離婚裁判・調停は弁護士に!裁判・調停の解決実績・解決事例が豊富な弁護士とは

裁判・調停
離婚裁判・調停は弁護士に!裁判・調停の解決実績・解決事例が豊富な弁護士とは

離婚では調停や裁判に進むケースもあります。人生において調停や裁判を経験する人はそう多くはいませんから、どう対応すれば良いかわからなこともあるでしょう。

この記事では、離婚調停や離婚裁判を弁護士に依頼したときのメリットや離婚調停・離婚裁判に強い弁護士の選び方について解説します。

目次
  1. 離婚の話し合いがまとまらなかった場合
  2. 離婚調停とは
  3. 離婚裁判とは
  4. 離婚調停・離婚裁判の解決実績・解決事例が豊富な弁護士
  5. まとめ

離婚の話し合いがまとまらなかった場合

離婚はまず夫婦が話し合って問題の解決を図ります。これを離婚協議と言います。しかし、話し合いがまとまらなかった場合は家庭裁判所に離婚調停を申し立てることになります

離婚調停でも問題が解決しない場合は、訴訟を起こし、離婚裁判を行います。

離婚調停とは

離婚調停とは、調停委員や裁判官を介し、夫婦の話し合いによって合意を図る離婚の方法です。話し合いではありますが、離婚調停はあくまで家庭裁判所で行う手続きの一つです。

離婚調停の申立てには裁判所への手続きが必要になります。

関連記事≫≫
離婚調停は弁護士へ!離婚調停の費用と弁護士に依頼するメリットとは?

離婚裁判とは

離婚裁判とは、訴訟を起こし、裁判官のくだす判決によって問題解決を図る離婚の方法です。裁判で離婚を認めてもらうためには、民法で定める以下の法定離婚事由が必要になります。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みのない強度の精神病
  • 婚姻を継続し難い重大な事由

離婚裁判も裁判所への手続きが必要になります。なお、離婚裁判を行う際は必ず離婚調停を経る必要があります。

関連記事≫≫
相手が拒んでも離婚できる?裁判離婚に必要な5つの法定離婚事由とは。

離婚調停・離婚裁判の解決実績・解決事例が豊富な弁護士

離婚調停や離婚裁判に進んだ場合は離婚調停・裁判に強い弁護士に依頼することをおすすめします。前述のとおり、調停や裁判は裁判所とのやり取りが発生します。

また、離婚調停や離婚裁判を有利に進めるためには、調停委員や裁判官に対して論理的に自分の主張を伝えていく必要があります。

弁護士に依頼すれば、裁判所との面倒な手続きをすべて代行してくれます

また、調停の際は弁護士に同席してもらうこともできるため、精神的に楽になります。裁判に進んだ際は弁護士が依頼者に代わって出席することができるため、手間や負担を省くことができます。

離婚調停や離婚裁判は、対応の仕方や書類の作成方法、調停委員や裁判官への主張の仕方にポイントがあります。

離婚調停や離婚裁判に強い弁護士に依頼すれば、離婚を有利に進めるためのアドバイスがもらえます。

さらに、ポイントを押さえた書類の作成や主張ができるため、有利に離婚を進めることができます。

離婚調停や離婚裁判に強い弁護士かどうかは解決実績を見ることで判断しやすくなります。離婚調停や離婚裁判の解決実績が豊富な弁護士・法律事務所には以下のようなところがあります。

不倫した夫から、慰謝料全額と婚姻費用を離婚時に獲得
対応地域:神奈川県横浜市神奈川区所在地:関東
かんざき法律事務所の解決事例

既に当事者間での事前の直接交渉や裁判所での離婚調停手続は不成立に終わっていましたので、夫に対する離婚訴訟並びに...解決事例の詳細はこちら

夫から不貞行為を疑われ慰謝料を請求されたが、棄却・離婚に成功
対応地域:神奈川県横浜市中区所在地:全国
根本法律事務所の解決事例

依頼者が離婚調停を申し立て、明確な離婚原因はなかったものの、婚姻関係の破綻を裁判所に伝えることに成功しました。...解決事例の詳細はこちら

そのほかの弁護士の解決事例は以下をご覧ください。

弁護士の離婚の解決事例

まとめ

離婚調停や離婚裁判に進んだら離婚調停・離婚裁判の解決実績が豊富な弁護士に相談・依頼することが重要です。

当サイト「離婚弁護士相談リンク」はケース別に弁護士の解決実績を掲載しているため、離婚調停や離婚裁判の解決実績が豊富な弁護士を簡単に探すことができます。ぜひお役立てください。

離婚コラム検索

離婚の裁判・調停のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ