旦那が帰ってこない理由|浮気を疑うべきタイミングや対処法を解説

基礎知識
旦那が帰ってこない理由|浮気を疑うべきタイミングや対処法を解説

旦那がなかなか家に帰ってこないと不安になるでしょう。

「仕事が忙しい」「接待がある」など理由を言われたとしても、旦那がなかなか帰ってこなければ浮気をしているのではないかと疑ってしまう方もいるでしょう。

もし旦那が定期的に帰ってこない場合、妻としてどのような対処をすべきなのでしょうか。

この記事では、旦那が帰ってこない理由や浮気を疑うべきタイミングなど対処法と合わせて紹介します。

目次
  1. 定期的に旦那が帰ってこないケース
    1. 残業が多い
    2. 会社の飲み会が続いている
    3. 家に居場所がない
  2. 急に旦那が帰ってこなくなったケース
    1. 家の居心地が悪いから
    2. 夫婦喧嘩をしたから
    3. 急な仕事に追われている
    4. 事件や事故に巻き込まれた
    5. 浮気している
  3. 定期的に旦那が帰ってこないときの対処法
    1. 本人に理由を聞く
    2. 共通の友人や会社の同僚に様子を聞く
    3. 旦那の過ごしやすい空間を作る
    4. 感謝の気持ちを伝える
  4. 急に旦那が帰ってこなくなったときの対処法
    1. 本人に連絡を取る
    2. 知人や職場に連絡する
    3. 思い当たる場所に出向く
    4. 事件性を感じたら警察に連絡する
    5. 浮気をしている可能性がある場合は探偵に相談する
    6. 心配している気持ちを伝える
  5. 旦那が帰ってこない場合に浮気を疑うべき状況とは
    1. 携帯やスマホを肌身離さず持ち歩くようになった
    2. ほかの女性の影を感じた
    3. 帰ってこない理由をごまかされた
  6. まとめ

定期的に旦那が帰ってこないケース

週に何度か帰ってこないなど、定期的に帰ってこないような場合どのような理由が考えられるのでしょうか。

同じ曜日など規則的ではなくても、何度か帰ってこないことがあれば不安になるものです。

旦那が定期的に帰ってこない理由としてよく挙げられる原因を見ていきましょう。

残業が多い

定期的に旦那が帰ってこない理由の一つに、ただ単に仕事が忙しく、残業が多くなっていることが考えられます。

妻の立場からすれば、「仕事が忙しいと一言言ってくれればわかるのに」と考えるかもしれません。

しかし、仕事が忙しいと連絡を忘れてしまう男性は多いものです。

仕事のトラブルの対処に追われて時間が経つことを忘れてしまい、連絡できないことも少なくありません。

男性は女性ほど連絡がマメではないことが多いため、残業であることを都度連絡しないだけということも考えられます

会社の飲み会が続いている

時期によっては会社内での歓送迎会が続くこともありますし、仕事上の接待が続くこともあるでしょう。

旦那にとって会社や取引先との飲み会、接待は仕事の一環です。

飲み会で酔いつぶれてしまい、会社の同僚や後輩の家、道端で酔いを覚ましてから帰宅することもあるでしょう

この場合は、酔っ払って帰宅すれば妻に怒られてしまうことや、家族に酔っぱらっている姿を見せたくないと考えている可能性もあります。

家に居場所がない

家に居場所がないと感じている場合、そのストレスを解消するために定期的にプチ家出をすることもあります。

旦那専用の部屋がないケースやリラックスできる居場所がないケースなど家族が気付かない間にストレスを溜め込んでいるのです。

このような場合、家にいることに疲れてしまい、どこか違う場所でストレスを発散していることが考えられます

急に旦那が帰ってこなくなったケース

これまでは帰宅していたのに、ある日突然旦那が帰ってこなくなったというケースもあるでしょう。

急に旦那が帰ってこなくなった場合、どのような理由や旦那の心理が考えられるでしょうか。

家の居心地が悪いから

1つ目の理由に、家にいることに居心地の悪さを感じていている可能性が考えられます。

仕事で疲れている旦那は自宅では癒しを求めるものです。

しかし、帰宅すれば妻からの叱咤や愚痴などが続くようだと、家にいることが疲れてしまうようになるでしょう

また、家にいても家族から無視されている気がする場合や食事が合わないなど、居心地の悪さが家出を招いているかもしれません。

夫婦喧嘩をしたから

夫婦喧嘩をしてしまい、まだ喧嘩が解決していない状態だと、「トラブルを避けたい」「妻と顔合わせたくない」などと考え、帰宅しなくなる可能性があります

たった一度の大きな喧嘩で帰らなくなることもあれば、日々の喧嘩が積もり積もった結果、「帰りたくない」と考えることもあります。

急な仕事に追われている

急な仕事がイレギュラーで入ったときなど、仕事の対応に追われて帰れなくなることもあります。

取引先でのトラブルによる対応や納期の変更など、仕事にはイレギュラーな対応が必要なときもあります。

本人も予測できない事態ですし、忙しくて連絡できないこともあるでしょう

事件や事故に巻き込まれた

急に旦那が帰ってこなくなった場合、事件や事故に巻き込まれている可能性も否定できません。

事故や事件に巻き込まれると、病院や警察より家族に何らかの連絡がくるのが通常ですが、いつ連絡がくるかは不明です。

何の連絡もなく、ずっと帰ってこないような場合は捜索願を出すことも検討しましょう

浮気している

これまできちんと帰っていた旦那が急に帰ってこなくなった場合、浮気をしていることもあります。

妻への愛情が冷めてしまったり、家庭の居心地の悪さから逃れるための逃避先であったり、ストレス発散目的であるなど、浮気の理由はさまざまです。

特に、これまで寄り道することなどなかった場合や、仕事が終わると「早く家に帰りたい」 と言っていた場合は注意が必要です

関連記事≫≫
不倫の証拠の集め方3選!夫(妻)の行動から浮気を見破る方法とは。
夫(妻)の不倫を見抜く方法|浮気調査を探偵に依頼すべき理由を解説

定期的に旦那が帰ってこないときの対処法

定期的に旦那が帰ってこないときの対処法

定期的に旦那が帰ってこないという場合、次のことを試してみると良いでしょう。

関連記事≫≫
離婚寸前の夫婦関係を修復する方法は?修復可能なケースとは?

本人に理由を聞く

まずは本人に理由を直接聞いてみることが大切です。

もし仕事や飲み会で連絡することを忘れているだけであれば、こちらから連絡することで状況を把握できることもあるでしょう

また、妻や家庭に対して何か不満を抱えているのであれば、話し合いで解決することもあります。

共通の友人や会社の同僚に様子を聞く

旦那に連絡が取れない場合や理由を聞いても答えてもらえない場合は、共通の友人や会社の同僚などに探りを入れてみるのも良いでしょう

会社の同僚であれば旦那の仕事状況や飲み会の有無について把握している可能性があります。

また、友人であれば妻や家庭に対して何らかの不満や愚痴などを聞いている可能性があります。

旦那の過ごしやすい空間を作る

旦那が「家に居場所がない」と感じたり、「居心地が悪い」と思わないようにするために、旦那専用の空間を作るのも良いでしょう。

旦那専用の部屋を作るスペースがない場合でも、旦那の趣味のものを置く場所を確保したり、旦那専用の机やソファーなどくつろげる空間を作ったりするだけでもくつろぎやすくなるものです

感謝の気持ちを伝える

日頃、旦那の癖や悪い習慣を指摘したりダメ出しばかりをしていませんか。

不満は口に出して解決するのが理想ですが、頻度が高ければ自宅に帰ることが嫌になってしまいます。

夫婦になると段々と日頃の感謝の気持ちを伝える機会がなくなることもありますが、きちんと感謝を伝えることも大切です。

不満ばかり口にせず、まずは「ありがとう」の一言が言えるように努力することも大切です

急に旦那が帰ってこなくなったときの対処法

これまでは何ごともなく帰宅していた旦那が急に帰ってこなくなってしまえば、不安になってしまうものです。

このような場合、どう対処すべきなのでしょうか。

本人に連絡を取る

まずは本人に連絡を取ってみましょう。

たまたま仕事がイレギュラーに忙しくなってしまったり、飲み会が入ってしまったりしただけかもしれないのでLINEや電話で連絡してみましょう

こちらから連絡すれば意外とすぐに連絡がつくケースもあります。

知人や職場に連絡する

本人と連絡がつかないのであれば、共通の知人や職場に連絡してみましょう。

知人や職場の人であれば旦那の居場所を知っている可能性もあります。

もし居場所を知らなくても、「何か連絡があったり姿を見かけたりした場合は教えてほしい」とお願いしておくと良いでしょう

思い当たる場所に出向く

連絡もつかず、帰ってこない原因もわからない場合は、旦那が立ち寄りそうな場所に出向いてみましょう。

自宅と会社までの道のりや、行きつけの居酒屋、お店など立ち寄る可能性のある場所を探してみます。

思い当たる場所を探して発見できなくても、立ち寄っている可能性もあるため、何か手がかりがつかめるかもしれません

事件性を感じたら警察に連絡する

翌日になっても連絡がつかずに帰ってこない場合や、職場にも出勤していないという場合は何らかのトラブルに巻き込まれている可能性が考えられます。

家出の可能性もありますが、警察に連絡して捜索願を出すことを検討しましょう

浮気をしている可能性がある場合は探偵に相談する

急に帰ってこなくなったものの、事件性はなく浮気が疑われるような場合は探偵に相談してみましょう。

直接本人に聞いてしまうと、浮気を認めないことも多く、証拠などを隠されてしまう可能性があります。

浮気の証拠をつかもうとして自分で追跡すると、相手にバレてしまったり、不法侵入やストーカ行為などに問われるリスクもあります。

浮気や不倫を調査する際は探偵に依頼することをおすすめします

関連記事≫≫
夫(妻)の不倫を見抜く方法|浮気調査を探偵に依頼すべき理由を解説
探偵の浮気調査、費用はいくら?|料金をわかりやすく解説!
浮気調査を頼むなら!オススメ探偵事務所徹底比較ランキング

心配している気持ちを伝える

連絡がついたり旦那の居場所が判明した場合、家に帰らなかったことや連絡が取れなかったことに対して、旦那を責めてしまいがちです。

しかし、怒ることは逆効果になる可能性があります。

気持ちはわかりますが、怒ったり責めたりするのではなく、心配していた気持ちを素直に伝えるようにしましょう

旦那が帰ってこない場合に浮気を疑うべき状況とは

旦那が帰ってこない場合に浮気を疑うべき状況とは

旦那が帰ってこない理由として浮気を疑ったら、本当に浮気かどうかチェックしましょう。

次に紹介する行動があれば、浮気をしている可能性が高くなります。

関連記事≫≫
不倫の証拠の集め方3選!夫(妻)の行動から浮気を見破る方法とは。

携帯やスマホを肌身離さず持ち歩くようになった

以前はテーブルや机のうえなど、適当に携帯やスマホを置いていたのに、急にトイレやお風呂にまで持ち込むようになった場合は何か見られたくない内容が携帯やスマホに入っていると可能性があります

個室に持ち込んだタイミングで浮気相手と連絡を取っている可能性もあります。

また、スマホの画面が見えないように毎回伏せて置くようになった場合も浮気が疑われます。

ほかの女性の影を感じた

これまでと違って急に身なりを気にするようになったり、服装の雰囲気が変わったりした場合は、ほかの女性の影響を受けている可能性もあります

これまで持っていなかったものや趣味の違うものを持っている場合は、誰かからプレゼントされた可能性があります。

また、妻の名前を呼び間違えたり、寝言で別の女性の名前を話したりした場合にも浮気をしている可能性があります。

帰ってこない理由をごまかされた

帰ってこない理由を本人に直接聞いたとき、言葉に詰まったり何となく理由をごまかしたりした場合も浮気の可能性があります。

仕事が忙しいことや仕事の付き合いなどと言われたとしても嘘である可能性もあります。

怪しいと思ったら、後日もう一度尋ねてみると良いでしょう。

嘘だった場合、話した内容を覚えておらず、話が噛みあわないことがありますし、嘘を重ねることで何かしらボロが出てくる可能性もあります

まとめ

旦那が帰ってこない理由には浮気だけではなく、さまざまなものが考えられます。

最初から浮気と決めつけず、ここで紹介した内容を参考に様子をうかがうことが大切です。

浮気をしている可能性が高いと思った場合は、探偵に依頼し、調査を行うことをおすすめします。

当サイト「離婚弁護士相談リンク」は不倫や浮気などに強い弁護士を厳選して掲載しています。

浮気で慰謝料請求をお考えの際はぜひお役立てください。

離婚コラム検索

離婚の基礎知識のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ