質問『親権を勝ち取りたい。』と弁護士の回答

弁護士に質問する
親権・養育費
たむたむ/30代/女性
2018/09/19
親権を勝ち取りたい。

私は36歳女性。旦那は43歳。娘が1人。6歳女の子。旦那と離婚したいのですが、親権も貰いたいです。でも、旦那に離婚すると言ったら、娘をもらう。ワイが勝つと言われました。おそらく私があまり家事をしないということを裁判で訴えるつもりでしょう。やはり、家事というキーワードは重要ですか?私の方が給料多くて、旦那が6年間SEXしてくれていないとしても、親権には関係ありませんか?因みに、私に浪費癖や不倫などはしていません。それに、家事をしたとしても、旦那が気に入る家事の仕方をしないと色々言われるんです。

質問に回答する
※質問に回答できるのは掲載している弁護士の方のみです。

回答

  • 対応地域:全国 所在地:京都府京都市中京区
    最寄駅
    地下鉄烏丸線「丸太町駅」
    電話で相談する通話無料
    0066-9754-0758
    営業時間:9:00-21:00

    子供と共に別居し、離婚調停の中で親権を主張していくことになると思いますが、親権が母親にいく可能性は高いと思われます。

    給与や性交渉の有無は特段影響しません。別居してから調停まで、どちらが子を監護しているのか、というところがとても重視されます。

    なお、相手が家事の部分を突いてくるだろうということですが、家事が少し行き届かない部分があったとしても、衣食住に大きな問題がなく子が順調に成長しているというのであれば、特段問題視されないと思われます。

  • その他の
    弁護士の回答
    より詳しく相談したい方は、下記より弁護士をお探しください!

    お子さんの年齢からしますと,これまでのお子さんの監護の状態とこれからの監護の計画が一番重要視されるように思います。

    これまでの,炊事洗濯等のいわゆる「家事」は,考慮の一要素にはなり得ますが,決定的ではありません。お子さんの年齢に照らすと,「母性優先」という考え方もあり得ますが,ここも必ずしも性別の問題ではなく,これまでのお子さんとの関わり方が問題とされます。
    他方で,給与,夫婦関係については,親権ではあまり重要視されない傾向にあります(収入は養育費の支払いである程度緩和されますし,夫婦関係はお子さんの福祉には直結しないと思われますので)。

    結論としては,事情による,としか言えませんが,現在のお子さんとの関係,離婚に至るプロセス,将来の監護の計画次第で,親権を獲得できる可能性は十分にある(相手方が負ける可能性も十分にある)と思います。

1~2件を表示(全2件)

弁護士への質問を検索

TOPへ