弁護士の離婚の解決事例

弁護士による離婚問題の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、お悩みの解決を依頼された結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。
ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。

1~10件を表示(全279件)
対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木など 所在地:東京都港区虎ノ門

虎ノ門東京法律事務所

セブンライツ法律事務所_先生1

義親所有の土地に建てた建物の処理

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別男性
  • 子ども1人
  • 離婚方法裁判離婚
  • 離婚原因性格の不一致
  • 相談内容財産分与
来所の背景 ・離婚調停がうまくいかずに、離婚訴訟となってっしまった。
依頼内容 ・自分名義のローンで建てた自宅建物を清算したい。
・子供名義の財産(預金と学資保険)を財産分与の共有財産として主張したい。
依頼後 ・義親所有の土地に依頼者名義の建物を建てる案件は困難な問題が付きまといます。具体的には、土地は義親が所有しているため、離婚後建物にそのまま依頼者が居住し続けることは困難である一方で、ローンは自分の名義になっているためそのままだと支払いだけは継続しなければいけない点です。
・銀行などとすり合わせを綿密に行い、依頼者がローンから抜ける手続きをとりました。
・子名義の財産(預金と学資保険)を分析し、裁判所にそれらが共有財産であると判断させました。
対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木など 所在地:東京都港区虎ノ門

虎ノ門東京法律事務所

セブンライツ法律事務所_先生1

スピード解決と適正分与のバランスをとることに成功した事例

依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 子ども1人
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因性格の不一致
  • 相談内容財産分与
来所の背景 ・依頼者と相手方が離婚について話し合いを始めたあと、相手方がしっかりとした離婚条件を決めたいと主張し、弁護士を介入させたため、こちらも弁護士に依頼したい。
依頼内容 ・できる限り早めに、かつ穏便に解決をしたい。
・(とはいえ一方的に相手の主張を飲むのではなく)財産が比較的多いため適正な分与がしたい。
依頼後 ・早期解決のため、相手側に理解して頂ける資料を開示する必要があり、相手方に合わせたタイミングにて開示しました。
・結果従前から単身赴任であった依頼者は、自身が住んでいなかったマンションのみの分与となり、希望に沿った財産分与を実現しました。
対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木など 所在地:東京都港区虎ノ門

虎ノ門東京法律事務所

セブンライツ法律事務所_先生1

慰謝料300万円の減額に成功

依頼者情報
  • 年代70代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 ・長年に亘る不貞行為の慰謝料を請求され、裁判になったため。
依頼内容 ・不貞行為でないと主張してほしい。
・不貞が認められるとしても金額を低くしてほしい。
依頼後 ・不貞行為の証拠不十分、婚姻関係の破綻、時効期間の経過などを主張するととともに、仮に不貞行為であるとしても、夫の積極的な働きかけがあったことを主張したりし、結果300万円以上の減額に成功しました。
対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木など 所在地:東京都港区虎ノ門

虎ノ門東京法律事務所

セブンライツ法律事務所_先生1

いち早くオンライン面会交流を実施させかつ適正な養育費での解決

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 子ども1人
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因性格の不一致
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 ・相手方が子どもを連れて出ていってしまった事案です。
・そのほか養育費の支払いの請求もありました。
依頼内容 ・早期に面会交流を実施したい。
・転職後で収入が不安定なため、できる限り養育費を下げたい。
依頼後 ・相手方がコロナ禍を理由に面会交流を拒否し続けておりました。そのため介入後速やかにオンラインでの面会交流を提案し速やかに実施させました(オンラインでも十分なコミュニケーションをとることができました。)
・転職で事業所得になったため、経費などを分析して主張し、毎月2万円(総期間合計300万円超)の養育費の減額に成功しました。
対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木など 所在地:東京都港区虎ノ門

虎ノ門東京法律事務所

セブンライツ法律事務所_先生1

7年分の養育費の回収と面会交流の実施

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども1人
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 ・調停で養育費を定めたにもかかわらず、7年近くも養育費が未払い状態。
・かつ、子どもが求めているのに面会交流が全く実施されていませんでした。
依頼内容 ・既に発生している養育費と今後の養育費をしっかり払ってもらいたい。
・子どもの福祉のため面会交流を実施してほしい。
依頼後 ・はじめに粘り強く複数回書面を送付し交渉を持ちかけ、同時に強制執行の準備を行いました。その過程で、裁判所からの書面が相手方に到着し、実際に強制執行の準備を行っている本気度が伝わりました。
・それまでなしの礫でしたが、これを皮切りに相手方より連絡が来るようになりました。
・結果、未払いの養育費の支払いと今後の養育費の支払いの確約と、7年ぶりの面会交流も実現しました。
対応地域:兵庫 所在地:兵庫県姫路市

山崎喜代志法律事務所

山崎喜代志法律事務所_先生

別居中、夫に連れ去られた子供の「子の引渡し」の成功事例

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法離婚していない
  • 離婚原因その他
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 依頼者様は子供を連れて夫と別居中でしたが、仕事で不在中、生活費を手渡しに来た夫が子供を連れて帰ってしまいました。
依頼内容 連れ去られた子供を引き渡してほしいとご相談に来られました。
依頼後 夫婦が離婚しており、どちらかが親権者と決まっていれば親権に基づいて引き渡し請求ができます。しかし、婚姻中の場合どちらか一方の親権が優先されるわけではなく、当然に引き渡し請求を行うことはできません。

そこで本事案では、家事事件手続法に基づき、審判前の保全処分(子の引渡し)を使い、①子の監護者指定②子の引渡し審判申立③審判前の保全処分(子の引渡し)を同時に申し立てました。これにより、申し立てから約2か月で「相手方は、申立人に対し、本案の審判確定に至るまで、未成年者を仮に引き渡せ」との審判を得ることができました。

今回、相手方の弁護士は「連れ去りではなく、ただの引渡し請求の事案だ」と主張していましたが、こちら側としても粘り強く「子の連れ去り」を主張したことで、裁判所が相手方を説得し、任意に引き渡してくれる結果となりました。
対応地域:兵庫 所在地:兵庫県姫路市

山崎喜代志法律事務所

山崎喜代志法律事務所_先生

不当な婚姻費用の請求を半分に退けた事例

依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因その他
  • 相談内容裁判・調停
来所の背景 別居中の妻から離婚調停と婚姻費用分担請求調停が同時に申し立てられました。
依頼内容 離婚することには異論がありませんでしたが、財産分与や慰謝料については、依頼者様にも言い分がおありとのことでした。

また、子供はすでに成人しており、妻自身も別居後に自立し、婚姻関係の破綻を主張しているにも関わらず、(ある程度裁判日数がかかることはやむを得ないことではあるが)その間の婚姻費用を請求されるのは納得がいかないとのことでした。
依頼後 夫婦関係が形骸化していても、夫から妻への婚姻費用の支払いが求められるケースが少なくありません。本事案では、最高裁まで争い、不当な金額について婚姻費用の減額請求の申立てを行い、和解の段階で最終的に支払いを半分に退けることができました。
対応地域:関西 所在地:兵庫県神戸市

【弁護士 佐藤 英生】神戸ブライト法律事務所

神戸ブライト法律事務所_先生

元婚約者から多額の慰謝料請求を受け、妥当な金額で解決した事例

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は性格や生活環境などの理由で相手方と婚約を解消しましたが、元婚約者から慰謝料や引っ越し代、生活費など多額の費用を請求されていました。
依頼内容 支払うべきものは支払い、早く関係を解消したいが、要求された金額をすべて払わなければならないのか悩まれ、ご相談に来られました。
依頼後 依頼者様と相手方の関係性について、自他ともに認める婚約関係にあり、「早期解決を希望」「婚約していないという点で争うつもりはない」ということでした。

そこで、まずは相手方とコンタクトを取り、相手方の要求内容を明らかにし、確定させました。また、法的に支払い義務があるとされる範囲や依頼者様の経済状況などを伝え、依頼者様が支払い可能な範囲での解決金を提示し、相手方の了解が得られたため、スピード解決となりました。

解決金の金額は相場より高額になりましたが、依頼者様のご希望は「早期解決」でしたので、ご希望に沿える形で解決ができ、大変喜んでいただけました。
対応地域:関西 所在地:兵庫県神戸市

【弁護士 佐藤 英生】神戸ブライト法律事務所

神戸ブライト法律事務所_先生

訴訟を起こすことなく夫の浮気相手から慰謝料を獲得できた事例

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども2人
  • 離婚方法離婚していない
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様の夫は長期間にわたり浮気をしていました。
依頼内容 依頼者様は夫と離婚するつもりはありませんでしたが、浮気相手に対して慰謝料請求をしたいとご相談に来られました。
依頼後 依頼者様の夫は浮気を認めていたため、夫から浮気についての事実経過などの事情を聴取し、写真やメールなどの証拠提供を受けることができました。

これらの証拠を基に、浮気相手と示談交渉を行い、依頼者様の納得の行く金額でまとまり、訴訟を起こす前に示談が成立しました。
対応地域:関西 所在地:兵庫県神戸市

【弁護士 佐藤 英生】神戸ブライト法律事務所

神戸ブライト法律事務所_先生

協議に応じようとしない別居中の妻との離婚が成立

依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 子ども1人
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因その他
  • 相談内容裁判・調停
来所の背景 10年ほど前に妻が家を出て行き、それから別居が続いている状態です。数年前から離婚協議を行おうと試みていますが、妻が対応をしない状態でした。
依頼内容 別居中の妻と離婚したいとご相談に来られました。
依頼後 受任後、依頼者様の代理人として相手方に対して離婚協議を行いたいという旨の手紙を送付いたしました。しかし、相手方からはまったく連絡がなく協議を行うことができない状態でした。早い段階で離婚調停を申し立てたところ、相手方が調停に出席し、離婚するにあたり、希望条件を提示してきました。

調停期日を重ねることで互いに納得のいく条件で調停離婚が成立しました。
1~10件を表示(全279件)

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ