ダブル不倫(W不倫)で慰謝料を獲得する方法。慰謝料請求に意味がないことも?

不貞行為
ダブル不倫(W不倫)で慰謝料を獲得する方法。慰謝料請求に意味がないことも?

配偶者に浮気をされたら精神的にもダメージが大きいですよね。たとえ「離婚せずにやり直す」と判断しても、不倫相手にだけは慰謝料を請求して、納得のいく金額を払ってもらいたいものです。

ただし、配偶者が既婚者と不倫をしていた場合には、慰謝料請求が複雑になる場合があります。ここでは、ダブル不倫(W不倫)の慰謝料請求における注意点や対処法などを説明します。

目次
  1. ダブル不倫(W不倫)とは
    1. ダブル不倫(W不倫)に走る理由
  2. 慰謝料請求ができる相手とは
    1. ダブル不倫(W不倫)の被害者は自分だけじゃない
    2. 自分が慰謝料請求できる相手は2人
    3. 不倫相手の配偶者が慰謝料請求できる相手も2人
  3. ダブル不倫(W不倫)では慰謝料請求に意味がない場合がある
    1. 両方の夫婦が離婚しない場合
    2. 自分たち夫婦のみが離婚しない場合
    3. 両方の夫婦が離婚する場合
  4. 自分だけが慰謝料請求する場合にのみメリットがある
    1. 自分だけが慰謝料請求する場合とは
  5. ダブル不倫(W不倫)の慰謝料相場
    1. ダブル不倫(W不倫)の慰謝料を増額させる要素
  6. ダブル不倫(W不倫)で慰謝料請求するために必要な証拠とは?
    1. 不貞行為があったという証拠
    2. あなたの配偶者が既婚者であることを不倫相手が知っていたという証拠
    3. 自分の精神的苦痛を証明する証拠
  7. ダブル不倫(W不倫)の慰謝料を請求する方法とは?
    1. 配偶者への慰謝料請求
    2. 不倫相手への慰謝料請求
  8. ダブル不倫(W不倫)で慰謝料請求するなら弁護士に依頼すべき !
  9. ダブル不倫(W不倫)のリスクとは
    1. 2人から慰謝料請求される
    2. 離婚を切り出される
    3. 社内不倫の場合は会社にいづらくなる
  10. ダブル不倫(W不倫)をしているならバレる前に別れよう
  11. 泥沼を避けてダブル不倫(W不倫)を解決するためには弁護士に依頼
    1. 弁護士が交渉を代行してくれる
    2. 慰謝料の減額要素を提示してくれる
  12. まとめ

ダブル不倫(W不倫)とは

不倫とは既婚者が自分の夫や妻以外の異性と性的関係を持つことを意味します。

不倫をしている男女のうち、既婚者は1人だけのケースもありますが、2人とも既婚者というケースもあります

このように、ダブル不倫(W不倫)は不倫をしている男女2人ともが既婚者であるケースを指します。

ダブル不倫(W不倫)に走る理由

なぜ人はダブル不倫(W不倫)にはまるのでしょうか。それは互いに既婚者であるがゆえの理由があります。

遊び感覚で楽しめる

ダブル不倫(W不倫)は、お互い家庭を持っている者同士が不倫をしているわけです。

「お互い、相手の家庭を壊すようなマネはやめようね」という暗黙の了解で不倫を楽しんでいます。

不倫というものは、いずれかが本気になると厄介なものです。既婚者同士であれば、そういった心配もなく、遊び感覚で不倫を楽しめるのです。

お互い様なので気が楽

不倫をしている一方が未婚の場合、2人で会っているときはよくても、いざ家に帰ると「あの人は奥さんや子どもと楽しく過ごしているのに私は…」など、未婚の側が嫉妬心を抱くこともあります。

その結果、「奥さんと別れて!」などと言われてしまうこともあります。ダブル不倫(W不倫)は既婚者同士による不倫ですので、そういった心配がなく気楽なのです。

慰謝料請求ができる相手とは

ダブル不倫(W不倫)の被害者は自分だけじゃない

ダブル不倫(W不倫)もそうでない不倫も加害者は2人ですが、被害者の数が違います。通常、不倫の被害者は1人ですが、ダブル不倫(W不倫)では被害者が2人存在します

たとえば、自分の夫がほかの女性と浮気した場合、夫の浮気相手が独身であれば被害者は自分1人です。

一方、夫の浮気相手も既婚者であれば、浮気相手の夫も被害者となり、被害者が2人になります。

自分が慰謝料請求できる相手は2人

配偶者にダブル不倫(W不倫)をされたことを理由に慰謝料請求する際、以下の2人に慰謝料請求ができます。

  • 配偶者
  • 配偶者の不倫相手

不倫相手の配偶者が慰謝料請求できる相手も2人

一方、ダブル不倫(W不倫)の場合、不倫相手の配偶者も慰謝料請求ができます。この場合、以下の2人に慰謝料請求ができます。

  • あなたの配偶者
  • あなたの配偶者の不倫相手

ダブル不倫(W不倫)では慰謝料請求に意味がない場合がある

ダブル不倫(W不倫)は、被害者が複数いることによって、慰謝料請求をしても経済的な利益が得られない可能性があります。

両方の夫婦が離婚しない場合

ダブル不倫(W不倫)でいずれの夫婦も離婚しないと想定します。離婚しなければ夫婦は生計を一にしている、つまり同じ財布で生活していると考えます。

したがって、あなたが配偶者に慰謝料請求をしても経済的な利益ありません。では、配偶者の不倫相手に慰謝料請求をしたとします。

配偶者の不倫相手が離婚しない場合、あなたが慰謝料請求をすることで不倫相手の配偶者もあなたの配偶者に慰謝料請求をする場合があります

あなたは配偶者と離婚しないわけですから、配偶者に慰謝料請求されれば、配偶者と同じ財布で生活をしているあなたにとっても経済的な損失です。

したがって、これも慰謝料請求による経済的な利益が得られなくなってしまいます。

自分たち夫婦のみが離婚しない場合

あなたと配偶者は離婚しないが、配偶者の不倫相手が離婚したとします。この場合も、先ほどと同様あなたは配偶者に慰謝料請求をするメリットがありません。

一方、あなたは配偶者の不倫相手に慰謝料請求をすることはできますが、不倫相手の元配偶者からもあなたの配偶者に慰謝料請求される可能性があります

あなたと配偶者は同じ財布で生活していますから、結局慰謝料請求による利益が得られなくなります。

両方の夫婦が離婚する場合

以上のことを鑑みると、両方の夫婦が離婚すれば慰謝料請求による利益が得られそうですよね。 しかし、この場合も注意が必要なのです。

不倫相手の元配偶者は、あなたの配偶者と不倫相手に慰謝料請求ができます。そうすると、あなたの配偶者と不倫相手はともに資力が乏しくなる可能性もあります

こうなってしまうと、あなたが慰謝料請求した際に十分な金額を支払えってもらえないこともあります。

自分だけが慰謝料請求する場合にのみメリットがある

自分だけが慰謝料請求する場合にのみメリットがある

このように、ダブル不倫(W不倫)の慰謝料請求は非常に複雑です。では、ダブル不倫(W不倫)の場合、慰謝料請求する価値はないのでしょうか。

実は、慰謝料請求する価値のあるケースもあります

前述のとおり、ダブル不倫(W不倫)では不倫相手の配偶者(元配偶者)から慰謝料請求されることで、あなたの慰謝料請求による利益がなくなります。

つまり、慰謝料請求するのがあなただけであれば、ダブル不倫(W不倫)であっても慰謝料請求する価値があるのです

自分だけが慰謝料請求する場合とは

もし不倫相手の配偶者に被害者としての自覚がない、つまり不倫の事実を知らなければどうでしょう。

不倫相手の配偶者は被害者でない(被害者と思ってない)ため、誰にも慰謝料請求することはありません。

不倫した人はいずれも自分の配偶者に不倫の事実を知られたくないはずです。

そのような気持ちを巧く利用すれば、不倫相手の配偶者に事実を知られずに慰謝料請求できる可能性があります

ダブル不倫(W不倫)の慰謝料相場

ダブル不倫(W不倫)の慰謝料請求をするなら、どのくらいの慰謝料が獲得できそうなのか知っておきたいところですよね。不倫の慰謝料相場は、200~300万程度と言われます。

不倫が原因で離婚にいたった場合、離婚しなかった場合に比べて慰謝料が高額になるのが一般的です

ダブル不倫(W不倫)の場合も基本的な慰謝料相場は通常の不倫と変わりません。

ただし、前述のように不倫相手の配偶者が慰謝料請求をした場合は、あなたが受け取れる慰謝料金額が減る可能性があります。

ダブル不倫(W不倫)の慰謝料を増額させる要素

ダブル不倫(W不倫)で慰謝料請求する場合、どのような要素があれば増額できるのでしょうか。

婚姻期間

あなたと配偶者の婚姻期間が長ければ、請求できる慰謝料金額が高くなります。

不貞行為の期間と頻度

ダブル不倫(W不倫)をしている機関が長ければ請求できる慰謝料は高額になる可能性があります。具体的には、不倫関係が一年を超える場合は「長い」とみなされる可能性があります。

年齢

有責者の年齢が高いほど慰謝料金額も高くなる可能性があります。さらに、不倫関係にある2人の年齢の差が大きいほど慰謝料金額が高くなる可能性があります。

子どもの有無

未成年の子どもを持つ夫婦は慰謝料金額が高額になる可能性があります。

経済状況

不倫した配偶者の経済力が高く、不倫をしていない配偶者の経済力が低ければ慰謝料が高額になる可能性があります。

既婚者であることを知っていたかどうか

不倫関係にあるいずれかが、不倫相手が既婚者であることを知ったうえで不倫におよんだのであれば慰謝料は高額になる可能性があります。

自分たち夫婦の婚姻中の関係性

慰謝料は精神的苦痛に対する損害賠償です。

もし夫婦の仲が良かった場合、不倫の事実を知ることで受けるショックが大きくなります。反対に夫婦関係が悪ければ請求できる慰謝料は少なくなるということです。

ダブル不倫(W不倫)で慰謝料請求するために必要な証拠とは?

ダブル不倫(W不倫)に限らず、不倫で慰謝料請求するためには証拠が必要です。

ダブル不倫(W不倫)では、不倫を認めれば相手の家庭にも影響が出るため、本人は簡単に不倫の事実を認めないことが予想されます。

したがって、ダブル不倫(W不倫)では通常の不倫以上に証拠を集める必要性が高いといえます。

不貞行為があったという証拠

不貞行為の証拠として、当事者2人に性的関係があることがほぼ確実と思われるものが必要になります。たとえば、ホテルへの出入りの写真は不貞行為の証拠になりえます。

ただし、できれば滞在時間のわかるものを複数回分用意しておいたほうが良いでしょう。性的関係がわかるメールやLINEなどのやりとりも証拠となります。

1つの証拠だけで不貞行為を証明するのは困難なこともあります。できるだけたくさんの証拠を集めておくことが大切です。

あなたの配偶者が既婚者であることを不倫相手が知っていたという証拠

不倫相手に慰謝料請求をするなら、あなたの配偶者が結婚していることを知っていたという証拠が必要です。

たとえば、配偶者と不倫相手が社内不倫であった場合、「お互いが既婚かどうかは容易にわかったはず」といえるでしょう

自分の精神的苦痛を証明する証拠

慰謝料は精神的苦痛を受けたことに対する賠償金です。

不倫の事実を証明するものだけでなく、自分の精神的・肉体的苦痛を証明するものがあれば、慰謝料算定において有利になる可能性があります。

たとえば心療内科を受診したときの診断書や精神的苦痛を書き留めた日記などがあれば、証拠として確保しておくようにしましょう

ダブル不倫(W不倫)の慰謝料を請求する方法とは?

ダブル不倫(W不倫)の慰謝料を請求する方法とは?

配偶者への慰謝料請求

配偶者に慰謝料を請求できるのは自分たち夫婦が離婚する場合になります。

話し合い(協議離婚)で慰謝料請求する

離婚請求も慰謝料請求もまずは話し合いで解決を図ります。これを協議離婚といいます。

協議離婚であれば、夫婦が合意すれば離婚できますし、慰謝料の金額もいくらでも良いことになります

慰謝料が分割払いになる場合には、離婚協議書を公正証書にし、強制執行可能な状態にしておくと安心です。

配偶者が慰謝料の支払いを拒否するような場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることを検討しましょう。

離婚調停を申し立てる

夫婦の話し合いでは解決しない場合、場所を裁判所に移して調停を申し立てます。離婚調停では、調停委員が間に入り、夫婦が話し合うことで解決を図ります。

離婚裁判を起こす

話し合いでも調停でも解決しない場合は、訴訟を起こして裁判による解決を図ります。

離婚裁判は自分で起こすこともできますが、専門知識が必要なことも多いため、弁護士に依頼することをお勧めします。

不倫相手への慰謝料請求

不倫相手に慰謝料請求する場合も、まずは話し合いによる解決ができないかどうかを考えましょう。

特に不倫相手の配偶者に不倫の事実が知られていない場合は、裁判以外で交渉をおこなったほうがいいでしょう

話し合いで解決できない場合、裁判所に慰謝料請求訴訟を起こす方法があります。

ダブル不倫(W不倫)で慰謝料請求するなら弁護士に依頼すべき !

ダブル不倫(W不倫)を理由に慰謝料請求をするには、自分だけが被害者である必要があります。

しかし、もう1人の被害者である不倫相手の配偶者に不倫の事実を知られないようにするにはかなりのスキルが必要です。

不倫相手の配偶者に不倫の事実を知られることなく慰謝料を請求するには、慰謝料請求の前に弁護士に相談することが大切です

話が大きくなったあとでは、不倫相手の配偶者が不倫の事実に気付く可能性があるからです。

併せて読むと役立つ記事
離婚に強い弁護士の選び方って?弁護士選びで失敗しないポイント。
基礎知識
離婚に強い弁護士の選び方って?弁護士選びで失敗しないポイント。

離婚を弁護士に依頼するとなると、費用もかかります。そのため躊躇される方も多いと思います。弁護士に頼んでも…

ダブル不倫(W不倫)のリスクとは

ダブル不倫(W不倫)を続けた結果、どのようなリスクがあるのでしょうか。

2人から慰謝料請求される

前述のとおり、ダブル不倫(W不倫)の被害者は、自分の配偶者と不倫相手の配偶者の2人になります。したがって、2人から慰謝料請求される可能性があります

離婚を切り出される

ダブル不倫(W不倫)に限らず、不貞行為は法律で定められた離婚事由です。したがって、ダブル不倫(W不倫)を理由に離婚請求をされたら裁判で認められます

社内不倫の場合は会社にいづらくなる

ダブル不倫(W不倫)が社内不倫であることも多くあります。

2015年に国立社会保障・人口問題研究所が実施した調査によると、「職場や仕事」関係が出会うきっかけとなった夫婦は3割近くにのぼることがわかっています。

つまり、それだけ社内恋愛は恋愛に発展しやすいといえます。同じ職場でダブル不倫(W不倫)していることが周囲に知られれば、会社には居づらくなってしまいます

参考:国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)

併せて読むと役立つ記事
社内不倫の代償は大きい!リスクを抑える不倫の終わらせ方と対処法。
不貞行為
社内不倫の代償は大きい!リスクを抑える不倫の終わらせ方と対処法。

社内不倫は、不倫という不法行為に加え性的な要素を持ち込むべきではない職場が舞台になるので、発覚すると…

ダブル不倫(W不倫)をしているならバレる前に別れよう

ダブル不倫(W不倫)のリスクは通常の不倫よりも大きくなる可能性があります。もし、あなたがダブル不倫(W不倫)をしている当事者なら、今すぐ関係を解消するべきでしょう

一時のスリルや快楽を味わいたいという理由だけで関係を持ち続けては損失が大きくなるだけです。

泥沼を避けてダブル不倫(W不倫)を解決するためには弁護士に依頼

ダブル不倫(W不倫)の問題は当事者が4人になるため、通常の不倫や離婚以上に問題が複雑化してしまいます。

当事者のみで話し合いをすると余計に問題がこじれ、泥沼化してしまうこともあります。ダブル不倫(W不倫)で慰謝料請求や離婚を考える場合には弁護士に介入してもらうと良いでしょう

弁護士が交渉を代行してくれる

ダブル不倫(W不倫)が原因で慰謝料請求されると、相手から強く責められることもあります。弁護士が交渉を代行することで、そのようなトラブルを回避できます

慰謝料の減額要素を提示してくれる

弁護士は、請求された慰謝料を減額するように交渉することができます。慰謝料請求されると、なかなか冷静に考えることができなくなる場合があります。

そのような場合でも弁護士は慰謝料の減額要素がないか探し出し、相手と交渉してくれます

まとめ

ダブル不倫(W不倫)を理由に慰謝料請求するには高度なスキルが必要です。このような場合は離婚問題に強い弁護士に相談することが重要です。

弁護士に相談・依頼するのは慰謝料請求をする前がポイントになります。

また、ダブル不倫(W不倫)を理由に慰謝料請求をされた場合、下手をすると大ごとになる場合もあります。

ダブル不倫(W不倫)をしている人はすぐに関係を解消し、慰謝料請求をされてしまったら離婚問題に強い弁護士に相談しましょう。

離婚の不貞行為のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ