単身赴任中の不倫を見抜く方法|浮気を防いで夫婦関係を修復するには

不貞行為
単身赴任中の不倫を見抜く方法|浮気を防いで夫婦関係を修復するには

会社員として働いていると、会社や業務の都合で転勤を言い渡されることがあります。

既婚者が転勤する場合、家族の都合や持ち家の有無によって単身赴任を余儀なくされることがあります。単身赴任は家族と離れて寂しくなる一方、解放感を得られ、不倫や浮気に走りやすいと言われています。

一般的に、単身赴任は夫が家を出て妻が残るケースが多いでしょう。そのため、単身赴任中の不倫といえば、「夫の浮気」というイメージがありますが、実は夫の単身赴任中に妻が不倫に走るケースもあるのです。

この記事では単身赴任中の夫・妻の不倫を見抜く方法や不倫を防ぐ方法を解説します。

目次
  1. 単身赴任中の夫が不倫・浮気をする理由
    1. 家庭に縛られず独身時代に戻ったような気分になるから
    2. 自由な時間が増える
    3. 孤独に耐え切れない
    4. 欲求不満
    5. 不倫をしてもバレにくい
  2. 単身赴任中に妻が不倫・浮気をする理由
    1. 単身赴任中に不倫・浮気をする理由は妻も同じ
  3. 単身赴任中の夫の不倫・浮気を見抜く方法
    1. 帰省の頻度をチェックする
    2. 抜き打ちで訪問する
    3. お金の使い方をチェックする
    4. こまめに掃除をしに行く
    5. わざと夜間に電話をしてみる
    6. 「浮気してるんじゃない?」と鎌をかけてみる
  4. 単身赴任中の妻の不倫・浮気を見抜く方法
    1. 単身赴任先の訪問頻度の変化をチェックする
    2. 化粧や髪形の変化をチェックする
    3. 服や下着の変化をチェックする
    4. 会う頻度が減った
    5. 抜き打ちで連絡してみる
    6. 態度の変化をチェックする
    7. 「浮気してないよな?」と鎌をかけてみる
  5. 単身赴任中の不倫・浮気を防ぐには
    1. 一緒に過ごす時間を大切にする
    2. 頻繁に訪問(帰省)する
    3. 料理を作り置きする
    4. LINEのテレビ電話やSkype、FaceTimeを利用する
    5. 何気ないことでもメールやLINEで共有する
    6. 居場所をGPSで共有できるようにする
    7. 単身赴任中の不倫・浮気で離婚した人の話をする
    8. 感謝の気持ちを持つ
  6. 単身赴任中の不倫・浮気を疑ったら
    1. 単身赴任中の不倫・浮気の証拠を収集できない場合
  7. 不倫関係を解消させて夫婦関係を修復する方法
  8. 単身赴任中の不倫を理由に離婚するなら弁護士に相談
  9. まとめ

単身赴任中の夫が不倫・浮気をする理由

なぜ単身赴任中に不倫や浮気をしてしまうのでしょうか。まず、単身赴任によって家を出た夫側の理由について見ていきます。

家庭に縛られず独身時代に戻ったような気分になるから

単身赴任が決まると心のなかで歓喜する夫もいます。

結婚すると家族が増えます。自分を支えてくれる家族が増えるというのは、結婚の醍醐味でもありますが、一人になりたくてもなれないというデメリットもあります。

単身赴任は家族と離れて一人暮らしをしますから、独身時代の気持ちに戻り、不倫や浮気に走ることもあるようです

自由な時間が増える

家族と同居していると、家に帰ってもなかなか自分の時間が取れません。一方、単身赴任であれば家に帰っても家族に気を使う必要がありません。

また、単身赴任では赴任先の近くに住むことが多いため、通勤時間も短くなり自由な時間が増えます。自由な時間が増え、家族の目を気にする必要がなくなるため、不倫や浮気をする機会が増えるのもうなずけます

孤独に耐え切れない

単身赴任中は家に帰ると一人ぼっちになります。そのため、孤独に耐え切れず不倫や浮気に走ることもあるようです

欲求不満

単身赴任中は妻とのセックスができません。性欲が強い男性が一人暮らしをすると、欲求不満で浮気や不倫に走ることがあります

不倫をしてもバレにくい

結婚しているかどうかに関わらず、もともと浮気願望がある人もいます。このような人にとって、単身赴任中は不倫や浮気がバレにくいため、願ったり叶ったりの状況と言えるでしょう

関連記事≫≫
不倫のきっかけは身近にあった!バレるきっかけ&不倫で背負うリスクとは?

単身赴任中に妻が不倫・浮気をする理由

夫が単身赴任中は妻も不倫や浮気をしやすいと言われています。単身赴任中に妻が不倫や浮気に走る理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

単身赴任中に不倫・浮気をする理由は妻も同じ

単身赴任中に妻が不倫や浮気をする理由は基本的に夫と同じです。

子供がいない夫婦や子供が独り立ちしている場合、家に帰れば一人になります。孤独に耐え切れず、寂しさを紛らわすために不倫や浮気に走ることもあるようです

また、子育てに追われている時期に夫が単身赴任をすると、妻はワンオペ育児となるため、ストレスが溜まります。

愚痴を言ったり、頼りたいと思っても夫は傍にいない…そんなとき、優しくしてくれる男性が近くにいたら心が動いてしまうこともあるでしょう。

一方、夫の単身赴任中は不倫がバレにくいため、浮気性の女性にとっては、これ幸いとばかりに不倫に走ることもあります。

関連記事≫≫
育児に非協力的な夫と離婚できる?ワンオペ育児で離婚にいたる原因と対処法。
妻の浮気が原因で離婚するとき後悔しないための 5つの注意点

単身赴任中の夫の不倫・浮気を見抜く方法

単身赴任中の夫の不倫・浮気を見抜く方法

単身赴任中の夫の不倫や浮気を見抜くにはどうすれば良いのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

帰省の頻度をチェックする

夫が帰省する頻度が減ってきたケースや、妻や家族が夫の赴任先に行こうとすると「忙しい」などと言って拒否する場合は注意が必要です。

抜き打ちで訪問する

単身赴任先を訪れることを事前に夫に伝えれば、不倫や浮気の証拠を隠そうとするでしょう。そのため、事前に知らせることなく、突然単身赴任先を訪問するのも良いでしょう。

夫からすれば、まさか妻が単身赴任先に来るとは思っていませんから、不倫や浮気の事実を示すものがあったとしても隠すことができません

お金の使い方をチェックする

単身赴任をしていても、クレジットカードなどの明細書は自宅へ届きます。そのため、明細書などをチェックし、不自然なお金の使い方がないか確認するのも良いでしょう

こまめに掃除をしに行く

単身赴任中の不倫は妻が赴任先を掃除することで発覚するケースが多くあります。例えば、以下のようなケースは夫が不倫や浮気をしている可能性があります。

  • 明らかに夫のものではない髪の毛が落ちている
  • 片付けが下手なのに部屋が綺麗に片付いている
  • 自炊しないのに冷蔵庫に食材がたくさんある
  • スキンケアグッズや生理用品などが置かれてある など

単身赴任中の夫の不倫や浮気をチェックするためにも、こまめに赴任先を訪問し、部屋の掃除を行うと良いでしょう

わざと夜間に電話をしてみる

単身赴任先にわざと夜間に電話するのも良いでしょう。性行為の最中やその前後など、不倫相手と夫に肉体関係がある場合は電話口から聞こえる音や声、夫の態度などから異変を察知できることがあります

一方、不倫相手との間に肉体関係がない場合、この方法はあまり効果的ではありません。

関連記事≫≫
不倫はどこからが法律違反?浮気で慰謝料請求できる境界線は?

「浮気してるんじゃない?」と鎌をかけてみる

「単身赴任先で浮気してるんじゃないの?」と夫に鎌をかけてみるのも良いでしょう。心当たりがある場合は、以下のような行動が見られます。

  • 動揺する
  • 目が泳ぐ
  • 無視する
  • 何でもないように装う
  • ムキになって否定する など

夫がどのような態度を取るかは人によって違います。日頃から、嘘をついたときの夫の言動をチェックしておくと良いでしょう

単身赴任中の妻の不倫・浮気を見抜く方法

単身赴任中の妻の不倫や浮気をチェックするには以下のような方法があります。

単身赴任先の訪問頻度の変化をチェックする

単身赴任中の夫の浮気や不倫をチェックするのと同様に、夫の単身赴任先を妻が訪問する頻度に変化がないかチェックしましょう。

体調不良など特別な理由がないのに訪問頻度が減っている場合は要注意です

化粧や髪形の変化をチェックする

帰省したり、赴任先に妻が訪問した際、以前より化粧が濃くなっていたり、髪型が大きく変わっていたら注意しましょう。

服や下着の変化をチェックする

服や下着の趣味が変わったときも要注意です。特に下着の趣味が変わるということは、「下着を誰かに見せる可能性がある」ということです

会う頻度が減った

単身赴任先に妻が訪れる頻度だけでなく、夫が帰省するのを拒んだり、会う頻度が減るのも不倫や浮気の可能性があります。

抜き打ちで連絡してみる

いきなり妻に電話したり、事前連絡なしで帰省してみるのも良いでしょう。このとき、以下のような反応がある場合は、不倫や浮気を疑っても良いかもしれません。

  • 仕事中でもないのに電話がつながらないことが増えた
  • 急に帰省すると動揺する など

態度の変化をチェックする

妻が単身赴任先を訪問したときや帰省した際は、妻の態度に変化がないかチェックすると良いでしょう。特に、下記のような変化が見られたら注意が必要です。

  • キスやセックスなど、スキンシップを避けるようになった
  • 夫に関心がない
  • やけに優しくなった など

「浮気してないよな?」と鎌をかけてみる

「夫の単身赴任中は妻が不倫に走るケースも多いらしいよ」と鎌をかけてみて、妻の反応を探ってみましょう。焦ったり、無視したり、ムキになったりしたら要注意です

単身赴任中の不倫・浮気を防ぐには

単身赴任中の不倫・浮気を防ぐには

単身赴任中は不倫や浮気に走りやすい状況とはいえ、全員が不倫・浮気をしているわけではありません。では、単身赴任中の不倫や浮気を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

一緒に過ごす時間を大切にする

日頃離れて暮らしているからこそ一緒に過ごす時間を大切にしましょう。

ただ何気なく帰省して、顔を見て帰る… もちろん、それだけでも会う意味はあります。しかし、一緒にいる時間をどう過ごすかによって、帰省する側も迎え入れる側も心の持ち方が変わってきます

夫が帰省した際は一緒にお風呂に入る、家族みんなで〇〇に行くなど、夫が妻や家族と会いたくなるようなことを計画しましょう。

これは夫側も同じです。妻が訪問する際にどう過ごすかを考え、一緒にいる時間を楽しめるように工夫することが大切です。

頻繁に訪問(帰省)する

夫婦で過ごす時間を充実させるのも大切ですが、帰省や訪問頻度を増やすのも効果的です。頻繁に会うようにすることで、浮気や不倫に時間を割くことができなくなります

料理を作り置きする

単身赴任先を訪問する際は、ぜひ手料理を作り置きしておきましょう。夫の好みや健康を意識して作った手料理なら妻の愛情を感じてもらえるはずです

LINEのテレビ電話やSkype、FaceTimeを利用する

LINEにはテレビ電話(ビデオ通話)機能があります。LINEのテレビ電話と同様の機能はSkypeFaceTime(アップル製品搭載アプリ)にもあります。

いまや、離れていても顔を見ながら家族と会話ができる時代です。これらの機能を使い、妻や家族の 顔を見ながら食事や会話をすれば、浮ついた気持ちも起きにくくなるでしょう

何気ないことでもメールやLINEで共有する

子供の成長やちょっとしたことをメールやLINEで共有するのも良いでしょう。子育てに奮闘し、家を守ってくれている妻の姿を見れば不倫や浮気をしようなどとは思えないはずです

居場所をGPSで共有できるようにする

スマホのGPS機能を使うのも浮気防止に役立ちます。

ただし、GPS機能をインストールするには本人の許可が必要です。無断でインストールしてはいけません。

とはいえ、「浮気チェックのためにGPS機能を使う」といえば、誰だって不快ですよね。そこで、「防犯目的」あるいは「家族で居場所を共有するため」など、家族が安心して暮らすためであることを伝えてから利用することも大切です

単身赴任中の不倫・浮気で離婚した人の話をする

単身赴任中に不倫をして離婚した人の話をするのも一つです。「単身赴任中に浮気したら、離婚することになるかもしれない」と思わせておくと良いでしょう

感謝の気持ちを持つ

そもそも、なぜ単身赴任を選択しているのでしょうか。本来なら夫婦は一緒に暮らしたいと思っているはず。しかし、業務命令で、つまり家族を養うために夫が転勤に応じているのです。

そして、妻が夫についていかないのは、親の介護や子育てのためなど、さまざまな理由があるわけです。

「家族を養うために頑張ってくれてありがとう」「介護や子育てを一人でこなしてくれてありがとう」

相手に対して感謝の気持ちを持ち続けていれば、不倫や浮気をしようなどとは思わないはずです。

また、感謝の気持ちを抱くことは相手の浮気防止にもつながります。「亭主元気で留守良い」というフレーズが流行したことがあるように、「夫はお金だけ入れて、家にいないほうが良い」と思う妻もいるでしょう。

しかし、妻からの感謝の気持ちを感じられずにいると、夫は家族のために頑張ろうという気持ちも失せてしまいます。

相手に対する感謝の気持ちを忘れてしまうと、「家族から必要とされていないなら遊んでやる!」と不倫や浮気に走ってしまうかもしれませんよ

単身赴任中の不倫・浮気を疑ったら

単身赴任中の不倫・浮気を疑ったら

単身赴任中の不倫や浮気に気づいたら、相手を問い正したくなるでしょう。しかし、まずは落ち着きましょう。

大前提として、単身赴任中の不倫や浮気を立証する証拠はありますか?

「帰省(訪問)する頻度が減った」「服装が変わった」「電話がつながらない」

これらの行動は確かに疑わしいですが、不倫や浮気を立証できる証拠にはなりません。離婚するにしろ、夫婦関係を修復するにしろ、不倫や浮気を立証できる証拠を集めることが先決です。

関連記事≫≫
不倫の証拠の集め方3選!夫(妻)の行動から浮気を見破る方法とは。

単身赴任中の不倫・浮気の証拠を収集できない場合

単身赴任中は夫婦が別々に生活しているため、不倫や浮気の証拠を収集できないケースがあります。

このような場合、探偵事務所に依頼するのが効率的です。もちろん、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば費用がかかります。しかし、有効な証拠が何もない状態では離婚や慰謝料請求はできません

また、不倫関係を解消させる場合も証拠がなければ相手に白を切られてしまいます。自分で証拠を集めるとなると労力も時間もかかるため、探偵事務所に証拠を集めてもらったほうが効率的です。

不倫関係を解消させて夫婦関係を修復する方法

不倫に気づき、夫婦関係を修復するには、まず「なぜ単身赴任を選択しているのか」を二人で話し合いましょう。

前述のとおり、単身赴任を選択したのは互いに理由があるからです。夫婦で単身赴任を続ける意味を話し合い、互いに感謝をすることが大切です

会社によっては単身赴任の解消に応じてくれるところもありますので、相談してみても良いでしょう。

関連記事≫≫
離婚寸前の夫婦関係を修復する方法は?修復可能なケースとは?

単身赴任中の不倫を理由に離婚するなら弁護士に相談

単身赴任中の不倫を理由に離婚すると決めたら弁護士に相談することをおすすめします。

離婚では慰謝料や財産分与、子供がいる場合は親権や養育費など決めなければならないことがたくさんあります。しかし、当事者同士で話し合いを行うと、感情的になってしまい、なかなか話が進まず長期化することもあります。

弁護士に依頼すれば、論理的に相手と交渉をしてくれるため、話し合いがスムーズに進みやすくなります

関連記事≫≫
離婚に強い弁護士の選び方って?弁護士選びで失敗しないポイント。

まとめ

単身赴任中は不倫や浮気をしやすいと言われます。離れて暮らしているからこそ、コミュニケーションを取り、互いを思いやる気持ちを持つことが大切です。

もし、「配偶者が不倫しているかもしれない」と思ったら、まずは証拠を集めることが大切です。

単身赴任を選択したということは何らかの理由があったはず。総合的に考えてどうしても離婚したいと思ったら弁護士に相談しましょう。

当サイト「離婚弁護士相談リンク」は離婚問題に強い弁護士を厳選して掲載しています。依頼するかどうかは相談してから決めることもできますので、ぜひ気軽にご利用ください。

離婚コラム検索

離婚の不貞行為のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ