    • 子ども非公開
    • 離婚方法協議離婚
    • 離婚原因不貞行為
    • 相談内容慰謝料
    来所の背景 夫が会社の同僚と不倫をしていることが判明しました。
    依頼内容 夫への離婚請求と不倫相手への慰謝料請求をしたいとご相談に来られました。
    依頼後 明確な不倫の証拠があったため、離婚や慰謝料の支払い自体は問題になりませんでした。しかし、財産分与や養育費、慰謝料の金額(夫・不倫相手両方)について争いになりました。証拠を開示し、粘り強く交渉を行うことで、有利な条件で離婚が成立、不倫相手からも慰謝料を獲得できました。
  • 離婚・面会交流調停を申立てられ離婚調停不成立・婚姻費用を獲得

    依頼者情報
    • 年代非公開
    • 性別女性
    • 子ども非公開
    • 離婚方法離婚していない
    • 離婚原因その他
    • 相談内容裁判・調停
    来所の背景 夫が家を出て行き、離婚調停と面会交流調停を申立ててきました。
    依頼内容 依頼者様は別居中の生活費を受け取っておらず、生活に困ったため、ご相談に来られました。
    依頼後 離婚調停・面会交流調停・婚姻費用分担請求調停の代理人として受任しました。依頼者様は離婚に応じる意思がなかったため、離婚調停は不成立となり、婚姻費用も算定表どおりの金額の支払いを受け、面会交流も双方に大きな負担がかからないような条件で成立することができました。
  • 妻が不貞をして親権争いに発展。3人中1人の親権を夫が獲得

    依頼者情報
    • 年代50代
    • 性別男性
    • 子ども3人
    • 離婚方法非公開
    • 離婚原因不貞行為
    • 相談内容親権・養育費
    来所の背景 妻の不貞が発覚、3人いる子供のうち2人を連れて家を出て行きました。
    依頼内容 子供全員の親権を獲得したいとご相談に来られました。
    依頼後 受任後、妻から慰謝料の支払いを受けることができ、離婚が成立し、別居時と同様に妻が2人、依頼者様が1人の親権者となりました。
  • 調停の途中から代理人となり依頼者様の希望どおり離婚拒否を貫く

    依頼者情報
    • 年代50代
    • 性別女性
    • 子ども非公開
    • 離婚方法離婚していない
    • 離婚原因その他
    • 相談内容裁判・調停
    来所の背景 夫が一方的に家を出て、離婚調停を申立ててきました。依頼者様は第一回目の調停期日に一人で行かれましたが、調停委員に対してうまく自分の主張を伝えることができませんでした。
    依頼内容 このままでは離婚が成立してしまうのではないかと不安になり、ご相談に来られました。
    依頼後 依頼者様はご相談当初、夫が家を出ていった事実や離婚調停を申立てられた事実を十分に受け止めることができていませんでした。そのため、これからどうしたいのか、夫に対してどう考えているのかといったこともまとまっていませんでした。そのような状態ですと、調停委員に気持ちを伝えることはできません。まずは離婚調停とはどういうものかをご説明し、事情をお聞きしたところ、裁判上の離婚事由が見当たりませんでした。そのため、離婚訴訟に進んだとしても離婚が成立する見込みはないことをお伝えしました。再度、夫への気持ちやこれからどうしたいのかをお聞きしたところ、「離婚には応じず、別居を継続する」と決意されました。ただ、夫側は弁護士に依頼していること、別居継続の際の条件についても調停で決めたほうが良いという理由から、私が代理人となりました。その後、夫からの強い離婚の希望はありましたが、「離婚を拒否する」という姿勢を貫くことができ、離婚調停は不成立となりました。
1~4件を表示(全4件)

近くの弁護士

対応地域:東京,神奈川 所在地:神奈川県横浜市西区
横浜ターミナル法律事務所_先生
営業時間:平日,土10:00-20:00
電話で問い合わせる通話無料
0078-6008-0891
口コミ募集中

当サイトを見て来所し、弁護士事務所の口コミを記載頂くことでギフトカードを最大2,000円進呈

TOPへ