当サイト厳選!離婚問題に強い
弁護士を多数掲載中
\慰謝料、養育費、親権、DVでお悩みの方は…/
離婚問題強い弁護士に無料相談

離婚問題でお悩みの方に人気の弁護士

弁護士が離婚問題の悩みを解決

日本の離婚率は上昇傾向にあり、身近な法律トラブルです。しかし、夫婦間の問題であるため友人や親にも相談しづらい問題です。また、いざ離婚をするとなると、精神的にも体力的にも大きな負担がかかるため、離婚の話し合いを先延ばしにし苦しみ続ける方もいらっしゃいます。

子どもやお金のことを考えると、怖くて離婚に踏み切れない。 弁護士に依頼した結果、子どもと幸せな生活を送り、希望していた以上の慰謝料を獲得! 当サイトが厳選した離婚問題に強い弁護士への相談で有利な条件で早期解決が見込めます!

離婚に強い弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼することで、必要書類の作成、調停・裁判の手続きや代理人としての交渉など、離婚問題を有利に解決するために一貫したサポートを受けることができます。

メリット1不利益を回避し有利に離婚できる!
配偶者側から解決案を提示された際、法律の専門知識がないために、不利な条件に応じてしまうケースがあります。しかし、離婚問題に強い弁護士であれば、正当な主張・立証を展開し、適正な金額の慰謝料や条件を請求することで、不利益を回避し有利に離婚することができます。
メリット2スムーズな手順で離婚ができる!
離婚の交渉において、当事者同士での話し合いとなると感情的になりやすいため、話がまとまらないことがよくあります。第三者である弁護士を介することで、相手と直接交渉をする必要もなくなり、面倒な手続きもすべて任せることができるため、早期離婚での決着が見込めます。
メリット3離婚後に起こるトラブルを回避!
法的に効力のある形式で離婚条件を残しておかないと離婚が成立しても養育費の未払いなどのトラブルに繋がるリスクがあります。しかし、離婚に強い弁護士に依頼することで、離婚条件を法的に有効な公正証書として残すことができ、仮に慰謝料の未払い等が起きたとしても給料の差し押さえなどの手段を講じることもできるため、離婚後のトラブルを防ぐことができます。

弁護士への相談は離婚を考え始めた段階で

弁護士に離婚を相談するタイミング 1.離婚を考え始めた 2.離婚の話し合いを始めた 3.離婚の話し合いが難航している 4.離婚調停や離婚裁判を検討している 5.配偶者に弁護士がついた

「離婚問題」を弁護士に相談するタイミングとして、当サイトでは「離婚を考え始めた」段階で相談することを強くオススメします。
まだ具体的な交渉が始まっていない段階で相談することで、離婚の可否や進め方、そして親権や慰謝料などの見通しが立てやすくなり、より有利な条件で離婚できる可能性が高くなるからです。

もちろん、どのタイミングでも相談者の状況に応じた的確なアドバイスを受けることができますので、弁護士に相談することは離婚問題を早期解決する第一歩となります。

離婚問題を有利に解決するための弁護士選び

どんなに優れた弁護士でも、毎回100%満足のいく解決策を得られるわけではありません。
1人の弁護士の意見だけでは判断が難しいため、複数の弁護士に会って見解を聞くことが非常に重要です。

その上で、下記を中心に複数の弁護士を総合的に比較することが最適な弁護士を見つけるための近道です。

離婚問題に強い弁護士を選ぶポイント 1.離婚問題に強く、解決実績が豊富 2.説明が丁寧でわかりやすい 3.料金体系がわかりやすい 4.コミュニケーションがとりやすい
1離婚問題に強く、解決実績が豊富

弁護士にも得意な法律の分野があり、離婚や交通事故、労働トラブル、相続問題など様々です。そのため、積極的に離婚問題に取り組んでいて解決実績が豊富な弁護士に依頼することが重要です。

2説明が丁寧でわかりやすい

弁護士としての知識が豊富なだけでなく、依頼者の理解度に合わせてわかりやすい言葉で説明してくれる弁護士をおすすめします。また、こちらにとって不利な点もきちんと説明し、その対策まで考えてくれるかも重要なポイントです。

3料金体系がわかりやすい

弁護士費用は、着手金、報酬金などの料金体系が複雑な場合もあります。また、獲得した利益により追加費用が発生するケースもあるため、相談時にしっかりと確認したうえで依頼することをおすすめします。

4コミュニケーションがとりやすい

離婚問題の解決には、弁護士との密なコミュニケーションが重要です。メールや電話対応はもちろん、いかに依頼者の話を親身になって話を聞いてくれているかが大切です。

弁護士費用の相場は40万円

離婚の約8割を占める協議離婚ですが、協議離婚を弁護士に依頼した際の弁護士費用は40万円~60万円です。こちらはあくまでも一般的な相場ですので、離婚調停や離婚裁判に移行した場合や、慰謝料や養育費が獲得できた場合には追加で費用が発生します。

離婚問題の一般的な弁護士費用(協議離婚)
内訳 概要 一般的な相場
相談料 相談した際に時間当たりで支払う 0~10,000円/1時間あたり
着手金 弁護活動を依頼する際に支払う 20~30万円
報酬金 離婚問題が解決した場合に支払う 20~30万円(成功報酬)
※別途、日当や実費などが発生するケースがございます。
※弁護士により報酬体系は異なりますので、詳細は個別の弁護士ページをご参照ください。
”初回相談料無料”の弁護士事務所も多数ありますので、まずは当サイトが厳選した弁護士までご相談ください。
TOPへ