マザコン夫と離婚する方法|5つの特徴と対処の仕方

その他離婚理由
マザコン夫と離婚する方法|5つの特徴と対処の仕方

夫は何かというと義母にべったり…これってマザコンじゃないの?常に自分たち夫婦よりも母親の意思を優先させる夫とは、もうやっていけないと思う方もいるでしょう。

母親に物事の判断を委ねる、妻を母親と比較するなど、マザコン夫の「あるある」な5つの特徴を始め、対処法や離婚方法、慰謝料請求についても紹介していきます。

目次
  1. マザコンの夫と離婚する方法
    1. 協議離婚・離婚調停
    2. 離婚裁判
  2. マザコン夫の5つの特徴
    1. 母親を絶対的な存在としている
    2. 物事の判断を母親に仰ぐ
    3. お出かけに母親も連れて行く
    4. 家庭より母親を優先する
    5. 妻の料理を母親と比較する
  3. マザコンが理由の慰謝料請求
  4. マザコンな夫の対処法
    1. マザコンを自覚させる
    2. 離婚に合意しない場合は別居する
  5. まとめ

マザコンの夫と離婚する方法

夫がマザコンだから、それだけで離婚できるでしょうか?

離婚するかしないかを決めるには、協議離婚、離婚調停、離婚裁判があります。協議離婚は当人同士の話し合いで成立する離婚で、世のなかの離婚のおよそ9割が協議離婚と言われます。

当人同士の話し合いがうまくいかない場合、離婚調停に進みます。家庭裁判所で調停委員に間に入ってもらって夫婦で話し合うもので、ここで成立しなければ、離婚裁判を起こし、離婚を裁判官に認めてもらうことになります。

マザコン夫と離婚する方法について、ここでは協議離婚と離婚調停、離婚裁判の2つに分けて説明していきます。

協議離婚・離婚調停

協議離婚・離婚調停は、当人同士や調停委員を介しての話し合いで合意にいたれば、離婚成立となります。理由がマザコンでも何でも、相手が離婚に合意すれば良いのです。

しかし、マザコンを理由に妻が夫へ離婚を切り出したとして、夫は納得、合意するでしょうか。妻がマザコンだと思っている言動を、夫はマザコンの自覚なく行っていることが多いため、夫が認めない可能性が高いのです。

離婚裁判

協議離婚、離婚調停で話し合ったものの合意にいたらなかった場合、離婚裁判を起こして裁判で離婚を認めてもらう必要があります。

離婚が認められる理由

民法第770条

1.配偶者に不貞な行為があったとき。

2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。

3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。

4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:e-GOV民法770条

民法の法定離婚理由に、直接「夫がマザコンだから」という項目はありません。なので、マザコンだけでは離婚原因とは認められないでしょう。

マザコンを理由に離婚をしたい場合は、マザコン夫の行為が原因となり夫婦関係が破綻、結婚生活に影響しており、これ以上婚姻関係を続けられないということが、上記の民法770条1項5号「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に当てはまるのかが問われます。

裁判で認めてもらうためには、客観的にわかる証拠が必要です。

夫が妻より義母の意見ばかりを通す、義母からの過干渉を夫が止めず言いなりなど、夫婦関係が破綻するような行為、メール、SNSメッセージなどを日記やメモなどで詳細に記録しておくことが重要になります。

離婚のための証拠集めについては、経験豊富な弁護士に相談してみましょう。

併せて読むと役立つ記事
離婚裁判は弁護士なしで大丈夫?費用やメリット・デメリットを解説
裁判・調停
離婚裁判は弁護士なしで大丈夫?費用やメリット・デメリットを解説

配偶者に離婚を切り出したものの同意が得られない場合、「裁判で争う」ことになります。このとき弁護士を頼むと裁判はスムーズに…

マザコン夫の5つの特徴

自分の夫は単なる母親思い?それとも、マザコン?これってどうなんだろうと判断基準が難しいところですが、下記ではマザコンと考えられる夫の特徴を5つ紹介していきます。

自分では意思を持たず母親の考えが全て、妻より母など、要は夫が自立した一人の大人なのかどうかを見ていくと判断できるでしょう。

母親を絶対的な存在としている

母親の価値観の下で育ってきた「お母さんが喜んでくれるのが一番!」の息子=夫。マザコン夫は、母親の意見が絶対正しいと思っているので、妻の価値観をなかなか認めません。

もし妻と母親の意見が対立すれば、内容はどうあれ母親の肩を持ち、妻を責めることさえあるでしょう。

嫁姑で子育てについて意見が違った場合、夫が姑の意見を支持してしまうと、夫婦間の子供のことなのに妻は立つ瀬がなく、精神的に孤立してしまいますよね。

物事の判断を母親に仰ぐ

マザコン夫は精神的に自立しておらず、母親への絶対的な信頼から何かにつけ母親に判断を仰ぎます。夫として父として、人生で大きなテーマになるマイホームの購入や子供の名前、お金の問題etc.本来夫婦で決めることにも関わらず、母親に意見を求めます。

また、夫婦で一旦決めたことでも、母親へ報告して何か意見を言われるとそちらになびいてしまうことも。夫が親離れできていない、する気もないと言えるでしょう。

お出かけに母親も連れて行く

デートに断りもなく母親を連れて来ることがあるというマザコン男。夫になっても、妻と二人、妻と子供とのお出かけに、妻に相談もなく母親を誘って連れて行くのが当たり前では、夫婦・親子水入らずの時間もなくなってしまいます。

もし母親が一人暮らしで寂しいから連れて行こうというのなら、事前に妻に相談をしてほしいところです。また、夫だけではなく、遠慮せずついて行く母親にも問題がありそうです

家庭より母親を優先する

マザコン夫は、結婚して夫になろうと、子供が生まれて父になろうと、自覚は薄く、いつまでも楽ちんな息子の立場でいたいもの。息子として甘えさせてくれる母親が一番、最優先です。

なので、家族の行事より母親の用事に優先して行く、妻や子より母の意見を通そうとする傾向があります。

母もそれで良しとするなら、母子ともに親離れ子離れできていないということになります。

妻の料理を母親と比較する

マザコン夫にとって、母親は女性の絶対的理想像です。自分が食べて育った母親の料理も一番だと信じています。母親が絶対でほかの価値観を認めないため、妻の料理をなかなか認めず、母と比較し、母の味に近づけるよう求めることがあります。

妻が自分の母親と同じように作ってくれないと、母親へ電話をして食べたいとねだることもあるとか。

併せて読むと役立つ記事
マザコン夫と離婚できる?マザコンを理由に慰謝料請求するには。
その他離婚理由
マザコン夫と離婚できる?マザコンを理由に慰謝料請求するには。

「男は大体マザコン」とはよく聞きますが、結婚後もマザコン行動を続けるマザコン夫もいます。マザコン夫と結婚した妻は…

マザコンが理由の慰謝料請求

マザコンが理由の慰謝料請求

慰謝料は不法行為により与えられた精神的苦痛に対しての損害賠償です。マザコン夫の言動、行動のなかに不法行為とまで言えるものがなければ、慰謝料の請求は難しいでしょう。

ただし、離婚の場合、不倫やDVには慰謝料が発生します。マザコン夫が婚姻中に不倫やDVをしていた証拠があれば、慰謝料を請求できる可能性があります。

また、義母が妻に対して暴力をふるう、暴言を吐くなどの行為が続き、妻が精神的肉体的に傷つき婚姻生活の継続が難しくなったケースで、夫が知っていても義母を止めない、味方をする、状況を改善しようとしないなどの場合、慰謝料を請求できる可能性があります。

マザコンな夫の対処法

マザコンの夫は無自覚なことが多く、悪いとも思っていないため、マザコンを理由に離婚を切り出しても、すんなり同意するとは限りません。

マザコン夫への対処法として、マザコン夫に自覚させること、離婚に同意しない場合は別居すること、この2つについて以下で説明していきます。

マザコンを自覚させる

マザコン夫に自覚させることで、脱却し、変わってもらう。もしくは、変わらないのなら、夫婦関係が破綻したのはマザコン夫の行動によるものだと離婚へ持ち込む、という方法が考えられます。

マザコンを自覚させる方法

口癖と同じで数を数える
先にも述べましたが、お出かけに母親を当然のように連れて行く、妻の料理を母親と比較する……常に夫の心の中心に母親がいて、行動や価値判断の基準が母親になっているのでは?と自覚してもらうのに、母親が話に出る回数を数える方法があります。

何かあると母親を持ち出し、「母が」「お母さんが」「母ちゃんが」「ママが」こう言っていた、こんなことがあった。口癖や髪を触る癖などと同じで、癖が出た数を数えると、いくら無自覚の人でも気付くでしょう。

意思決定をしているのは母親では?
マザコン夫は母親への絶対的な信頼から、何かにつけ母親に判断を仰ぎます。まず母親に物事の判断をしてもらう、決めることを母親に委ねる、自分や妻と母親の意見が違い反対された時に母親の意見に従っている。

行動を振り返り、母親から精神的に自立していないのではないかと夫に考えてもらいます。

大好きな母親の頼みを断ることができる?
マザコン夫の特徴に「家族より母親を優先する」という項目がありました。夫や父になろうとも、いつまでも楽ちんな息子として甘えさせてくれる母親が一番です。 そのマザコン夫がもし母親に何か頼まれたとして、それを断れるのでしょうか。

母親だから、嫌われたくないから頼みを聞いていたのでは?これなら断れるかも?と、理由や対応をよくよく考えてもらうことが大切です。どんな些細な頼みでも断れない、無理というのなら、今後も妻子より誰より母親優先なのはきっと変わらないでしょう。

夫の周囲の男性に指摘してもらう
マザコン夫が自分で気付けないなら、同じ男性に指摘してもらうのも一つの手です。妻が言っても聞かない場合、より客観的に夫を見られる知人や同僚など周囲の男性に、夫の行為をマザコンだと指摘してもらえば、少しは自覚するかもしれません。

離婚に合意しない場合は別居する

離婚裁判では、夫婦関係が破綻しているかどうかの判断に別居の有無が考慮されます。相手が離婚に合意しない場合、長期間別居することで離婚が認めてもらいやすくなると言われます。

ただし、夫婦には婚姻関係中は同居義務があるので、別居をする場合、離婚の際に不利にならないよう、弁護士などの専門家に相談してみましょう。

まとめ

マザコン夫の言動に振り回されて困っている方へ、マザコン夫の特徴と自覚させる方法、離婚方法を説明してきました。自分をマザコンとも思わず悪いことをしている自覚がないので、協議離婚へ持ち込むのはなかなか難しいところです。

マザコンが理由で夫婦関係が破綻、もう結婚生活を続けていけないと調停や離婚裁判で認めてもらうためには、弁護士などの専門家へ対策を相談することがおすすめです。

離婚のその他離婚理由のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ