神奈川県・横浜離婚問題強い弁護士(3ページ目)

解決実績が豊富な弁護士に、まずは相談

誰にも相談できない
離婚問題を
弁護士が解決!

山本安志法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区日本大通18
電話番号045-662-6302

橋本法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区太田町1丁目4-2
電話番号045-664-4178

大久保博法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区山下町61-1
電話番号045-681-7357

平塚法律事務所

所在地神奈川県平塚市代官町9-26
電話番号0463-20-5144

大澤法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区日本大通15
電話番号045-651-0479

岩井法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区本町2丁目19
電話番号045-212-5577

石黒法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区尾上町3丁目30-1
電話番号045-664-7911

植田法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区不老町1丁目6-9
電話番号045-651-3317

村松法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区尾上町3丁目35
電話番号045-650-7355

みなとまち法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区不老町1丁目1-5
電話番号045-226-3775

大澤総合法律事務所

所在地神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4158-301
電話番号045-827-3971

よこはま第一法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区住吉町1丁目2
電話番号045-228-2088

村田恒夫法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区不老町1丁目1-14
電話番号045-651-3390

いちょう総合法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区日本大通52
電話番号045-662-7111

佐藤直大法律事務所

所在地神奈川県大和市深見台1丁目5-21
電話番号046-259-5199

高橋優法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区太田町1丁目4-2-503
電話番号045-211-0574

横浜イースト法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区尾上町1丁目4-1-11F
電話番号045-681-3966

清水・安達法律事務所

所在地神奈川県横浜市中区日本大通60
電話番号045-662-6662

池田忠正法律事務所

所在地神奈川県小田原市本町2丁目13-2
電話番号0465-22-8778

R&G横浜法律事務所

所在地神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目4-2-2F
電話番号045-671-9510
41~60件を表示(全502件)
エリアを絞り込む

神奈川県で離婚に強い弁護士の失敗しない選び方

神奈川県の離婚件数について(平成28年時点)

神奈川県の平成28年の離婚件数は、15,673件です。
平成26年は16,004件、平成27年は16,234件なので過去3年間では最少件数です。

月別で見ると、最多件数は3月の1,811件、最少件数は11月の1,167件で700件程度の差異があります。
全国的に見ても離婚件数が最も多いのは3月で最も少ないのは11月なので、神奈川県の月別離婚件数も順当な結果と言えます。

神奈川県の婚姻件数

神奈川県の婚姻件数は全国3位で48,263件です。

対象年に結婚した夫婦と離婚した夫婦に因果関係はないので、単純に比較するべきではないですが、結婚した夫婦の約3分の1の夫婦が離婚していることになります。

神奈川県の離婚率

その他に離婚件数の指標として挙げられるものに離婚率があります。
離婚率とは人口1,000人当たりに対しての年間離婚届出数の割合です。

平成28年の神奈川県の離婚率は1.81です。
平成26年1.78、平成27年1.81なので、過去3年間あまり大きな動きはありません。

全国と比較した神奈川県の離婚件数と離婚率

神奈川県の離婚件数15,673件は全国の離婚件数のなかで3位と、上位に入っています。

関東では全国1位の東京に次ぎ、2番目に離婚件数の多い都道府県です。

しかし平成28年の東京都の離婚件数は23,470件なので、1位と2位には7,000件程度の差があります。
離婚件数が最下位の都道府県は鳥取県で900件前後なので、神奈川県とは14,000件近くの差があります。

神奈川県の全国の人口ランキングは2位、婚姻件数ランキング3位なので人口と婚姻件数の多さに比例して離婚件数も多くなるのは仕方のない現象といえます。

神奈川県の離婚率1.81は全国では13位で、比較的上位に位置しています。

関東のみで見ると東京、茨城に次いで3位です。
全国の平均離婚率は1.81なので、神奈川県の離婚率は平均的な数値です。

神奈川県の市区町村別の離婚件数と離婚率

神奈川県で人口の多い上位3つの市の離婚件数を見ると、横浜市 6,386件、川崎市 2,458件、相模原市 1,354件です。

横浜市の人口は300万前後、川崎市は140万前後、相模原市は70万前後なので相模原市は他2つの市より、人口に対する離婚件数が多いです。

上記の3つの市以外の市区町村の離婚件数は、1位横須賀市 764件、2位藤沢市673件、3位中央区 593件、4位港北区 566件、5位鶴見区 556件です。
3~5位に関しては、件数にほとんど差はありません。

横須賀市、藤沢市は人口の多い順位でも5位以内に入っているので、離婚件数も多くなっているのでしょう。

全国的に離婚が1番多い3月と離婚が1番少ない11月ですが、両方の月で離婚件数が1番多いのも横須賀市です。

神奈川県の恋愛と浮気の傾向

神奈川県の恋愛傾向

神奈川県民は男女ともに洗練されており、おしゃれで流行に敏感な部分があります。
好奇心が旺盛でアクティブな面も持ち合わせており、スポーツ人口や旅行の行動者率なども全国ランキングで1位を獲得しています。

自分の時間を楽しむことに長けており、そのための時間やお金は惜しみません。
そういった県民性が恋愛面にも出ており男女ともに恋愛を上手に日常生活に組み込み、自分の心地良いペースで楽しく過ごすカップルが多いです。

マイペースに恋愛を進めていくので相手に依存することは少ないようです。また、「楽しい」という感情をとても大切にしているので、自分が少しでも疲れたと感じたら見切りをつけるタイミングは早いと言われています。

神奈川県の浮気率

結婚相手・交際相手がいる方に対して、「その相手以外にセックスする方はいますか?」という質問で浮気率を調べたところ、神奈川県の浮気率は20.3%で全国47都道府県中32位と下位です。

離婚件数が全国3位という結果とあわせて考えると「離婚は多いが、その理由は浮気ではない」ということのようです。

男女ともに相手に依存せず自立した考え方をもっているので、「この人といても幸せではない」と感じたら潔く離婚を決断する傾向があるのかもしれません。

神奈川県の弁護士情報と相談窓口

「離婚をしたい」、「離婚を言い渡された」など離婚問題の悩みを誰に打ち明けて、どう解決するべきかと悩んでいる方は多いと思います。
そんな場合は、まず弁護士に相談することをお勧めします。

離婚問題で慰謝料や親権について争う場合、専門的な知識を持っている方が断然有利です。

弁護士は、法的な視点から離婚問題を解決へと導いてくれるので安心して任せることができます。

弁護士会を利用して弁護士に相談する

弁護士事務所を開設している弁護士は全員弁護士会への加入義務があります。
神奈川県の弁護士であれば、神奈川県弁護士会に加入します。

弁護士会では離婚問題の相談窓口を設けており、さらに弁護士紹介業務も行っているので離婚問題の実績が多い弁護士を紹介してくれます。

  • 神奈川県弁護士会
    TEL 045-211-7707(代)
    所在地 神奈川県横浜市中区日本大通9番地

関内法律相談センター/横浜駅西口法律相談センター/横浜駅東口家庭の法律相談センター/川崎法律相談センター/横須賀法律相談センター/相模原法律相談センター/海老名法律相談センター/小田原法律相談センター

神奈川県で弁護士以外に離婚問題を相談する方法

いきなり弁護士に相談するのは、少し不安という方に神奈川県では男女関係、家庭のお悩みの相談に乗ってくれる公的機関があります。
法的なアドバイスはしてもらえませんが、悩みを聞いてもらえることで今後の方向性が明確になった場合は次の段階にあった窓口を紹介してくれます。

  • かながわ県民センター
    TEL 045-312-1121
  • 川崎県民センター
    TEL 044-549-7000
  • 女性電話相談室
    TEL 0570-550-594
  • 女性のためのDV相談窓口
    TEL 0466-26-5550、0466-26-5551

神奈川県で離婚問題を抱えている方へ

離婚問題の話し合いは条件でぶつかり合い、なかなか解決せず長期戦になる場合が多いです。

話し合いが長期に及ぶと精神的に疲労していき、判断を誤ることがあるので一度弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士には守秘義務があるので、第三者に漏れる心配をせずにすみ、法的な観点からより良い選択肢を提示してくれます。

1人で考えていたときには、思いつかなかった解決策が見えてくる可能性があります。

当サイトにも、離婚問題に強い実績豊富な弁護士を多数掲載しております。
初回の相談が無料の事務所も多数ありますので、是非一度利用されてみてください。

神奈川県の離婚体験談

  • 名前タカユキ
  • 年代20代
  • 性別男性
  • 居住地神奈川県
  • 婚姻期間1~3年
  • 子ども無し
  • 離婚理由不貞行為
  • 弁護士の利用有り
  • 解決までの期間半年以内
  • 慰謝料有り
離婚条件
私から妻への慰謝料430万の支払い。また離婚後の一切の連絡無し。
離婚の原因
私の浮気発覚がきっかけに、夫婦間での溝が大きくなり、離婚するかたちとなりました。
離婚に至るまでの流れ
浮気発覚がきっかけに、夫婦での会話、会うことも無くなり、このままでは結婚生活をすることが困難ということで妻からの申し出で離婚にいたりました。
弁護士に相談した感想
慰謝料の金額を決める際、公正証書の作成の際にわからないことだらけでしたので、非常に参考になりました。妻が私と連絡を取りたくないという事でしたので代理人同士での話し合いになりまして、その際も弁護士の方に出ていただいたので、スムースに協議離婚が成立いたしました。
TOPへ