口コミを投稿する
対応地域:全国 所在地:東京都中央区

アイシア法律事務所

【鈴木 健太弁護士へのインタビュー】発展途上国の法整備支援を目指し、法曹の道へ。依頼者の悩みに共感し、粘り強く取り組む。

  • アイシア法律事務所_先生1
  • アイシア法律事務所_室内2
  • アイシア法律事務所_先生3
  • アイシア法律事務所_先生1
  • アイシア法律事務所_室内2
  • アイシア法律事務所_先生3
  • オンライン面談
  • 初回相談料無料
  • 女性弁護士在籍
  • 個室完備
  • 国際離婚対応
  • 全国対応
  • 当日対応
  • 夜間対応
  • 土日祝日対応
相談料 初回無料
着手金 25万円~
報酬金 25万円~
料金体系

【相談料】
・初回無料
【着手金】
・協議:25万円
・調停:30万円
・訴訟:45万円
【報酬金】
・協議:25万円
・調停:30万円
・訴訟:45万円
※全て税別

最寄駅 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」より徒歩3分
電話で問い合わせる
通話無料0066-9754-0432
営業時間:00:00-24:00

※営業時間外、定休日の際には「メールで問い合わせる」をご利用ください。翌日以降弁護士からご連絡差し上げます。

発展途上国の法整備支援を目指し、法曹の道へ。依頼者の悩みに共感し、粘り強く取り組む。:鈴木 健太 弁護士

弁護士を志したきっかけを教えてください

『バックパックで目にした発展途上国の現状。法整備支援を目指し、法曹の道へ』

私が小学校まで過ごした場所は決して裕福とは言えず、どちらかと言えば貧困層の多い地域でした。中学は私立に進学したのですが、大企業の創設者や長者番付に名前が載る方など裕福な家庭環境の子供が多く、「平等とは何か」ということを考えるようになりました。

また、家族で海外旅行に行くことも多かったのですが、いくら高級ホテルに泊まっていても、外に出れば貧しい子供がチップをもらいに来るという状況に違和感を覚えました。

「もっと世界を知りたい」「敷かれたレールのうえを歩くだけでなく、自分の力で何かできるようになりたい」という思いが強くなり、学生時代に発展途上国を中心にバックパッカーとして回りました。実際に自分の足で回ってみると、発展途上国と呼ばれる国のなかでも地域によって差があることを知り、「発展途上国の支援がしたい」と思うようになりました。

発展途上国の支援に興味を持ったものの、その現状を見て「抜本的な格差是正のためには国力が必要だ。そして、そのためにはルール作り(法整備)から始める必要がある」と考えました。ちょうど、日本でも法整備支援ができることがわかり、「これなら私にもできるかもしれない」と考え、法曹界を目指すことを決めました。

理念や先生ならではの強みや特徴を教えてください

『色眼鏡をかけて判断しない、諦めない、依頼者の悩みに共感する』

当事務所は「No.1 弁護士宣言」というのを理念として掲げています。どの案件に対しても最初から最後まで一人の弁護士が責任を持ち、ワンストップで対応しているというのが強みであり、特徴です。

私自身の強みは「色眼鏡をかけて判断しないこと」です。どんな人や物事に対しても決めつけや固定概念だけで判断することはいたしません。「おっとりしている」とよく言われますが、勝ち負けにはこだわるタイプで、粘り強く諦めない性格です。

私個人の理念として「世界のどこかである不正が誰かに対して犯されたならば、それがどんなものであれ、それを心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい」というのがあります。これは、キューバ革命の指導者チェ・ゲバラが最後の作戦に出る前に子供たちに宛てて書いた手紙の一部です。ほかの国が侵害されたとき、自分のこととして考えられる人は少ないです。弁護士と一口に言っても、目の前の依頼者の悩みを自分のこととしてとらえたり、共感することができないという人は少なくありません。

チェ・ゲバラの言葉はバックパッカーをしているときに読んだのですが、心に深く刻み込まれていて、体現できるようにしようと努めています。

相談者様との関わり・法律問題の解決のために心がけていることはありますか

『依頼者の立場と第三者の立場、両方からピントを合わせていく』

できるだけ依頼者の立場に立ち、共感することを心がけています。そのうえで第三者の立場から俯瞰するようにもしています。特に一般民事ではこのピントの合わせ方が大事だと思っています。

最初から客観的立場で話を聞いてしまうと、依頼者の大事な情報を引き出せない場合があります。また、終始相談者の立場で物事を考えてしまうと落としどころを見誤る場合もあります。どちらが欠けても適切な判断が行えないため、心がけているポイントです。

離婚問題でお悩みの方が弁護士を頼むより良いタイミングはいつと考えますか?

離婚が頭をよぎったらすぐに弁護士に相談することをおすすめします。

ある程度当事者同士で決めてしまい、途中から弁護士に依頼されることもありますが、実はそこの部分が強い交渉材料になることもあります。また、弁護士への依頼が早ければ早いほど解決方法の選択肢が広がります。

弁護士によっては工数を省くためにぎりぎりにならないと相談を受けてくれないことがあるかもしれません。当事務所ではバックアッププラン(3か月で5万円)など、さまざまなプランを用意していますので早い段階でのご依頼も受け付けています。

弁護士事務所の相談や利用に迷っている方にメッセージをお願いします

弁護士に対して「ハードルが高い」というイメージを抱く方も多いと思います。しかし、「ハードルが高いから」とご自身で動かれ、途中から弁護士に相談されると、「あのとき相談してくれていれば〇〇のような解決ができたのに」と思うことが少なくありません。

気負わず、早めに弁護士へ相談されることをおすすめします。

座右の銘

「簡にして要を得る」です。

前述のチェ・ゲバラの言葉も常に心に刻んでいます。

趣味・休日の過ごし方・ストレスの発散方法

本を読んでいることがほとんどですね。本と言っても、小説ではなく、業務用書籍なので休日になっているかというと微妙です(笑)あと、最近はコロナの影響もあってできていませんが、クルージングも趣味です。

クルージングは主に東京湾で行いますが、ディズニーランドやお台場、羽田などを外から観光するというのが多いです。

おすすめの場所やもの

島が好きなので、特にニューカレドニアやセブ島、グアムがおすすめです。

ニューカレドニアは海がとても綺麗ですが、有名なウベア島には首都(ヌメア)から国内線で移動しなければならず、フランス語圏ということもあり、少しハードルが高いかもしれません。でも、本当に海が綺麗なのでおすすめです!

近くの弁護士

対応地域:全国 所在地:東京都中央区
アイシア法律事務所_先生1
営業時間:00:00-24:00
電話で問い合わせる通話無料
0066-9754-0432
口コミ募集中

当サイトを見て来所し、弁護士事務所の口コミを記載頂くことでギフトカードを最大2,000円進呈

TOPへ