口コミを投稿する
対応地域:全国 所在地:京都府京都市中京区

【弁護士 大塚 千華子】育児・実務経験豊富な女性弁護士!による離婚問題の解決事例

【初回相談無料/電話・オンライン相談可能】経験豊富な女性弁護士が丁寧にサポート!

  • 松原法律事務所_先生
  • 松原法律事務所_先生
  • 松原法律事務所_相談室
  • 松原法律事務所_先生
  • 松原法律事務所_先生
  • 松原法律事務所_相談室
  • オンライン面談
  • 初回相談料無料
  • 女性弁護士在籍
  • 個室完備
  • 国際離婚対応
  • 全国対応
  • 当日対応
  • 夜間対応
  • 土日祝日対応
相談料 初回30分無料
着手金 25万円~
報酬金 事案による
料金体系 【相談料】
・初回30分無料
・以降30分5,500円
【着手金】
・調停:27万5000円~
・訴訟:33万円~
【報酬金】
(調停・訴訟)
※報酬額の算定方法は,事案に応じて委任契約時に依頼者と協議の上,決定します。
※全て税込
【算定方法の例】
例1) 着手金と同額または依頼者の得た経済的利益に以下の数値を乗じた金額の
いずれか高い方
・300万円以下の部分17.6%
・300万円を超え3,000万円以下の部分11%
・3,000万円を超え3億円以下の部分 6.6%
・3億円を超える部分 4.4%
例2) 33万円+財産分与、慰謝料認容額の11%~16.5%
例3) 着手金と同額
最寄駅 京都市営地下鉄「烏丸御池駅」3-1出口より徒歩3分
電話で問い合わせる
通話無料0078-6008-0480
営業時間:平日9:30-17:00 ※ご予約により夜間対応可能

※営業時間外、定休日の際には「メールで問い合わせる」をご利用ください。翌日以降弁護士からご連絡差し上げます。

解決事例

1~5件を表示(全5件)
  • モラハラ夫との熟年離婚で実質的な未払婚費,慰謝料獲得に成功。

    依頼者情報
    • 年代60代
    • 性別女性
    • 子ども無し
    • 離婚方法調停離婚
    • 離婚原因モラルハラスメント
    • 相談内容DV・モラハラ
    来所の背景 一般向けの法律相談を介して個別の来所相談にこられました。
    依頼内容 長年に渡る夫からのモラルハラスメントに耐え兼ね自宅を出た妻からの相談。年金収入しかなく離婚後の経済不安対策を講じたいとの希望。
    依頼後 夫は多額の特有財産を有する資産家であるが,年金収入しかなく,婚姻費用分担の請求について家裁で認容されるのは困難な事案。代理人を介した交渉の末,実質的夫婦共有財産の分与に加え,別居以降の未払い婚費と離婚慰謝料に相当する金銭給付を取り付けることに成功し,離婚調停成立。
  • DV夫から子連れ避難,住所秘匿で離婚・面会交流の解決に成功

    依頼者情報
    • 年代30代
    • 性別女性
    • 子ども2人
    • 離婚方法裁判離婚
    • 離婚原因DV
    • 相談内容DV・モラハラ
    来所の背景 一般向けの法律相談を介して個別の来所相談にこられました。
    依頼内容 夫からの暴力(単発)と行動監視を理由に離婚希望が生じたとして,早期別居実現,二児の親権取得,面会交流を排除することを希望。
    依頼後 夫の住む自宅を出て生活の安全を確保した後,妻子の居所を秘匿した状態で離婚調停及び婚姻費用分担請求調停を申し立てた。夫は妻が男性と電話でやりとりしていた記録を根拠に妻の「不貞」を主張し婚姻費用分担義務を争っていたが,反証活動に奏功して不貞の認定を排斥,婚姻費用分担を認める審判を勝ち得た。夫が申し立てた面会交流調停は子の福祉が害されることを心配する妻側と条件調整で難航したが,調査官調査と試行的面会交流を経て,面会交流支援機関も活用して妻が安心できる条件調整を続け合意形成に成功,裁判上で離婚の和解が成立した。なお妻の希望により妻子の居所は終始秘匿したままの事件解決。
  • モラハラ夫と熟年離婚。共有名義住宅は妻特有財産との認定に成功

    依頼者情報
    • 年代50代
    • 性別女性
    • 子ども無し
    • 離婚方法調停離婚
    • 離婚原因モラルハラスメント
    • 相談内容財産分与
    来所の背景 共通の知人からのご紹介にあずかり,ご来所されました。
    依頼内容 夫からの長年に渡るモラルハラスメントにより心身の健康を損ねた妻から同居生活継続に耐えられないとの相談。妻の両親からの多額援助により取得した自宅不動産が持分1/2ずつの夫婦共有名義になっているが,実質的には妻の特有財産に当たることを踏まえた財産分与を希望。なお子は既に成人。
    依頼後 夫に離婚に向けた別居を申入れ,別居を確保してから離婚調停を申し立てた。自宅不動産取得に際しての出資状況を詳細に立証し,自宅土地建物がその登記名義に関わらず7割は妻の特有財産であることについて相手方の説得に成功。夫退職金も含めた夫婦共有財産部分につき財産分与を得て,妻が自宅生活を継続する形で離婚調停成立。
  • 妻の高額金銭請求斥け,夫が二児の親権取得と手厚い面会交流獲得

    依頼者情報
    • 年代40代
    • 性別男性
    • 子ども2人
    • 離婚方法調停離婚
    • 離婚原因性格の不一致
    • 相談内容親権・養育費
    来所の背景 共通の知人からのご紹介にあずかり,ご来所されました。
    依頼内容 性格不一致を理由に同居生活を拒み単身家を出た妻から離婚請求を受け,弁護士相談。夫は育児熱心で,子らの親権取得を希望。また,夫の特有財産も含めた夫名義資産から高額な給付を要求する妻から財産を守りたいとの希望。
    依頼後 妻から離婚調停が申し立てられたが夫の特有財産部分を度外視した高額財産給付と幼い二児の親権取得を主張する妻との間で対立。妻からは面会交流・監護者指定調停も申し立てられ,双方の監護者適性をみるための調査官調査も実施されたが,二児と同居する夫側の監護状況の良好さが認められ監護者変更の必要性ない旨の調査報告書を得られた。これをてこに妻の大幅譲歩を引き出し,監護者を妻,親権者を夫として,二児が毎週末夫側自宅に泊りがけで面会交流できること,養育費・財産分与を相当額に抑えた内容とすることで合意に漕ぎつけ,調停離婚成立。
  • 離婚を拒む夫から住宅売却による高額財産分与と親権取得に成功

    依頼者情報
    • 年代30代
    • 性別女性
    • 子ども1人
    • 離婚方法調停離婚
    • 離婚原因性格の不一致
    • 相談内容財産分与
    来所の背景 共通の知人からのご紹介にあずかり,ご来所されました。
    依頼内容 共働き夫婦の妻の方から,性格の不一致を理由に妻を親権者と定めての離婚を希望。夫が離婚を拒み当事者間での話し合いが困難となったことから弁護士相談に来られた。妻の方が高収入であり,夫婦共有財産への妻の貢献が大きかったことから相当な財産分与を希望。
    依頼後 代理人を介した当初の交渉段階では夫は離婚を拒み,離婚に応じる条件として夫婦共有名義自宅不動産の妻持分の無償譲渡などを主張していたため,離婚調停申し立てと並行して共有物分割請求訴訟を提起。勝訴判決をてこに離婚調停で任意売却により換価,1000万円以上の高額財産分与と親権取得を実現した。加えて,20歳までの養育費の合意,学資保険は別途,妻名義に変更する内容での調停離婚成立。
1~5件を表示(全5件)

近くの弁護士

対応地域:全国 所在地:京都府京都市中京区
松原法律事務所_先生
営業時間:平日9:30-17:00 ※ご予約により夜間対応可能
電話で問い合わせる通話無料
0078-6008-0480
口コミ募集中

当サイトを見て来所し、弁護士事務所の口コミを記載頂くことでギフトカードを最大2,000円進呈

TOPへ