弁護士の離婚の解決事例

弁護士による離婚問題の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、お悩みの解決を依頼された結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。
ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。

1~10件を表示(全165件)
対応地域:全国 所在地:東京都中央区

ワールド法律会計事務所

ワールド法律会計事務所_先生

証拠がない中で、不倫相手男性から慰謝料を回収できた事例

依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別男性
  • 子ども1人
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は妻の不倫に大変悩まれてご来所されました。
依頼内容 妻が不倫していることは分かっているが、決定的な証拠がない、という状況でも、相手の男性に対して慰謝料を請求できないか?というご相談でした。
依頼後 証拠はありませんでしたが、戦略的に交渉を進めることで、裁判相場に匹敵する慰謝料を獲得でき、依頼者の方に大変ご満足いただくことができました。
対応地域:全国 所在地:東京都中央区

ワールド法律会計事務所

ワールド法律会計事務所_先生

妻の不倫相手の男性から相場を上回る慰謝料を回収できた事例

依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別男性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は妻の不倫に大変悩まれてご来所されました。
依頼内容 妻の不倫相手の男性に対して、できるだけ多くの慰謝料を請求したいとご相談に来られました。
依頼後 受任後、戦略的な交渉により、裁判相場の金額を大きく上回る(約10倍の)慰謝料を回収でき、依頼者の方に大変ご満足いただくことができました。
対応地域:関東 所在地:東京都葛飾区

弁護士法人 葛飾総合法律事務所

弁護士法人葛飾総合法律事務所_先生

個人事業主特有の問題を踏まえ、調停で合意を得た事例

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 子ども非公開
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因その他
  • 相談内容財産分与
来所の背景 依頼者様は個人事業を営んでおり、離婚することになりました。
依頼内容 相手方と諸条件で揉め、調停を提起されたため、ご相談に来られました。
依頼後 個人事業主特有の問題(財産分与の対象財産、婚姻費用算定時の基礎収入など)があるため、資料を精査しながら対応方針を固めました。主張書面を作成し、ご依頼者様の決済後、裁判所に発送しました。調停がまとまり、合意が成立しました。
対応地域:関東 所在地:東京都葛飾区

弁護士法人 葛飾総合法律事務所

弁護士法人葛飾総合法律事務所_先生

極めて高額な合意済み養育費の減額に成功

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 依頼者様は離婚時に極めて高額な養育費の取り決めを行っていました。その後、再婚したことで支払いが困難になりました。
依頼内容 養育費の減額のため、相談に来られました。
依頼後 養育費の減額は請求時と考えられています。実務上は調停申立時を請求時とすることが多く、話し合いでまとまる見込みも薄いため、調停を申立てました。その後、当方の主張を相手方が受け入れられず、審判に移行し、最終的に裁判官が従前の合意金額より大幅に減額した金額の提示をして和解が成立しました。
対応地域:関東 所在地:東京都葛飾区

弁護士法人 葛飾総合法律事務所

弁護士法人葛飾総合法律事務所_先生

不当な不貞慰謝料請求の防御に成功

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は既婚者と不倫をし、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されていました。
依頼内容 慰謝料を減額したいとご相談に来られました。
依頼後 受任後、相手方と減額交渉を行い、「不当な請求額には応じることができない」と法的主張を踏まえて支払いを拒絶したところ、相手方が訴訟を提起しました。訴訟において、必要な主張を行い、大幅に減額された慰謝料が裁判所から提示され、和解ができました。
対応地域:兵庫 所在地:兵庫県神戸市中央区

弁護士法人法律事務所 瀬合パートナーズ

弁護士法人法律事務所 瀬合パートナーズ_先生

反訴により夫から不貞慰謝料、財産分与の和解金などを獲得

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者は夫と別居していましたが、別居を理由に夫から離婚訴訟を提起されました。
依頼内容 夫の不貞行為を理由とする離婚、夫が将来受け取る予定の退職金を含めた財産分与と慰謝料などを請求したいとご相談に来られました。
依頼後 当初、夫は不貞行為を否認していましたが、不貞関係を疑わせる証拠を入手し、証拠を夫に見せて問い詰めたところ、不貞関係を認めました。また、夫は退職前ではありましたが、公務員だったため定年退職によって退職金が支給されることはほぼ確実な状況でした。そのため、将来支払われる予定の退職金について財産分与を請求し、退職前から一定金額を分割で支払い、退職時に残額を一括で支払う旨の調停が成立しました。
対応地域:兵庫 所在地:兵庫県神戸市中央区

弁護士法人法律事務所 瀬合パートナーズ

弁護士法人法律事務所 瀬合パートナーズ_先生

DV・モラハラ夫との条件交渉を弁護士が代行し、離婚が成立

依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因DV
  • 相談内容DV・モラハラ
来所の背景 依頼者は夫からDVやモラハラを受けていました。
依頼内容 DV・モラハラに耐え兼ねていましたが、夫の性格を考え、当人同士の話し合いは難しい状況であったため、ご相談に来られました。
依頼後 受任後、弁護士が代理人となり夫と交渉を行いました。夫は非常に細かい性格のため、解決までに1年程度を要しました。最終的には算定表どおりの婚姻費用を支払うこと、妻が親権を持つこと、夫が養育費を支払うことに合意でき、財産分与で妻名義の預金を夫に分与せず維持することができました。また、妻が住むマンションは妻が財産分与を受ける代わりに調整金として夫に150万円を渡すことで解決しました。
対応地域:全国 所在地:京都府京都市中京区

【弁護士 大塚 千華子】育児・実務経験豊富な女性弁護士!

松原法律事務所_先生

モラハラ夫との熟年離婚で実質的な未払婚費,慰謝料獲得に成功。

依頼者情報
  • 年代60代
  • 性別女性
  • 子ども無し
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因モラルハラスメント
  • 相談内容DV・モラハラ
来所の背景 一般向けの法律相談を介して個別の来所相談にこられました。
依頼内容 長年に渡る夫からのモラルハラスメントに耐え兼ね自宅を出た妻からの相談。年金収入しかなく離婚後の経済不安対策を講じたいとの希望。
依頼後 夫は多額の特有財産を有する資産家であるが,年金収入しかなく,婚姻費用分担の請求について家裁で認容されるのは困難な事案。代理人を介した交渉の末,実質的夫婦共有財産の分与に加え,別居以降の未払い婚費と離婚慰謝料に相当する金銭給付を取り付けることに成功し,離婚調停成立。
対応地域:全国 所在地:京都府京都市中京区

【弁護士 大塚 千華子】育児・実務経験豊富な女性弁護士!

松原法律事務所_先生

DV夫から子連れ避難,住所秘匿で離婚・面会交流の解決に成功

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども2人
  • 離婚方法裁判離婚
  • 離婚原因DV
  • 相談内容DV・モラハラ
来所の背景 一般向けの法律相談を介して個別の来所相談にこられました。
依頼内容 夫からの暴力(単発)と行動監視を理由に離婚希望が生じたとして,早期別居実現,二児の親権取得,面会交流を排除することを希望。
依頼後 夫の住む自宅を出て生活の安全を確保した後,妻子の居所を秘匿した状態で離婚調停及び婚姻費用分担請求調停を申し立てた。夫は妻が男性と電話でやりとりしていた記録を根拠に妻の「不貞」を主張し婚姻費用分担義務を争っていたが,反証活動に奏功して不貞の認定を排斥,婚姻費用分担を認める審判を勝ち得た。夫が申し立てた面会交流調停は子の福祉が害されることを心配する妻側と条件調整で難航したが,調査官調査と試行的面会交流を経て,面会交流支援機関も活用して妻が安心できる条件調整を続け合意形成に成功,裁判上で離婚の和解が成立した。なお妻の希望により妻子の居所は終始秘匿したままの事件解決。
対応地域:全国 所在地:京都府京都市中京区

【弁護士 大塚 千華子】育児・実務経験豊富な女性弁護士!

松原法律事務所_先生

モラハラ夫と熟年離婚。共有名義住宅は妻特有財産との認定に成功

依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別女性
  • 子ども無し
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因モラルハラスメント
  • 相談内容財産分与
来所の背景 共通の知人からのご紹介にあずかり,ご来所されました。
依頼内容 夫からの長年に渡るモラルハラスメントにより心身の健康を損ねた妻から同居生活継続に耐えられないとの相談。妻の両親からの多額援助により取得した自宅不動産が持分1/2ずつの夫婦共有名義になっているが,実質的には妻の特有財産に当たることを踏まえた財産分与を希望。なお子は既に成人。
依頼後 夫に離婚に向けた別居を申入れ,別居を確保してから離婚調停を申し立てた。自宅不動産取得に際しての出資状況を詳細に立証し,自宅土地建物がその登記名義に関わらず7割は妻の特有財産であることについて相手方の説得に成功。夫退職金も含めた夫婦共有財産部分につき財産分与を得て,妻が自宅生活を継続する形で離婚調停成立。
1~10件を表示(全165件)

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ