当サイト厳選!離婚問題に
強い弁護士に
通話料無料で相談
\慰謝料、養育費、親権、DVでお悩みの方は…/
離婚問題強い弁護士に簡単相談

離婚弁護士相談リンクとは?

離婚問題に強い弁護士を簡単に検索できて、
通話料無料で弁護士に問い合わせることができます。

離婚問題でお悩みの方に人気の弁護士

離婚に強い弁護士に依頼するメリット

離婚問題を弁護士に依頼することで、当事者同士で解決を図るより、多くのメリットがあります。

メリット1不利益を回避し有利に離婚成立できる!

離婚の話し合いでは、配偶者から解決策を提示されても、それが適正な内容なのか素人が判断するのは困難です。離婚問題に強い弁護士なら、提示された内容が適正かどうかを判断し、反論があれば法的な手段で主張できるため、有利な条件で離婚できる可能性が高くなります。

メリット2スムーズに離婚問題を解決できる!

離婚の交渉において、当事者同士での話し合いとなると感情的になりやすいため、話がまとまらないこともあります。第三者である弁護士を介することで、相手と直接交渉をする必要もなくなり、複雑な手続きもすべて任せることができるため、離婚問題の早期解決へつながります。

メリット3親権や養育費の交渉にも尽力!

離婚の成立が決まり、夫婦に未成年の子どもがいる場合は、親権や養育費の話し合いが必要になります。弁護士は、その交渉を代行してくれるだけではなく、できる限り依頼者の希望に沿った条件での問題の解決を図ってくれます。
当事者に代わって、親権や養育費の交渉ができるのは弁護士のみです。

メリット4有利な条件で財産分与ができる

離婚する際、夫婦で築いてきた財産は公平に分けられますが、離婚の原因や離婚後の生活状況により、話し合いが必要な場合があります。さらに隠し財産などがあるときは、素人の調査だけでは発見できないケースもあります。弁護士に依頼することで、見落としなく適正な財産分与をおこなうことができます。

メリット5離婚後に起こるトラブルを回避!

法的に効力のある形式で離婚条件を残しておかないと離婚が成立しても養育費の未払いなどのトラブルに繋がるリスクがあります。しかし、離婚に強い弁護士に依頼することで、離婚条件を法的に有効な公正証書として残すことができ、仮に慰謝料の未払い等が起きたとしても給料の差し押さえなどの手段を講じることもできるため、離婚後のトラブルを防ぐことができます。

参考:離婚を有利に進めたい!離婚問題を弁護士に相談するメリットとは。

離婚問題の解決事例

当サイトが厳選した弁護士による離婚問題の解決事例をご紹介します。慰謝料・親権・養育費の獲得など、どのようにして解決に至ったかがお分かりいただけます。

対応地域:全国 所在地:兵庫県神戸市中央区
アイコン:弁護士
重村法律事務所の解決事例

一度手放した親権の再獲得に成功

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因その他
  • 相談内容親権・養育費
弁護士依頼後 元夫と家庭裁判所で調停を通した解決。解決事例のつづきはこちら

対応地域:関西 所在地:京都府京都市中京区
アイコン:弁護士
馬場総合法律事務所の解決事例

熟年離婚で夫婦共有財産の特定により納得の財産分与

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 子ども2人
  • 離婚方法裁判離婚
  • 離婚原因その他
  • 相談内容財産分与
弁護士依頼後 財産分与については、不動産、預貯金、退職金、年金について相当額の財産分与が認められ、第二の人生を切ることができました。夫側は、通帳等の開示を拒んでいましたが、裁判所の...解決事例のつづきはこちら

対応地域:全国 所在地:愛知県名古屋市中区
アイコン:弁護士
あけぼの法律事務所の解決事例

浮気を認めさせ親権を獲得!

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 子ども1人
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容親権・養育費
弁護士依頼後 依頼者と相談のうえ、費用はかかるが興信所に相手方の素行調査を依頼しました。興信所の担当者とじっくり打ち合わせのうえ、調査に着手してもらったところ、いきなり、相手方が浮...解決事例のつづきはこちら

離婚問題の弁護士費用相場

弁護士に依頼する際に支払う費用の内訳は、相談料・着手金・報酬金・実費、日当になります。離婚の弁護士費用は、離婚方法によって異なります。離婚の約8割を占める協議離婚の費用相場は30万円前後です。離婚調停50万円で、裁判から依頼する場合はおおよそ40~60万円と言われています。この金額は、あくまで離婚の成立にかかる金額です。付随する争点の解決を追加で弁護士に依頼する場合は、さらに料金が加算されます。

費用項目 概要 相場
相談料 法律の相談に対して支払う金額 5,000円/30分
初回のみ相談料無料の事務所も有り
着手金 依頼した案件を対応してもらうために
支払う一部の金額
20~30万円
報酬金 離婚問題が解決した場合に支払う 20~30万円
※別途、日当や実費などが発生するケースがございます。
※弁護士により報酬体系は異なりますので、詳細は個別の弁護士ページをご参照ください。
”初回相談料無料”の弁護士事務所を多数掲載してあります。まずは当サイトが厳選した弁護士までご相談ください。

参考:離婚問題の弁護士費用相場って?弁護士費用を安く抑える方法を解説。

弁護士に離婚を相談するタイミング

  • 離婚を考えた時
  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 審判離婚
  • 裁判離婚

STEP1離婚を考えた時

離婚問題を弁護士に相談するタイミングとして、当サイトでは「離婚を考えた時」を強くお勧めしています。まだ具体的な交渉が始まっていない段階で相談することで、離婚の可否や進め方、そして親権や慰謝料などの見通しが立てやすくなり、より有利な条件で離婚できる可能性が高くなるからです。

STEP2協議離婚

離婚は、まず夫婦で話し合うことで決める「協議離婚」が基本です。
離婚の慰謝料や財産分与だけでなく、子どもがいる場合には親権・養育費など、さまざまな条件について双方が後悔しないような解決を目指して話し合いを重ねることは、とても重要です。

協議離婚に弁護士が介入することで、相手に言われるがままに不利な条件を受け入れてしまうことを回避できます。また、取り決めた条件の証拠となる離婚協議書の作成も担ってくれます。

STEP3調停離婚

話し合いで離婚が成立しなかった場合、家庭裁判所に離婚調停を申し立てます。
調停委員が間に入り夫婦双方の言い分を聞きながら双方の納得のいく条件での離婚の成立を目指すのが「調停離婚」です。

調停離婚を弁護士に依頼することで、調停委員に対して離婚に向けて真摯に向き合っている印象を持ってもらえます。他にも、難しい書類の作成・準備の手間も省けるのでストレスが軽減されます。

STEP4審判離婚

調停で離婚の条件がまとまらず、不調で終了した場合でも家庭裁判所が離婚に相当すると判断すれば離婚が認められることがあります。これが「審判離婚」です。

裁判官は調停の記録や提出した資料を参考にして判断するので、調停の時点で弁護士に依頼しておくと審判に移行したときも有利です。

STEP5裁判離婚

上記いずれの方法においても離婚が成立しなかった場合、訴訟を起こして裁判で離婚を認めてもらうことになります。これが「裁判離婚」です。
また裁判の判決が下れば簡単に覆すことは困難です。

離婚裁判を自分だけで行うことはできますが、専門的な知識が必要で大きな負担になります。弁護士に依頼すれば、法的な目線で解決の糸口を探し、依頼者の味方であり代理人として離婚が成立できるように尽力してくれます。

離婚問題を有利に解決するための弁護士選び

どんなに優れた弁護士でも、毎回100%満足のいく解決策を得られるわけではありません。
1人の弁護士の意見だけでは判断が難しいため、複数の弁護士に会って見解を聞くことが非常に重要です。

その上で、下記を中心に複数の弁護士を総合的に比較することが最適な弁護士を見つけるための近道です。

離婚問題に強い弁護士を選ぶポイント 1.離婚問題に強く、解決実績が豊富 2.説明が丁寧でわかりやすい 3.料金体系がわかりやすい 4.コミュニケーションがとりやすい

1離婚問題に強く、解決実績が豊富

弁護士にも得意な法律の分野があり、離婚や交通事故、労働トラブル、相続問題など様々です。そのため、積極的に離婚問題に取り組んでいて解決実績が豊富な弁護士に依頼することが重要です。

2説明が丁寧でわかりやすい

弁護士としての知識が豊富なだけでなく、依頼者の理解度に合わせてわかりやすい言葉で説明してくれる弁護士をおすすめします。また、こちらにとって不利な点もきちんと説明し、その対策まで考えてくれるかも重要なポイントです。

3料金体系がわかりやすい

弁護士費用は、着手金、報酬金などの料金体系が複雑な場合もあります。また、獲得した利益により追加費用が発生するケースもあるため、相談時にしっかりと確認したうえで依頼することをおすすめします。

4コミュニケーションがとりやすい

離婚問題の解決には、弁護士との密なコミュニケーションが重要です。メールや電話対応はもちろん、いかに依頼者の話を親身になって聞いてくれているかが大切です。

離婚問題に強い弁護士の探し方

「日ごろから弁護士と関わりがある」という人は多くありません。そんなとき、弁護士に依頼しようと思っても、どのように探せばいいか悩みますよね。このような場合、下記のポイントを参考に探すといいでしょう。

離婚に関するコラム

基礎知識
不貞行為
慰謝料
財産分与
親権・養育費
DV・モラハラ

離婚に関する新着コラム

TOPへ