離婚後の戸籍はどうなるか|離婚歴による子供への影響や変更の方法

基礎知識
離婚後の戸籍はどうなるか|離婚歴による子供への影響や変更の方法

離婚をする場合、これまでの職場や友人とのお付き合い、新しく住むところなどを念頭に置きながら離婚後の生活についていろいろと思い悩むものです。どの姓を名乗るのかということもその一つです。

また、子供がいる家庭では、離婚後の子供の姓についても考えなくてはいけません。

離婚時の戸籍の移動についてはルールが決められていますが、知らない方も多いかと思われます。ここでは離婚時の戸籍や姓について、本人だけではなく、子供についても解説していきます。

目次
  1. 離婚後の戸籍の記載
    1. 実際に離婚で×はつくのか
    2. 現在の離婚歴の記載方法
  2. 離婚後の戸籍の扱い
    1. 元の戸籍に戻る
    2. 新しい戸籍を作る
  3. 離婚後の子供の戸籍
    1. 子供の戸籍と姓はそのまま
    2. 子供と戸籍が違うことによるメリット
    3. 子供と戸籍が違うことによるデメリット
  4. 子供の戸籍と姓を変更する方法
    1. 子を母親の戸籍に入れる場合
    2. 離婚後も苗字を変えない場合
  5. まとめ

離婚後の戸籍の記載

離婚すると、これまで同一の戸籍であった夫婦が別々になるのですから、必ず戸籍を動かすことになります。離婚後は戸籍にどのように記載されるか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

戸籍は場合によっては人目に触れてしまうものだけに、戸籍を見ただけで離婚経験ありと分かるのか、さらに離婚理由なども記載されてしまうのか知っておきたいところです。

「離婚をすると戸籍にバツがつく」という話をする人もいますが、実際に離婚歴はどのように記載されるのか、次の項目で解説します。

実際に離婚で×はつくのか

一度離婚を経験した人のことを通称バツイチといいます。以前は戸籍を紙で管理していて、離婚時に籍を抜いた人の欄に×印を付けていました。

バツイチという言葉はそこに由来するのですが、現在の戸籍は電子化により、×がつくようなことはなくなりました。しかしバツイチという言葉だけはそのまま残っている状態です。

現在の離婚歴の記載方法

戸籍では最初に名前が記載されている人を「戸籍の筆頭者」といいます。 例えば、婚姻時に夫側の氏を選択した場合は、夫が筆頭者になり、逆のケースなら妻が筆頭者になります。

離婚すると、筆頭者でない人はその戸籍から除外されます

戸籍が電子化された現在、離婚の事実はどのように記されるかというと、戸籍から抜ける人の名前の横に「除籍」と記載されます。

そのため、筆頭者が夫の場合は妻の名前の横に記載され、筆頭者が妻の場合は夫の名前の横に「除籍」と記載されます。

離婚後の戸籍の扱い

婚姻時の戸籍を離れ、除籍となった人は大まかに分けて「元の戸籍に戻る」と「新しい戸籍を作る」という2つの選択肢から選ぶことができます。

それぞれどのような違いがあるのでしょうか。以下の項目で、除籍者の戸籍の扱いについて説明していきます。

元の戸籍に戻る

結婚前は親の戸籍に入っていた方がほとんどだと思いますが、婚姻届を提出すると元いた戸籍から抜けて夫婦2人の戸籍が作られます。そしてどちらか1人がその戸籍の筆頭者となります。

離婚した際、筆頭者は戸籍にそのまま残ります。そして除籍者は原則として結婚前の戸籍に戻り、元の姓を名乗ることになります

新しい戸籍を作る

離婚したとき、除籍者は原則結婚前の戸籍に戻るということは前述しました。しかし元いた戸籍に存命の親兄弟が1人もいないなどの理由で除籍されている場合は戻れません。

その場合は、新たに戸籍を作る必要があります。

また、元の戸籍に入ると旧姓に戻りますが、「さまざまな事情で婚姻時の姓をそのまま使用したい」という場合にも新しく戸籍を作る必要が出てきます

戸籍を新しく作る場合は本籍地を指定しなければならないのですが、これはどこを指定しても自由です。

ただし、離婚後の住所から遠くにしてしまうと、後で戸籍が必要になった際に不便です。離婚後の住所を本籍地にしておけば戸籍を取りに行くのも近くて便利です。

関連記事≫≫
離婚したら姓は旧姓に戻す?離婚後も夫の姓を名乗るには?
2度目の離婚後は旧姓に戻せない?離婚後に姓と戸籍がどう変わるのか

離婚後の子供の戸籍

離婚後の子供の戸籍

離婚は夫婦だけの問題ではありません。周りの人たちへもさまざまな影響を与えます。

なかでも最も影響を受けるのは子供です。離婚を考えられている方のなかにも、この点が気にかかる人も多いのではないでしょうか。

ここからは、離婚時に子供の戸籍がどのように扱われるのか解説します。

子供の戸籍と姓はそのまま

離婚時の子供の戸籍の扱いには基本原則があります。それは、離婚した際、子供は元の戸籍に留まるということです。離婚後、どちらが親権を取って誰と住むかに関わらず、このような扱いになります。

仮に戸籍筆頭者が夫であれば、夫の戸籍で夫の姓に、妻であれば妻の戸籍で妻の姓となります。

子供と戸籍が違うことによるメリット

日本では婚姻時に戸籍の筆頭者は夫がなるのが一般的です。一方、離婚後の親権は母親が持って育てる場合が多いです。

その場合、何の手続きも取らなければ母子は一緒に住みながら別の戸籍になります。母親は新たに独立した戸籍を持つ、もしくは婚姻前の親の戸籍へ戻りますが子供の戸籍は父親のままです。

しかし、この状態でもメリットはあります。通常、離婚して母親が親権を持つと父親が養育費を支払います。しかし、なかには養育費を未払いのまま姿を消してしまう人もいます。

こういった場合、子供の戸籍を父親側に残しておけば、子供の戸籍の附票を取ることで父親の所在を確認できます

子供と戸籍が違うことによるデメリット

親権を持つ母親と子供の戸籍が異なる場合、前記のようなメリットはありますが、実際に生活を行なっていくうえで、デメリットも発生します。

デメリットとしては以下のものが挙げられます。

  • 戸籍謄本を取得するときに手間がかかる
  • 苗字が異なると、不都合やわずらわしさを感じることがある

まず1つ目ですが、別れた夫と離れた地域に住んでいると、子供の戸籍謄本を取りに行くのに手間がかかります。また、戸籍謄本を郵送してもらうにしても切手代が必要です。かといって元夫に取得を頼むのが嫌な人もいるでしょう。

次に、母親が旧姓に戻した場合、一緒に住んでいる母子でありながら名字が異なるので、周りから好奇の目で見られたり、親子だといちいち事情説明する必要が生じたりすることもあります

関連記事≫≫
離婚したら子供の戸籍はどうなる?戸籍を変更する手続きは必要?

子供の戸籍と姓を変更する方法

離婚後にさまざまな事情から子供の戸籍と姓を変更したくなった場合、方法としては以下の2パターンがあります。

  • 子を母親の戸籍に入れる場合
  • 離婚後も苗字を変えない場合

ここからは2つの方法について解説していきます。

子を母親の戸籍に入れる場合

戸籍は親子の二世代までで構成されます。離婚後、母親が婚姻前の親の戸籍に戻ると、子供は三世代目となるのでさらにその戸籍に入れることはできません。

母親が子供を一緒の戸籍に入れたい場合は、母親は自分の戸籍を新たに作って、そこに子供を入れることによって、母子の姓と戸籍を一緒にできるのです

子を母親の戸籍に入れる場合の手続きの流れは以下の通りです。

  • 離婚した後の父親・母親・子供の戸籍謄本を取得する
  • 家庭裁判所に子供の「氏の変更許可申立」をする
  • 役所に行って子供の「入籍届」を出す

まずは、父親・母親・子供全ての戸籍謄本の取得を行います。

次に、子供の住所を管轄する家庭裁判所に子供の姓を変えるため「氏の変更許可申し立て」を行います。申立の書類は、裁判所のホームページからダウンロードできます。

家庭裁判所から「氏の変更許可」が下りたら、変更を許可する旨が書かれた審判書の謄本と「入籍届」を持って役所の戸籍課に行き、手続きを行います。

参考:裁判所「子の氏の変更許可

離婚後も苗字を変えない場合

離婚した妻は旧姓に戻ることが一般的ですが、「婚氏続称制度」という仕組みがあり、婚姻時の姓をそのまま名乗ることもできます

仕事や子供、友人関係などからそのような選択をする女性もいます。手続きは離婚後3ヶ月以内に本籍地がある役所に「離婚の際に称していた氏を称する届」を記入して提出するというものになります

離婚時に自分の戸籍を新しく作る際、手続きをして結婚時の姓を選ぶ方法もありますし、まず離婚だけをして、その後3ヶ月以内に婚氏続称の届け出をする方法もあります。この届け出には離婚した相手の了解は不要です。

もし、離婚後3ヶ月を経過してから苗字を変更したい場合は、家庭裁判所に「氏の変更許可」を得る必要が生じ、手続きが複雑になります。そのため、できるだけ3ヶ月以内に手続きを行う方が良いでしょう。

また、離婚時に結婚時の姓を使い続けると選択した場合、その後旧姓に戻すとなると家庭裁判所の許可が必要になり、手続きに手間がかかるため、よく考えてどの姓を名乗るか決めましょう。

まとめ

戸籍制度は日本人の生活に密着していながら、意外と知らないことの多い制度です。離婚時にも、知識がなくて手続きに四苦八苦される方もいるようです。

しかし、戸籍にまつわる手続きは、仕組みさえ分かればそれほど難しいことはありません。しっかりと制度を理解して手続きを進めましょう。

離婚コラム検索

離婚の基礎知識のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ