【東京都】弁護士の離婚の解決事例

弁護士による離婚問題の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、お悩みの解決を依頼された結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。
ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。

1~10件を表示(全95件)
対応地域:全国 所在地:東京都千代田区

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 四谷本店

東京スタートアップ法律事務所 四谷本店_先生

暴言に耐え切れず別居。離婚調停、裁判を経て無事に親権を獲得。

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法裁判離婚
  • 離婚原因モラルハラスメント
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 依頼者様は夫からの暴言などに耐え切れず、幼い子供を連れて実家に帰りましたが、夫が子供を取り返そうと押しかけてくるなどをしている状態でした。
依頼内容 すぐにでも離婚したいが夫に親権を渡したくないとご相談に来られました。
依頼後 受任後すぐに離婚調停の申立てを行いました。しかし、夫は「親権がもらえないなら離婚に応じない」という回答でした。妻と夫が互いに親権と離婚を求めて訴訟を提起したため、どちらが親権を獲得するかが争点となりましたが、無事、依頼者様(妻側)が親権を獲得できました。
対応地域:全国 所在地:東京都千代田区

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 四谷本店

東京スタートアップ法律事務所 四谷本店_先生

離婚後、夫から養育費を回収できた事例

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 依頼者様は夫と離婚した際、子供の養育費について取り決めをしておらず、養育費の支払いが受けられない状態でした。
依頼内容 養育費の支払いを求めたいとご相談に来られました。
依頼後 事情を伺ったところ、元夫は定職に就いており、十分な資力があると思われました。そのため、すぐに元夫に連絡を取り、養育費の支払いを求めた交渉を開始しました。弁護士が入ったためか、意外にも元夫は交渉に応じる姿勢だったため、調停ではなく、交渉にて相場より高額な養育費の支払いで合意が得られました。また、不払いが起きたときのために、上記の養育費支払いに関する合意内容を公正証書にして残しておきました。
対応地域:全国 所在地:東京都千代田区

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 四谷本店

東京スタートアップ法律事務所 四谷本店_先生

不貞・DV・モラハラ夫との離婚で高額な慰謝料・財産分与獲得

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因DV
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は結婚以来、夫からのDVと不貞に苦しんでおられました。
依頼内容 離婚を決意し、ご相談に来られました。依頼内容は離婚成立と財産分与、慰謝料請求でした。
依頼後 離婚や慰謝料請求で大切なのは離婚原因となる事実を立証できる証拠の確保です。今回の事案ではDVがあったため、まずは依頼者様に緊急避難的に別居をしていただき、その後、DVの証拠を確保することをお願いしました。

実は依頼者様は長年夫から激しい暴力を受けてきましたが、診断書はあるものの、暴力を裏付ける証拠はありませんでした。また、不貞についても口では認めているものの、書面などの客観的証拠がない状態でした。そのため、依頼者様が家を出てすぐの段階では敢えて受任通知を送ることはせず、依頼者様本人から手紙で自分の暴力や不貞をどう考えているのか尋ねてもらいました。

妻に家に戻ってきてほしいと考えている夫はまんまと自分の不貞や暴力を謝罪し、家に戻ってきてほしいと懇願する内容の手紙を送ってきました。証拠を獲得できたため、調停を申し立てたうえで婚姻費用を受け取りながら離婚の手続きを進めていくことをご提案しました。

調停では不貞とDVという法定離婚事由とそれを裏付ける証拠があったため、有利に交渉を進めることができました。最終的に、相場より高額な慰謝料と財産分与を獲得でき、無事に離婚が成立しました。
対応地域:全国 所在地:東京都千代田区

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 四谷本店

東京スタートアップ法律事務所 四谷本店_先生

交際相手に妻がいることが発覚。相場より高額な慰謝料を獲得。

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因その他
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 2年間交際していた男性が既婚者であることが発覚しました。
依頼内容 交際相手の男性に慰謝料を請求するため、ご相談に来られました。
依頼後 一般的に、交際相手が既婚者であった場合、獲得できる慰謝料の金額として高額なものは見込めません。しかし、依頼者様の心情を鑑み、少しでも多くの慰謝料を獲得する必要があると考えました。

通常、弁護士が受任すると相手方の自宅に通知書を送付します。しかし、交際相手には妻がいるため、いきなり自宅へ通知を送付すると妻に不倫がばれてしまい、離婚に発展したり、妻への慰謝料や財産分与が行われるため、依頼者様への慰謝料を支払う余裕がなくなってしまいます。また、「妻にバレたくない」気持ちは高額な慰謝料を支払う動機づけとなります。そのため、依頼者に説明したうえで、まず相手方の携帯電話に電話をして話し合いをする方法を取りました。

粘り強く交渉を重ねた結果、裁判での相場より高額な慰謝料を獲得できました。
対応地域:全国 所在地:東京都千代田区

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所 四谷本店

東京スタートアップ法律事務所 四谷本店_先生

結婚・出産直後に夫が浮気。調停で財産分与や養育費、慰謝料獲得

依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 出産して間もなく夫の浮気が判明しました。さらに、夫は給料のほとんどをギャンブルにつぎ込んでおり、生活費を渡してくれないという問題もありました。依頼者様は生まれたばかりの子供を抱え、親からの援助を受けながらなんとか生活をしている状態でした。
依頼内容 依頼者様には離婚の意思がありましたが、慰謝料や養育費を払ってもらえるのか不安なため、同居したまま離婚に踏み切れない状態でした。
依頼後 受任後、まず依頼者様に浮気の証拠を確保するようお願いしました。

夫婦の間では不貞を認めていても、弁護士が入ったことで相手が身構えてしまい、不貞を否定するケースがあるため、受任通知を発送する前に証拠を確保いただくことにしました。

不貞の証拠は慰謝料獲得に非常に重要なため、浮気相手とのメッセージのトーク画面のスクリーンショットや、可能であれば夫が不貞を認めている念書などを集めるよう具体的にアドバイスいたしました。その後、証拠を確保したうえで別居していただき、調停を申し立てたうえで婚姻費用を受け取りながら離婚手続きを進めていくことを提案しました。

不貞という法定離婚事由を立証できる証拠を確保したうえで戦略的に進めたことで、交渉を有利に進めることができ、慰謝料や財産分与、相場より高額な養育費獲得に成功しました。
対応地域:東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,栃木,群馬 所在地:東京都品川区

岡田総合法律事務所

岡田総合法律事務所_先生

法外な不貞慰謝料を請求され、常識的な金額まで減額できた事例

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は相手が既婚者であると知りながら職場の取引先の女性と交際を始めてしまいました。
依頼内容 相手の女性の夫が交際に気づき、法外な慰謝料や謝罪を求めてきたため、ご相談に来られました。
依頼後 受任後、弁護士が相手方と交渉を行いました。不倫自体は否定しようがない状況でしたので、慰謝料減額に焦点を絞り、交渉を行いました。当初、相手方は法外な金額に固執していましたが、丁寧に交渉を行った結果、常識的な金額で合意することができました。
対応地域:東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,栃木,群馬 所在地:東京都品川区

岡田総合法律事務所

岡田総合法律事務所_先生

5名の浮気相手から計300万円以上の慰謝料を獲得

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様は夫のLINEのやり取りを見て浮気を疑い始め、ご自身で証拠収集を試みました。その結果、夫が出会い系サイトを通じて複数人と浮気をしていることが判明しました。
依頼内容 浮気相手に慰謝料請求をしたいとご相談に来られました。
依頼後 受任後、浮気相手5名に対して慰謝料請求を行いました。うち3名は交渉で和解、残り2名は訴訟で和解し、結果的に5名の浮気相手から合計300万円以上の慰謝料を獲得できました。
対応地域:東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,栃木,群馬 所在地:東京都品川区

岡田総合法律事務所

岡田総合法律事務所_先生

複数の不倫相手に対して慰謝料請求に成功した事例

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 依頼者様の夫は複数の相手と不倫をしていました。
依頼内容 夫の不倫相手に慰謝料を請求したいとご相談に来られました。ご相談の段階で依頼者様はご自身で浮気の証拠を多数確保されており、訴訟でも耐えられる証拠も持っている状態でした。
依頼後 受任後、3名の不倫相手に慰謝料を請求し、うち2名は訴訟提起前の示談で、残り1名は訴訟提起して裁判上の和解で解決しました。
対応地域:東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,栃木,群馬 所在地:東京都品川区

岡田総合法律事務所

岡田総合法律事務所_先生

夫のハラスメントから別居・離婚に成功した事例

依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因モラルハラスメント
  • 相談内容DV・モラハラ
来所の背景 依頼者様は夫から暴言や暴力があったわけではないが、日常的に些細なことを細かく指摘されたり、自分の言うことに従わせようとされていました。
依頼内容 夫の性格や行動に耐えられなくなり、離婚したいとご相談に来られました。
依頼後 受任後、別居・婚姻費用の調停を経て、相手方と離婚の交渉を行いました。夫は婚姻費用の調停でも離婚に応じない姿勢でしたので、早々に離婚調停の申立てをするつもりで準備をしていました。しかし、徐々に相手方も「離婚に応じてもかまわない」という姿勢に変わってきました。そのため、離婚調停を経ることなく、協議離婚が成立しました。なお、依頼者様は早期の離婚成立がお望みでしたので、慰謝料請求はせず、財産分与のみ行いました。
対応地域:東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,栃木,群馬 所在地:東京都千代田区

弁護士法人えそら

弁護士法人えそら_先生

白を切る不倫相手に対し、不貞を認めさせ120万円の慰謝料獲得

依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別女性
  • 子ども2人
  • 離婚方法離婚していない
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 夫が不貞をしており、日増しにエスカレートしていきました。
依頼内容 不倫相手の女性に慰謝料を請求し、不貞行為を食い止めたいとのご希望でした。
依頼後 受任後、一定程度証拠をそろえたうえで、不倫相手の女性に連絡を入れました。しかし、相手の女性は「不貞をしていない、言いがかりだから訴える」などと逆上し始め、交渉に応じなくなってしまいました。そのため、依頼者様と相談のうえ、不倫相手に対して裁判を起こしました。裁判においても、当初は不倫相手も不貞の事実を否認していましたが、こちら側から証拠を少しずつ出していくうちに、相手方もやむなく不貞の事実を認めるようになりました。最終的に120万円の慰謝料が認められ、不倫関係を解消することを約束し、解決いたしました。
1~10件を表示(全95件)

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ