質問『音声レコーダーの証拠能力について』と弁護士の回答

弁護士に質問する
裁判・調停
ぬこ/40代/男性
2020/07/15
音声レコーダーの証拠能力について
妻の不貞行為について。車に音声レコーダーを取り付けたところ、車内での性行為が一度、それらしき音声が一度、ラブホテルに言ったと思われる音声が一度、一泊旅行が一度あります。その他連日のように嘘をついて不倫相手と会っている音声があります。レコーダーを取り付けた期間は1ヶ月半程度です。協議離婚が成立せず調停、裁判となった場合、証拠能力はあるでしょうか?
質問に回答する
※質問に回答できるのは掲載している弁護士の方のみです。

回答

  • 対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城 所在地:東京都中央区
    最寄駅
    東京メトロ日比谷線「人形町駅」、東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」
    電話で問い合わせる通話無料
    0066-9754-0376
    営業時間:10:00-17:30(事前に予約をされますと,時間外でも対応可能です。)
    人事訴訟も広い意味では民事訴訟ですが,民事訴訟においては,刑事訴訟とは異なり,証拠能力は原則無制限です。よって,秘密録音の媒体も証拠能力はあります。ただ,人格権やプライバシー権の侵害といわれるような態様で取得したような場合には,証拠能力が認められない場合もあり得ます。
1~1件を表示(全1件)

弁護士への質問を検索

TOPへ