性格の不一致で離婚したい!離婚するための注意点や方法を徹底解説。

その他離婚理由
性格の不一致で離婚したい!離婚するための注意点や方法を徹底解説。

離婚の原因の一つに「性格の不一致」というのがあります。しかし、離婚原因を定める民法には「性格の不一致」という記載はありません。では、性格の不一致を理由に離婚が認められるのはどのような場合でしょうか。

この記事では、性格の不一致を理由に離婚するにはどうすれば良いのかについて詳しく解説します。

目次
  1. 性格の不一致を理由に離婚する夫婦は多い
  2. 性格の不一致で離婚にいたる理由
  3. 性格の不一致を理由に離婚できるのか
    1. 性格の不一致という理由だけで法的に離婚を認めてもらうのは難しい
    2. 性格の不一致で離婚できるケースとは
  4. 性格の不一致を理由に慰謝料請求できるのか
    1. 離婚慰謝料には2種類ある
    2. 性格の不一致だけで慰謝料の支払いが認められる可能性は低い
    3. 性格の不一致だけで慰謝料の支払いが認められるケースとは
    4. 性格の不一致のほかに離婚原因があれば慰謝料が支払われることも
    5. 性格の不一致の慰謝料相場
  5. 性格の不一致を理由に離婚するには
    1. 性格の不一致だけを理由に離婚するなら協議離婚の成立を目指す
    2. 協議離婚が成立しない場合は離婚調停で解決を図る
    3. 裁判に進んだら法定離婚事由が必要
  6. 性格の不一致を理由に離婚を考えたら
    1. 新婚はケンカがつきものと考える
    2. 価値観が同じかどうか
    3. プチ別居をしてみる
    4. 子供への影響を考えてみる
  7. 性格の不一致を理由に離婚するなら弁護士に相談
  8. まとめ

性格の不一致を理由に離婚する夫婦は多い

平成29年度の司法統計によると、男性・女性ともに「性格の不一致」を理由に離婚する人が最も多いことがわかりました。

参考:裁判所「19 婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別 全家庭裁判所」   

この世にまったく同じ性格の人などいません。夫婦といえども他人です。別々の生活を送ってきた2人が共同生活を始めるわけですから、生活習慣や感覚が違うのは当然です

また、「性格の不一致」と言っても、夫婦によって具体的な内容は異なります。「性の不一致」や「金銭感覚の違い」「子供の教育方針の違い」など、夫婦によってさまざまな理由があります。

関連記事≫≫
夫婦が離婚する原因ランキング|最も多い理由は“性格の不一致”!

性格の不一致で離婚にいたる理由

夫婦の性格が違うのは当然です。結婚前は気付かなかったけれど、一緒に生活してみて初めてわかる部分もあります。

その違いを互いに受け入れることができれば何も問題はありません。しかし、性格の違いを不快に感じ、不満が積み重なってしまうと離婚に発展することもあるのです

性格の不一致を理由に離婚できるのか

性格の不一致を理由に離婚するには

性格の不一致という理由だけで離婚できるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

性格の不一致という理由だけで法的に離婚を認めてもらうのは難しい

離婚には協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4つの離婚の方法があります。協議離婚は文字通り夫婦が話し合い、合意することで成立する離婚の方法です。

通常、離婚する際はまず夫婦で話し合いを行い、協議離婚が成立しない場合に調停、裁判へと進みます。

協議離婚であれば、どのような理由でも離婚できます。しかし、話し合いがまとまらず、裁判まで進んだ場合は民法で定める以下の5つの法定離婚事由がなければ離婚が認められません。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みのない精神病
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

性格の不一致は法定離婚事由にありません。そのため、「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するかどうかが問われることになります

性格の不一致で離婚できるケースとは

前述のように、協議離婚であればどのような理由でも離婚できます。しかし、性格の不一致を理由に裁判で離婚を認めてもらうには、「夫婦関係が破綻していて関係を修復することが困難である」とみなされる必要があります

性格の不一致により婚姻関係を継続し難い重大な事由と判断されるケースには以下のようなものがあります。

  • 嫉妬や束縛が激しく、配偶者の行動を制限しているケース
  • 性格の不一致によって長期間別居しているケース

関連記事≫≫
よくある離婚の原因は?理由がなく離婚はできる?
離婚に必要な条件とは?離婚にあたって相手に交渉すべき条件は?

性格の不一致を理由に慰謝料請求できるのか

離婚する際、状況によって慰謝料請求できることがあります。詳しく見ていきましょう。

離婚慰謝料には2種類ある

離婚慰謝料には理論的には以下の2種類があります。

離婚自体慰謝料

離婚自体慰謝料とは、離婚させられることによって被った精神的苦痛に対する慰謝料のことをいいます。いきなり離婚を切り出され、合意せざるを得ない苦痛に対して支払われます。

離婚原因慰謝料

離婚原因慰謝料とは、離婚原因に相当する有責行為によって被った精神的苦痛に対する慰謝料のことをいいます。

実際の離婚裁判では、離婚原因の有無によって慰謝料の可否を判断しているため、離婚自体慰謝料と離婚原因慰謝料を区別して考えることはほとんどありません

したがって、不貞行為やDVなどの不法行為があった場合にのみ離婚慰謝料が認められるのが一般的です。

性格の不一致だけで慰謝料の支払いが認められる可能性は低い

性格の不一致で離婚する場合、どちらが悪い(有責である)と言うことはできません。そのため、性格の不一致だけを理由に慰謝料の支払いが認められる可能性は低くなります

性格の不一致だけで慰謝料の支払いが認められるケースとは

性格の不一致だけで慰謝料の支払いが認められることはほとんどありません。

しかし、夫婦の一方が離婚を希望していて、もう一方が離婚に応じない場合、「慰謝料(お金)を払う代わりに離婚に合意してもらう」ということがあります

慰謝料というと「不法行為があった」と受け取られる可能性があるため、解決金と呼ぶのが一般的です。

性格の不一致のほかに離婚原因があれば慰謝料が支払われることも

性格の不一致で夫婦関係が悪化したとしても、それによって不貞行為などの不法行為におよんだ場合は慰謝料が支払われる可能性があります

性格の不一致の慰謝料相場

前述のように性格の不一致だけを理由に慰謝料が支払われることはほとんどありません。

しかし、性格の不一致によって関係性が悪くなり、不貞行為などの不法行為におよんだ場合は慰謝料の支払いを認めてもらえる可能性があります

ただし、性格の不一致による慰謝料は高くて50万円程度と、ほかの離婚理由と比べて慰謝料相場が低額になります。

関連記事≫≫
離婚慰謝料に関する正しい知識を身につけて適正価格を請求するには!

性格の不一致を理由に離婚するには

性格の不一致を理由に離婚するにはどうすれば良いのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

性格の不一致だけを理由に離婚するなら協議離婚の成立を目指す

性格の不一致だけを理由に離婚するなら協議離婚の成立を目指しましょう。協議離婚であれば、どのような離婚理由であっても夫婦が合意すれば離婚が成立するため、スムーズに手続きを進めることができます

では、話し合いで相手が離婚に合意しない場合はどうすれば良いのでしょうか。

性格の不一致を夫婦で認識する

相手が離婚に合意しない場合、相手は「夫婦関係は良好だ」と勘違いしている可能性があります。それなのに「性格が合わないから離婚してほしい」と言われても受け入れられないのは当然でしょう。

この場合、まずは夫婦で互いの性格の不一致箇所を確認し、どのようなときに、どう感じるのか理解してもらいましょう。さらに、「これは離婚しないと解決しない」ということも理解してもらうことが大切です。

夫婦生活を続けると将来が不安であることを伝える

このまま一緒に暮らし続けても、いずれ破綻してしまうことを伝えましょう。先延ばしせず、今離婚することがお互いにとって良いのだということを理解してもらいましょう

離婚の意思が固いことを示す

離婚の意思が固いことを理解してもらいましょう。遠まわしに言ったり、冗談っぽく言うのではなく、毅然とした態度で伝えましょう

協議離婚が成立しない場合は離婚調停で解決を図る

協議離婚が成立しない場合は家庭裁判所に離婚調停を申し立てます。離婚調停は調停委員や裁判官を介して夫婦が話し合いで解決を図る方法です。

離婚調停では、夫婦が直接顔を合わせて話し合うわけではないため、感情的になりにくく、冷静に話し合いを進めやすくなります

ただし、離婚調停はあくまで話し合いによって解決を図る方法ですので、必ず離婚が成立するとは限りません。

裁判に進んだら法定離婚事由が必要

離婚調停でも離婚が成立しない場合は訴訟を起こし、裁判で離婚を認めてもらうことになります。

離婚裁判では法定離婚事由が必要です。性格の不一致は法定離婚事由ではないため、「長期間別居している」「精神病を発症した」など、性格の不一致によって婚姻関係が破綻していることを証明する必要があります

性格の不一致を理由に離婚を考えたら

ここまで説明したように、性格の不一致だけを理由に離婚するのは難しい場合があります。

「性格が合わない」といっても、状況によって関係を修復できる可能性があります。離婚すべきかどうか判断するポイントを紹介します。

新婚はケンカがつきものと考える

別々の生活を送っていた2人が一緒に暮らすわけですから、衝突が増えるのは当然でしょう。一緒に暮らすことで判明したことのなかには、自分の常識や感覚とは違うものもあるでしょう。

自分の常識や感覚と違う部分があっても無理に相手に合わせる必要はありません。「この人はこういう人なんだ」と思うことができれば、自然と気にならなくなります

関連記事≫≫
新婚なのに離婚したい!離婚を考える原因と回避する方法

価値観が同じかどうか

性格が違うのは当然ですが、価値観が同じであれば何とかやっていけることもあります。価値観は完全に一致している必要はありません。相手の価値観を認められるようであれば十分です。

プチ別居をしてみる

性格の不一致を理由に離婚を考えたら、プチ別居してみるのも良いでしょう。数か月間別居してみて、冷静に夫婦関係を見直せば離婚すべきかどうかが判断しやすくなります

子供への影響を考えてみる

両親の離婚は子供の成長に大きな影響を与えます。例えば、両親が離婚し、転校や転園を余儀なくされると友人関係や生活環境が変わってしまいます。

また、ひとり親家庭になることで経済的に困窮すると、将来の夢や進学をあきらめなければならないケースもあります。

離婚は夫婦の問題です。子供は関係ありません。離婚をするかどうか迷ったら子供への影響を最低限に抑えることを考えましょう

関連記事≫≫
親の離婚が子供に与える影響|親権や面会についても解説

性格の不一致を理由に離婚するなら弁護士に相談

性格の不一致を理由に離婚できるかどうかは判断が難しいのが現状です。

協議離婚が成立すれば離婚できますが、「親権は誰が持つのか」「今住んでいる家はどちらが住むのか」など離婚は決めなければならないことが多くあります。

早く離婚したいからといって相手の提示する条件で離婚してしまうと不利になることもあります。

性格の不一致を理由に離婚する場合は早い段階で弁護士に相談し、どのように相手と交渉すべきかアドバイスをもらいながら進めることをおすすめします。弁護士なら、相談者の状況を考慮して適切な方法をアドバイスしてくれます。

関連記事≫≫
離婚に強い弁護士の選び方って?弁護士選びで失敗しないポイント。

まとめ

性格の不一致を理由に離婚する方法について説明しました。 話し合いが成立しない場合、性格の不一致だけを理由に離婚するのは難しいのが現状です。

夫婦とはいえ、他人ですから性格が違うのは当然です。本当に離婚すべきか、離婚して後悔することはないかなど、しっかりと考えましょう。

それでも離婚したほうが良いと判断したら、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

当サイト「離婚弁護士相談リンク」は離婚問題に強い弁護士を厳選して掲載しています。弁護士をお探しの際はぜひお役立てください。

離婚コラム検索

離婚のその他離婚理由のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ