【東京都】弁護士の離婚の解決事例

弁護士による離婚問題の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、お悩みの解決を依頼された結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。
ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。

1~10件を表示(全55件)
対応地域:東京都,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都中央区

【弁護士 窪木 稔】元家庭裁判所長のベテラン弁護士!

有責配偶者のスピード離婚に成功したケース

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別男性
  • 子ども無し
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因性格の不一致
  • 相談内容不貞行為
来所の背景 男性側で、自分が不貞行為をしてしまっているけれども離婚を成立させたいという方からのご依頼をいただきました。

当事務所では、元家庭裁判所長である窪木稔の、裁判官としての長年の経験を武器に、難事件でも積極的にご相談に乗っています。
依頼内容 依頼者の要望の中で最優先であったのが、離婚の時期でした。すでに不貞相手との間で交際期間が進んでしまっていたためでした。

一方で、早期離婚を実現するためには、金銭的な条件についてはある程度譲歩が可能であるということでした。
依頼後 ご相談時、まずは有責配偶者の離婚に関する基本的な考え方を依頼者に説明しました。

その後、粘り強い交渉の結果、離婚条件について一定の譲歩を要することとはなりましたが、依頼者の望むタイミングで、早期離婚を実現しました。
対応地域:東京都,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都中央区

【弁護士 窪木 稔】元家庭裁判所長のベテラン弁護士!

親権に争いがあったが、当方提案の内容で離婚が成立したケース

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども1人
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因DV
  • 相談内容親権・養育費
来所の背景 夫の暴力を理由として別居を開始した妻側からのご相談でした。
夫がDV・モラハラ気質が強く、弁護士が連絡をしたとしてもまともに取り合ってくれる可能性が非常に低い状況であったことから、依頼者は離婚調停を申し立てることを希望していました。
依頼内容 DV・モラハラが原因で離婚を求めるに至ったわけですが、夫の暴力による悪影響は、子にも及んでいました。子の面前で、妻に対して暴力をふるったり、暴言を吐いたりといったことが日常的に行われており、子どももこれに恐怖している状況でした。

そのため、離婚条件について、特に親権についてはどうしても譲歩できないというのが依頼者の希望でした。
依頼後 依頼時には既に別居を開始していたことから、すみやかに離婚調停の申立てを行いました。

調停による数回の話し合いの結果、2人の子どもの親権者を妻とし、夫が妻に対して、養育費として、子どもが大学を卒業するまでの間、各8万円ずつ支払うことを内容として、調停離婚が成立しました。
対応地域:東京都,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都中央区

【弁護士 窪木 稔】元家庭裁判所長のベテラン弁護士!

複数の女性と不貞した夫から高額な慰謝料を得て離婚したケース

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 子ども2人
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容不貞行為
来所の背景 経営者である夫が、自分の経営する会社内のスタッフを含む複数の女性と不貞をしていたケースです。

不貞の事実を知った妻が、慰謝料請求と離婚の請求を求めて、当事務所に相談に来ました。
依頼内容 依頼者の要望は、不貞をした女性全員に対して慰謝料請求をしたいことはもちろん、離婚の協議が長引くことに備えて、少なくとも離婚の協議が続いている間は、社員を含めて、夫とは接触をしたくないという要望がありました。

あわせて、離婚については、財産分与が高額になる可能性があり、かつ、子の親権も争いとなるおそれがありました。
依頼後 ご依頼後ただちに、判明している不貞相手全員に対して、証拠の有無にかかわらず慰謝料請求を行いました。

3人のうち2人から、接触禁止条項を盛り込むとともに、それぞれ慰謝料として約150万円、250万円を獲得しました。

あわせて、離婚についても慰謝料の意味も含んだ財産分与と親権を勝ち取る内容にて、協議離婚に至りました。
対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都台東区

ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所_先生1

夫から結婚直後に離婚を請求されたため、高額の賠償金を獲得

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法協議離婚
  • 離婚原因その他
  • 相談内容その他離婚理由
来所の背景

依頼者様は出会い系サイトで知り合った医師と結婚しましたが、数カ月で夫から離婚を請求されました。

さらに自宅も退去するように要求されました。

依頼内容 夫とやり直したいとのことでご相談に来られました。
依頼後

受任後、夫婦関係をやり直す方向で夫本人と交渉を行いましたが、夫も弁護士を入れて婚姻継続を拒否してきました。

そのため、今後の生活保障を目的とする解決金を離婚条件として要求する方針に変更しました。

その後、相手方が婚姻にいたった経緯や離婚要求の法的問題を主張し、正当な賠償を求めました。

相手方弁護士も妻側の問題点を列挙し、「妻側が慰謝料を支払うべきである」と反論をしてきましたが、当弁護士の主張により、最終的に350万円の解決金を相手方に支払わせることで離婚が成立しました。

対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都台東区

ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所_先生1

離婚を拒否するDV夫と離婚が成立

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法裁判離婚
  • 離婚原因DV
  • 相談内容財産分与
来所の背景 依頼者様は長年夫からのDV被害を受けておりましたが、耐え切れなくなって離婚を前提に別居をしました。しかし、夫が離婚に応じない状況でした。
依頼内容 夫は離婚に応じないばかりか、居住マンションの財産分与にも反対していたため、当事務所にご相談に来られました。
依頼後

受任後、調停にて離婚を求める主張をおこないましたが、不成立となりました。

そこで、離婚訴訟を提起し、夫のDVを理由に離婚を請求しました。

夫のDVを立証できる明確な証拠はありませんでしたが、夫への本人尋問でDVを認めさせることに成功し、裁判官も離婚を認める方向で夫を説得しました。

そのため、夫からも離婚に応じる旨が述べられ、和解協議を重ねることでマンションについても数百万円の財産分与を獲得することができました。

対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都台東区

ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所_先生1

不倫相手から脅迫されて振り込んだ慰謝料を4日で取り返した

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景

不倫相手から「浮気が夫にばれて慰謝料を要求しているから払ってほしい」と言われ、数カ月に渡り計160万円を振り込みました。

しかし、その後も金銭的要求が続き、経済的に苦しくなりました。

依頼内容 振り込んだあとも金銭的要求が続き、経済的に苦しくなり、ご相談に来られました。
依頼後

お話をうかがい、「おそらく詐欺なので、全額返金を求め、今後請求しないことを誓約させたほうがいい」とご説明しました。

受任後、即日で相手方に電話をし、弁護士が直接交渉を行ったところ、「速やかに返金し、今後請求しない」ということを約束させました。

翌日には返金されたため、僅か4日で解決にいたりました。

対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都台東区

ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所_先生1

別の弁護士に「減額は無理」と言われた100万円の慰謝料を放棄

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景

不倫が発覚し、不倫相手の夫から200万円の慰謝料を請求されました。

依頼者様はある弁護士に減額交渉を依頼しましたが、100万円までしか減額できないとのことでした。

依頼内容 この不倫は夫婦で離婚協議が成立したあとでしたので、慰謝料が発生すること自体に納得がいかないとのことでご相談に来られました。
依頼後

お話をおうかがいしたところ、30万円程度までは減額できそうな内容で、うまくいけばゼロにできる可能性もありました。

受任後、減額交渉を引継ぎ、離婚協議がまとまっていたこと、離婚合意後の不倫であったことから慰謝料が生じる余地がないことを判例や証拠を基に説明し、裁判時の勝算についても伝えました。

最終的には相手方が請求を断念し、慰謝料の支払いをなくすことができました。

対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都台東区

ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所_先生1

不倫の慰謝料を請求されたが、請求を放棄して弁護士費用を獲得

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 不倫が発覚し、不倫相手の夫から弁護士を通して慰謝料を請求されたため、当事務所にご相談に来られました。
依頼内容 請求された800万円の慰謝料を減額したいとのことでした。
依頼後

お話をうかがったところ、そもそも不倫相手の夫婦関係には問題があり、破綻していたといえる状況でした。

当初は相手方弁護士と当事務所弁護士で協議を行いましたが、相手方本人が納得せず提訴されました。

そのため、婚姻関係破綻後の浮気という理由で慰謝料をなくせるかということを争点とし、期日を重ね、証拠提出と主張を繰り返しました。

最終的に、証人尋問を経て「双方の請求が通る状況だが、当方の請求のほうが高額」という見込みを裁判から説明されたことで相手方のみ一定額を支払う条件で和解が成立しました。

対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都台東区

ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所_先生1

離婚後に夫の浮気相手を許せず、1週間で250万円を獲得

依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法非公開
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景 夫の浮気を理由に離婚が成立していましたが、離婚後も依頼者様はショックが大きく立ち直れずにいました。
依頼内容 浮気相手の女性から謝罪がなく、平穏に暮らしていることに納得できず相談に来られました。
依頼後

離婚時に夫から相当の慰謝料を受け取っていること、浮気を立証する証拠が不十分であったことなど、難しい状況ではありましたが、交渉によって浮気相手から慰謝料を獲得できる可能性はあると考えました。

依頼者様に非がないにもかかわらず、浮気をした夫から一方的に離婚を求められ、辛い日々をお過ごしであることから、弁護士が浮気相手に慰謝料を請求する旨の交渉を行いました。

これにより、請求した金額250万円が速やかに支払われました。

対応地域:東京,神奈川,埼玉,千葉 所在地:東京都台東区

ブラスト法律事務所

ブラスト法律事務所_先生1

浮気をした夫から離婚請求され、財産分与と慰謝料を大幅に増額

依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 子ども非公開
  • 離婚方法調停離婚
  • 離婚原因不貞行為
  • 相談内容慰謝料
来所の背景

依頼者様は浮気の疑いがある夫から一方的に離婚を請求されました。

しかし、離婚条件として提示されたのは数十万という低額な財産分与と200万円の慰謝料でした。

依頼内容 夫から提示された離婚条件に納得できなかったが、夫の浮気について確証がないため、交渉を有利に進められるかどうか不安とのことでした。
依頼後

依頼者様のお話から、確かに浮気の証拠は十分ではありませんでしたが、交渉次第で慰謝料は大幅に増額できると考えました。

また、夫婦の資産としてローンが残ったままのマンションや預貯金の開示、退職金、保険など未計上資産が多くあったため、離婚条件は大幅に増額できるとご説明いたしました。

受任後は離婚協議から離婚調停へ進み、相手側も弁護士をつけてきたため、弁護士間での協議を行いました。

その結果、財産分与については1千万円以上の増額、慰謝料については600万円を獲得できました。

1~10件を表示(全55件)

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ