妊娠中に夫(妻)が不倫!妊娠中に浮気されやすい理由と対処法

不貞行為
妊娠中に夫(妻)が不倫!妊娠中に浮気されやすい理由と対処法

不倫のニュースを見ていると、「出産のため妻は里帰り中だった」「第一子を妊娠中だった」ということを聞いたことがありませんか? 実は、妻の妊娠中は夫が不倫や浮気をしやすいと言われています。

この記事では妻の妊娠中に不倫や浮気をしやすい理由や浮気されたときの対処法について解説します。

目次
  1. 妻の妊娠中に夫はなぜ不倫するのか
    1. セックスの回数が減ってしまうから
    2. 妊娠中の妻は情緒不安定なりがちだから
    3. 妻がかまってくれないから
    4. 現実逃避のため
  2. 妊娠中は妻も不倫に走ることがある
  3. 妊娠中に妻が不倫に走る理由
    1. 夫に浮気されたから
    2. 夫が女として見てくれないから
    3. 母親になる覚悟がないから
    4. 遊べるうちに遊んでおきたい
  4. 妊娠中に夫に浮気されないためには
    1. ストレスを溜めない
    2. コミュニケーションをとる
    3. 妊娠中のセックスについて話し合う
  5. 妊娠中の妻に浮気されないためには
    1. なるべく妻のそばにいてあげる
    2. 家事を手伝う
    3. 「綺麗だよ」「可愛いよ」と言ってあげる
  6. 妊娠中に夫(妻)の不倫を疑ったら
  7. 妊娠中の不倫が発覚してから関係を修復するには
  8. 妊娠中の不倫を理由に離婚を考える前に
    1. 離婚後経済的にやっていけるのか
    2. 子供への影響
    3. 身の回りにサポートしてくれる人がいるか
  9. 妊娠中の不倫を理由に離婚する方法
    1. 不倫相手にも慰謝料を請求できる
  10. まとめ

妻の妊娠中に夫はなぜ不倫するのか

なぜ、妻が妊娠中に夫が不倫や浮気に走るのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

セックスの回数が減ってしまうから

妻が妊娠中かどうかに関わらず、男性の体内では常に精子が作られます。

精液が溜まると男性は性欲が強くなります。しかし、妊娠中は妻の体調がよくないことも多く、「セックスしたい」と思ったときにセックスができるわけではありません。

また、妻がセックスに応じてくれたとしても、胎児への影響を気にして、あまり激しいセックスはできません。妊娠中は妻と満足のいくセックスができないため、不倫や浮気に走るようです

関連記事≫≫
セックスレスが原因の浮気や不倫!離婚や慰謝料請求は認められるのか

妊娠中の妻は情緒不安定なりがちだから

妊娠中、女性はホルモンバランスが崩れるため、身体だけでなく精神的にも変化します。

妊娠中の女性にとって出産は大きな不安要素でもあります。さらに、ホルモンバランスの乱れによってイライラしたり、ちょっとしたことで落ち込むなど、情緒不安定になることで夫にきつく当たってしまうこともあるようです。

妊娠中の妻の精神状態を理解できず、ほかの女性に走ってしまうことがあるようです

妻がかまってくれないから

妊娠中、妻は通院や出産準備で忙しくなります。さらに、妊娠中は情緒不安定になりがちですので、夫の相手をする時間も余裕もなくなります。

妻から相手にされないことで夫は寂しさを感じ、ほかの女性に癒しを求めることもあるようです

現実逃避のため

妻は妊娠によって「母親になる」という実感を得ることになります。しかし、夫は妊娠しないため、父親になることに対して漠然とした恐怖や不安を感じることもあります

このとき、現実から逃げるために浮気や不倫に走ることがあります。

妊娠中は妻も不倫に走ることがある

妊娠中の不倫(浮気)といえば、「夫がするもの」という印象を持つことが多いでしょう。しかし、妊娠中は妻も不倫や浮気に走ることがあるのです

関連記事≫≫
妻の浮気が原因で離婚するとき後悔しないための 5つの注意点

妊娠中に妻が不倫に走る理由

愛する夫との子供を身籠っていながら、なぜ妻は不倫に走るのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

夫に浮気されたから

前述のとおり、妻の妊娠中は夫が不倫や浮気に走ることがあります。妻が夫の浮気を知って、「こっちだって浮気してやる!」と考えることがあるようです

夫が女として見てくれないから

妊娠中はお腹が大きくなり、どんどん体型が変化します。お腹の子供が順調に育っていることに喜びを感じる一方、自分の身体が変わっていくことに悲しみを覚える人もいます。

さらに、妊娠中の身体を見た夫が妻を女性として見てくれないようなことがあると、妻のショックは大きくなります。

体型が変化しても自分のことを女性として見てくれる男性がいたら、気持ちが揺らいでしまうこともあるでしょう

母親になる覚悟がないから

まだ妊娠する予定はなかったのに妊娠してしまうケースもあります。

一般的に妊娠することで女性は母親としての自覚が芽生えますが、妊娠するつもりがなかった場合は「まだ母親になりたくない」と思っていることがあります。

「まだ女としてあつかわれたい」「遊びたい」と考え、不倫に走るようです

遊べるうちに遊んでおきたい

母親になると家事や育児に追われてしまうため、自分の時間がほとんどなくなります。そのため、「子供が生まれる前に遊んでおきたい」という気持ちが生まれ、浮気をしてしまうこともあるようです

妊娠中に夫に浮気されないためには

妊娠中に夫に浮気されないためには

妊娠中、夫に不倫や浮気をされないためにはどうすれば良いのでしょうか。以下で詳しく説明します。

ストレスを溜めない

前述のとおり、妊娠中の女性は情緒不安定になりがちで、イライラしたり、夫にきつく当たることもあります。妊娠中の妻の状況について夫が理解してくれれば良いのですが、実際はそううまくいきません。

相手の理解を得ようとするより、自分自身をコントロールするほうが確実です。そのためにも、妻も「妊娠中は情緒不安定になりやすい」ということを理解しておくことが大切です

ホルモンバランスの崩れは自分でどうにもできませんが、ストレスを発散することなら可能です。カラオケに行ったり、友だちとしゃべったりするなど、自分に合った方法でストレスを発散しましょう。

コミュニケーションをとる

ストレス発散だけでなく、妊娠中の女性について夫に理解を求めることも大切です。前述のとおり、妊娠中の女性の状況について、理解していない男性が多いのが現実です。

妊娠中は情緒不安定になりやすいことや出産に不安を感じていることなどを夫に伝え、自分の辛さや不安について話し合い、理解を求めましょう

妊娠中のセックスについて話し合う

妊娠中はこれまでのようにセックスができません。したがって、妊娠中のセックスをどうするかを話し合いましょう。

まったくセックスができないのか、頻度を減らせばセックスできるのか、オーラルセックスなら可能かなど、包み隠さず話し合い、歩み寄りを図りましょう

「セックスができない」と断る場合、セックスができない理由や一時的なものであることを伝え、男心を傷つけないようにしましょう。

妊娠中の妻に浮気されないためには

妊娠中は妻も不倫や浮気に走ることがあります。では、妊娠中の妻に浮気されないためにはどうすれば良いのでしょうか。

なるべく妻のそばにいてあげる

妊娠中は身体も心も不安定になりがちです。「いつも夫がそばで支えてくれる」「愛されている」と妻が感じていれば、不安な気持ちも和らぎ、浮気心もなくなるでしょう

家事を手伝う

妊娠中は体調が変化しやすいだけでなく身体を動かすのも辛いことがあります。すべてを代わってあげる必要はありませんが、できるだけ家事を手伝い、妻の負担を減らそうとすることが大切です。

時間を作って家事を代わってくれたり、妻を支えようとする姿を見れば、妻も不倫や浮気をしようとは思わないでしょう

「綺麗だよ」「可愛いよ」と言ってあげる

妊娠によって女性は体型が大きく変化します。大きくなったお腹を見て自分の見た目に自信をなくすこともあります。このとき、夫以外の男性から優しくされたり、女性扱いされれば心が揺れ動くこともあります。

そのため、夫も妻に愛情を注ぎ、「可愛いよ」「綺麗だよ」と声をかけ、妻が女性としての自信を失わないように心がけることが大切です

妊娠中に夫(妻)の不倫を疑ったら

妊娠中に夫や妻の不倫を疑ったら、まずは本当に不倫や浮気をしているのかを確認する必要があります。

言動や態度が怪しいからといって、「浮気してるでしょ!」と詰め寄ったりしてはいけません。不倫や浮気の証拠を集めてから、夫婦関係を修復するのか、離婚をするのか考えるようにしましょう

なお、不倫を理由に離婚や慰謝料請求をするなら、不貞行為があったという証拠が必要です。

不貞行為とは配偶者以外の異性と肉体関係を持つことです。例えば、夫(妻)と不倫相手が二人でラブホテルに出入りする写真などが証拠として有効になります。

しかし、素人だけで不貞行為を立証できる証拠を集めるのは困難です。このような場合、探偵に証拠集めを依頼すると良いでしょう。

探偵に証拠集めを依頼すると費用がかかりますが、証拠がなければ話を進めることができません。

「お金ももったいないし、一時的な浮気なら目をつぶろう」と思うかもしれません。しかし、一時的な浮気だと思っていたにも関わらず、出産後も不倫関係が続くことがあります。

関係を修復するにしろ離婚するにしろ、有効な証拠を集めて対応を考える必要があります。

妊娠中の不倫が発覚してから関係を修復するには

妊娠中の不倫が発覚してから関係を修復するには

妊娠中の不倫や浮気が発覚し、離婚せず関係を修復するにはまず夫婦で話し合うことが必要です。なぜ不倫をしたのか理由を聞き、二度と繰り返さないように誓約書を書いてもらいましょう

このとき、不倫をした理由に対し、ある程度こちら側が理解を示してあげると誓約書への記入に応じやすくなります。

妊娠中の不倫を理由に離婚を考える前に

妊娠中の不倫が発覚し、離婚を考えることもあるでしょう。でも、ちょっと待って!妊娠中の不倫を理由に離婚を切り出す前に考えることがあります。

以下で説明する内容を考慮して、本当に離婚すべきかどうかを慎重に考えましょう。

離婚後経済的にやっていけるのか

妊娠中に離婚すると、子供の親権は妻が持つことになります。出産後であっても親権は母親が持つことが多いです。つまり、離婚後は生まれたばかりの子供を母親が一人で育てていかなければならないということです。

子供が生まれた直後は働くこともできません。しかし、離婚後は自分だけでなく子供の分も生活費を確保しなければなりません。

また、母子家庭は賃貸契約の審査に通りにくいため、家探しが困難な傾向があります。離婚後の生活費や住む家など、総合的に考えてやっていけるのかどうか慎重に考えましょう

関連記事≫≫
母子家庭向けの手当や制度って?シングルマザーが安定して暮らす方法

子供への影響

両親の離婚は少なからず子供に影響をおよぼします。

子供というのは残酷です。大きくなって友だちができたら「どうしてお父さん(お母さん)がいないの?」と聞かれたり、からかわれることもあるかもしれません。

また、妊娠中に父親(母親)が不倫をしたことを子供が知った場合、「自分はお父さん(お母さん)から捨てられた。自分も捨てられるかもしれない」と思い込み、不安になることがあります

関連記事≫≫
妊娠中に離婚!生まれてくる子供の親権や養育費、戸籍はどうなる?

身の回りにサポートしてくれる人がいるか

一人で小さな子供を育てていくのは大変です。いざというときのために、親や兄弟など、サポートしてくれる人がいるかどうか確認しましょう

もし、誰からもサポートが得られないようであれば、離婚後の生活は負担が大きいものとなります。

妊娠中の不倫を理由に離婚する方法

妊娠中の不倫を理由に離婚すると決めたら、配偶者に慰謝料を請求できます。

妊娠中ですので、少なくとも10か月前までは夫婦生活があったことになります。不倫が始まるまで夫婦関係が破綻しておらず不倫によって夫婦関係が破綻した場合、配偶者に慰謝料を請求できます

なお、不倫前の夫婦関係が良好であればあるほど、不倫の慰謝料は増額できる可能性があります。

不倫相手にも慰謝料を請求できる

不倫は配偶者の不倫相手にも慰謝料を請求できます。

ただし、慰謝料は一つの不法行為に対して支払われるものです。配偶者と不倫相手の両方に慰謝料を請求したからといって、受け取る慰謝料の金額が増えるというわけではありません

関連記事≫≫
不倫の慰謝料請求をしたい!夫(妻)や不倫相手に増額請求する方法。

まとめ

妊娠中の不倫について解説しました。

妊娠中の女性は身体も心も不安定になりがちです。妊娠中の女性について夫婦で理解を深め、セックスをどうするかなど夫婦でしっかりと話し合いましょう。

妊娠中に夫(妻)の不倫や浮気を疑ったら探偵に依頼し、証拠を集めることが先決です。もし、妊娠中の不倫や浮気を理由に離婚を考えたら、離婚後の生活や子供への影響をしっかり考えましょう。

それでも離婚すると決めた場合は弁護士に相談しましょう。当サイト「離婚弁護士相談リンク」は離婚問題に強い弁護士を多数掲載しています。ぜひお役立てください。

離婚コラム検索

離婚の不貞行為のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ