弁護士の離婚の解決事例

弁護士による離婚問題の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、お悩みの解決を依頼された結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。
ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。

1~10件を表示(全131件)
対応地域:東京都,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都中央区

【弁護士 窪木 稔】元家庭裁判所長のベテラン弁護士!

有責配偶者のスピード離婚に成功したケース

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別男性
  • 子ども無し
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因性格の不一致
  • 相談内容不貞行為
来所の背景 男性側で、自分が不貞行為をしてしまっているけれども離婚を成立させたいという方からのご依頼をいただきました。

当事務所では、元家庭裁判所長である窪木稔の、裁判官としての長年の経験を武器に、難事件でも積極的にご相談に乗っています。
依頼内容 依頼者の要望の中で最優先であったのが、離婚の時期でした。すでに不貞相手との間で交際期間が進んでしまっていたためでした。

一方で、早期離婚を実現するためには、金銭的な条件についてはある程度譲歩が可能であるということでした。
依頼後 ご相談時、まずは有責配偶者の離婚に関する基本的な考え方を依頼者に説明しました。

その後、粘り強い交渉の結果、離婚条件について一定の譲歩を要することとはなりましたが、依頼者の望むタイミングで、早期離婚を実現しました。
対応地域:東京都,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都中央区

【弁護士 窪木 稔】元家庭裁判所長のベテラン弁護士!

親権に争いがあったが、当方提案の内容で離婚が成立したケース

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども1人
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因DV
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 夫の暴力を理由として別居を開始した妻側からのご相談でした。
夫がDV・モラハラ気質が強く、弁護士が連絡をしたとしてもまともに取り合ってくれる可能性が非常に低い状況であったことから、依頼者は離婚調停を申し立てることを希望していました。
依頼内容 DV・モラハラが原因で離婚を求めるに至ったわけですが、夫の暴力による悪影響は、子にも及んでいました。子の面前で、妻に対して暴力をふるったり、暴言を吐いたりといったことが日常的に行われており、子どももこれに恐怖している状況でした。

そのため、離婚条件について、特に親権についてはどうしても譲歩できないというのが依頼者の希望でした。
依頼後 依頼時には既に別居を開始していたことから、すみやかに離婚調停の申立てを行いました。

調停による数回の話し合いの結果、2人の子どもの親権者を妻とし、夫が妻に対して、養育費として、子どもが大学を卒業するまでの間、各8万円ずつ支払うことを内容として、調停離婚が成立しました。
対応地域:東京都,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都中央区

【弁護士 窪木 稔】元家庭裁判所長のベテラン弁護士!

複数の女性と不貞した夫から高額な慰謝料を得て離婚したケース

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 子ども2人
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容不貞行為
来所の背景 経営者である夫が、自分の経営する会社内のスタッフを含む複数の女性と不貞をしていたケースです。

不貞の事実を知った妻が、慰謝料請求と離婚の請求を求めて、当事務所に相談に来ました。
依頼内容 依頼者の要望は、不貞をした女性全員に対して慰謝料請求をしたいことはもちろん、離婚の協議が長引くことに備えて、少なくとも離婚の協議が続いている間は、社員を含めて、夫とは接触をしたくないという要望がありました。

あわせて、離婚については、財産分与が高額になる可能性があり、かつ、子の親権も争いとなるおそれがありました。
依頼後 ご依頼後ただちに、判明している不貞相手全員に対して、証拠の有無にかかわらず慰謝料請求を行いました。

3人のうち2人から、接触禁止条項を盛り込むとともに、それぞれ慰謝料として約150万円、250万円を獲得しました。

あわせて、離婚についても慰謝料の意味も含んだ財産分与と親権を勝ち取る内容にて、協議離婚に至りました。
対応地域:大阪,兵庫,京都,広島 所在地:大阪府大阪市北区

フォーゲル綜合法律事務所 南森町事務所

フォーゲル綜合法律事務所 南森町事務所_先生

慰謝料請求での不貞行為の立証に成功

依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は企業の社長夫人で、社長である夫が部下と浮気をしてることを疑い、ご相談に来られました。
依頼内容 依頼者様は夫と部下がやり取りしているメールしか証拠がなく、探偵をつけるべきか悩まれていました。
依頼後 受任後、メールのみを証拠に、夫の不倫相手である部下に慰謝料請求訴訟を起こしました。その結果、和解して解決金を受け取ることができ、部下に会社をやめてもらうこともできました。探偵費用も抑えることができたので大変感謝されました。
対応地域:広島 所在地:広島県広島市中区

佐々木和宏法律事務所

佐々木和宏法律事務所_先生

莫大な金銭を請求する妻の請求を抑えて離婚成立。

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容その他離婚理由
来所の背景 夫は、妻と別居していましたが、給料を妻に管理されてほとんど使えない状況であり、離婚を希望していました。
依頼内容 夫は、離婚して給料を取得することを希望していました。
依頼後

妻は、離婚についてはそれほど争いませんでしたが、根拠のない慰謝料など莫大な金銭を請求した。

このような妻の請求を適正な金額に抑え、離婚を成立させることができました。

なお、類似の別の事件では、離婚原因を認め難い事案であったため妻が多額の請求を行いました。

夫としては、妻の要求に応じなければ離婚は困難でした。

しかし、適正な金額を若干上回るものの、妻の請求を大幅に減額してもらい、夫にとってそれほど負担にならない金額で離婚を成立させました。

対応地域:広島 所在地:広島県広島市中区

佐々木和宏法律事務所

佐々木和宏法律事務所_先生

生活費が未払いの夫から多額の財産分与、婚姻費用、養育費を取得

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 子ども無し
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容その他離婚理由
来所の背景 妻が離婚を決意して子供たちとともに別居しましたが、夫が婚姻費用を支払おうとせず、離婚成立後も財産分与や養育費を支払おうとしませんでした。
依頼内容 妻は、離婚を求め、また子供たちの学費にも困った状態でしたので正当な婚姻費用や養育費を求めていました。
依頼後 夫は、婚姻費用や養育費を支払おうとせず、また資産の内容も明らかにしませんでしたが、これを調査し、最終的には差押により多額の財産分与、婚姻費用、養育費を得ることができました。
対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市中央区

堀江法律事務所

堀江法律事務所_先生

不倫の慰謝料300万円の獲得に成功!

依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別女性
  • 子ども2人
  • 離婚方法裁判離婚
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 法テラスの法律相談
依頼内容 夫とは離婚して子の親権は妻がとる。夫と浮気相手の女性に対して慰謝料請求したい。
依頼後 離婚して子の親権は妻が獲得。夫からは180万円の、浮気相手の女性からは120万円の慰謝料の支払を受けることになった。
対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市中央区

瀧井総合法律事務所

瀧井総合法律事務所_メンバー

相場以上の養育費と約1,000万円の金銭を獲得して離婚が成立

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は夫の不貞行為を理由に離婚、慰謝料、財産分与、養育費を求めていました。
依頼内容 養育費などの金銭を相場以上に獲得したいとのことでした。
依頼後 依頼者様のお話から、相手方が早期解決を強く求めていたことがわかりました。弁護士が間に入って交渉することで、むしろ相場程度の金銭しか獲得できない結果になると判断しました。そのため受任後は依頼者様の相談や文書作成などの「バックアップ」に徹し、経済的負担を減らしながら相場以上の金銭獲得に成功しました。
対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市中央区

瀧井総合法律事務所

瀧井総合法律事務所_メンバー

DV冤罪による慰謝料請求を退けた事例

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別男性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法裁判離婚
  • 離婚原因DV
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様がDVを行ったとして、相手方から離婚と慰謝料を求める裁判を起こされました。
依頼内容 慰謝料請求を退けたいとのことでした。
依頼後 受任後、証拠収集を粘り強く行い、真偽不明の状態に持っていきました。結果として慰謝料を退け、離婚が成立しました。
対応地域:東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県,茨城県,栃木県,群馬県,山梨県,静岡県 所在地:神奈川県川崎市川崎区

川崎パシフィック法律事務所

川﨑パシフィック法律事務所_集合写真

不倫相手の妻に請求された300万円の慰謝料を100万円に減額

依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は妻子ある男性と不倫をしてましたが、不倫相手の妻に不倫の事実が発覚してしまいました。
依頼内容 不倫相手の妻の代理人弁護士から300万円の慰謝料を求める通知書を受け取ったため、ご相談に来られました。
依頼後 不倫の事実については、不倫相手の妻に証拠を握られている状態でした。
しかし、不倫相手の妻は離婚の意思がないようでしたので、依頼者様が不倫相手に対して求償権を行使しないことを条件に慰謝料を100万円まで減額することで解決しました。
1~10件を表示(全131件)

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ