旦那が浮気相手に本気かも?夫の不倫をやめさせて離婚を回避する方法

不貞行為
旦那が浮気相手に本気かも?夫の不倫をやめさせて離婚を回避する方法

「男は浮気をする生き物」と言われています。

しかし、初めは遊びのつもりだった浮気(不倫)が本気に変わることもあります。旦那の浮気を疑ったら、遊びの浮気(不倫)が本気に変わる前に早めに対応を取ることが必要です。

この記事では、浮気(不倫)相手に本気になっている旦那の特徴や旦那の気持ちを取り戻す方法について解説します。

目次
  1. 遊びの浮気(不倫)と本気の浮気(不倫)の違いは?
  2. 浮気(不倫)相手に本気になっている旦那の特徴とは
  3. 旦那が浮気(不倫)相手に本気になる瞬間とは
    1. 妻に不満があるとき
    2. 妻と価値観が合わないと感じたとき
    3. 家に帰っても安らげないとき
    4. 夫に関心がないとき
    5. 夫婦生活について悩んでいる
    6. 浮気(不倫)関係が長期間続いているとき
    7. 浮気相手が社内にいるとき
    8. 単身赴任中
  4. 旦那の浮気(不倫)をやめさせて妻への気持ちを取り戻すには
    1. 浮気(不倫)をした理由について話し合う
    2. 旦那に罪滅ぼしの機会を与える
    3. ある程度は旦那の財布を管理しておく
    4. こまめに連絡を取り合う
    5. 浮気防止用アプリを使う
    6. 女を磨く
  5. 旦那の浮気(不倫)をやめさせるためにやってはいけないこと
    1. 責め立てること
    2. 一方的に家を出ること
    3. 仕返しや嫌がらせをすること
    4. 夫の浮気(不倫)を見て見ぬふりをすること
  6. 旦那の浮気(不倫)を本気にさせないためには
    1. 夫を立てる
    2. 夫の相手をしてあげる
    3. 夫の浮気(不倫)を疑っていないように振舞う
    4. 夫に罪悪感を与える
  7. 旦那の浮気(不倫)が本気になっても離婚を回避するには
    1. 浮気(不倫)の証拠を入手する
    2. 自分の言動を振り返る
    3. 浮気(不倫)関係を解消させる
  8. 浮気(不倫)相手に本気になった旦那と離婚したいと思ったら
    1. 浮気(不倫)を理由に離婚するなら慰謝料を請求できる
  9. まとめ

遊びの浮気(不倫)と本気の浮気(不倫)の違いは?

遊びの浮気(不倫)と本気の浮気(不倫)の違いを説明する前に、まず浮気と不倫の違いを解説します。

  • 浮気:既婚者かどうかに関わらず特定のパートナー以外の異性と親密な関係になること
  • 不倫:既婚者が配偶者以外の異性と親密な関係になること

浮気と不倫に明確な定義があるわけではありませんが、上記のように使い分けられるのが一般的です。

場合によっては浮気と不倫を同義として扱ったり、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを不倫として扱うこともあります。この記事では浮気と不倫を同義とし、「配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」として扱います。

「男は浮気をする生き物だ」などと言いますが、男性は本当に愛している女性がいるにも関わらず、ほかの女性と肉体関係を持つことができる生き物です。

これは本命の女性に対する気持ちがなくなったわけではなく、本能的・生物学的なものなのです。妻を一番愛しているけれど、心が浮ついたことでほかの女性と関係を持ってしまった…これは「遊びの浮気(不倫)」と言えるでしょう。

しかし、妻よりも浮気相手と過ごす時間のほうが多かったり、妻よりも浮気相手に多くお金をかけるなど、妻よりも浮気相手の優先順位が高くなると「本気の浮気(不倫)」と言えるでしょう

浮気(不倫)相手に本気になっている旦那の特徴とは

遊びとわかっていても、旦那が浮気(不倫)をしていることに気づいたらつらいですよね。そのうえ、旦那が浮気(不倫)相手に本気になっているとしたらどうでしょう。

ほかの女に夢中になっている旦那と一緒に生活するのは大きなストレスですよね。浮気(不倫)相手に本気になっている旦那には以下の特徴があります。

  • 浮気(不倫)相手に貢いでいる
  • 浮気(不倫)相手と頻繁に連絡を取り合っている
  • 夫婦の記念日や家族のイベントに参加しない
  • 理由もないのにセックスを拒む
  • 浮気(不倫)していることを隠さないようになった
  • 離婚の準備をしている

たとえ、浮気(不倫)相手がいたとしても、妻のことを一番に考えているなら、妻との時間を優先するはずです。優先順位が変わるということは浮気(不倫)相手に本気になっている可能性があります

関連記事≫≫
夫(妻)の不倫を見抜く方法|浮気調査を探偵に依頼すべき理由を解説
不倫のきっかけは身近にあった!バレるきっかけ&不倫で背負うリスクとは?

旦那が浮気(不倫)相手に本気になる瞬間とは

男性が浮気(不倫)相手に本気になるのはどんなときでしょうか。以下で詳しく説明します。

妻に不満があるとき

一緒に生活していれば、相手に対して不満が生まれることもあるでしょう。妻に多少の不満があったとしてもそれほど気になるものでなければ、旦那は妻との生活を優先するでしょう。

しかし、旦那の給料が減ったときや降格となったとき、病気になったときなど、夫が困っているときにサポートするどころか心配すらしてくれない、旦那よりお金のことばかり妻が気にしているようだとどうでしょう。

そんなとき、妻よりも浮気相手のほうが自分のことを心配してくれたり、気遣ってくれるようだと旦那の気持ちが移ってしまうこともあるでしょう

妻と価値観が合わないと感じたとき

浮気や不倫に関わらず、妻と価値観が合わないと感じて喧嘩になることはあるでしょう。同じ人間はこの世にいませんから、妻と価値観が合わないこともあるでしょう。

このとき、「妻よりも価値観が合う」と感じる女性が現れると惹かれてしまうこともあるようです

家に帰っても安らげないとき

恋人同士だったときと違い、結婚すると家事や育児など夫婦で協力して支えあっていかなければなりません。

しかし、旦那が仕事で疲れて帰ってきたとき、育児や家事に追われてイライラしている妻を見ると、安らぐことができないということがあります。

このようなとき、ほかの女性に癒しを求めて浮気(不倫)に走り、「妻といるよりも居心地が良い」と感じて本気になることもあるようです

夫に関心がないとき

結婚すると妻は家事や育児、仕事で忙しく、夫の相手をする時間や気持ちの余裕がないこともあります。

もちろん、忙しいのは妻に原因があるわけではありませんが、夫は「妻から大切にされている」と感じることができず、疎外感を感じてしまうことがあります。

浮気相手なら自分の話を聞いてくれる、自分のことを大事にしてくれると感じたとき、浮気相手にのめり込んでしまうことがあるようです

夫婦生活について悩んでいる

夫婦生活で悩んでいる場合も浮気(不倫)相手に本気になる傾向があります。

男性は性に対するプライドが高い生き物です。妻にセックスを求めたにも関わらず断られてしまったら、深く傷つき自信をなくしてしまいます。

浮気(不倫)相手と身体の相性が良く、求めに応じてセックスしてくれるとしたら、浮気(不倫)相手にのめり込んでしまうこともあります

関連記事≫≫
夫婦生活の頻度は何回がベスト?|離婚を回避して愛を復活させる方法

浮気(不倫)関係が長期間続いているとき

同じ人(または物)に何度も接していると、人はその対象に対して好意を抱きやすくなると言われています。これを単純接触効果またはザイオンス効果と言います。

浮気(不倫)関係であっても、会う頻度が多く、長期間関係が続いている場合は「遊び」から「本気」に移る可能性があるのです

浮気相手が社内にいるとき

前述のとおり、同じ人に何度も接しているとその人に好意を抱きやすくなります。浮気(不倫)相手が夫と同じ職場にいる場合、顔を合わせる機会や一緒に過ごす時間が長くなるため、本気になりやすくなります

関連記事≫≫
社内不倫の代償は大きい!リスクを抑える不倫の終わらせ方と対処法。

単身赴任中

単身赴任中は浮気や不倫に走りやすいと言われています。

単身赴任中は妻や家族と離れて一人で生活するためことになります。妻と顔を合わせる頻度が減る一方、浮気(不倫)相手と会う頻度が増えるため、気持ちが移ってしまうことがあるようです

関連記事≫≫
単身赴任中の不倫を見抜く方法|浮気を防いで夫婦関係を修復するには

旦那の浮気(不倫)をやめさせて妻への気持ちを取り戻すには

旦那の浮気(不倫)をやめさせて妻への気持ちを取り戻すには

旦那の浮気(不倫)をやめさせ、妻への気持ちを取り戻すにはどうすれば良いのでしょうか。以下で詳しく見ていきます。

浮気(不倫)をした理由について話し合う

旦那の浮気(不倫)をやめさせるためには、「なぜ浮気(不倫)をしたのか」を知る必要があります。

「浮気癖は治らない」「不倫する人は繰り返す」などと言いますが、浮気や不倫をやめさせて気持ちを取り戻したいと思うなら、浮気(不倫)した理由を探り、繰り返させないことが大切です

浮気や不倫をした理由について夫婦で話し合い、思い当たるところがあれば改善し、関係修復を図りましょう。

旦那に罪滅ぼしの機会を与える

旦那が浮気や不倫をしたことを反省し、罪悪感を感じている場合は罪滅ぼしの機会を与えることも重要です。

人は罪悪感を持ったとき、罪滅ぼしをすることで心のバランスを取ります。しかし、その機会を奪われてしまうと罪悪感に苛まれてしまいます。

浮気や不倫をしたことを反省していると感じたら、罪滅ぼしの機会を与え、旦那の気持ちを楽にしてあげましょう

ある程度は旦那の財布を管理しておく

本人の許可を得たうえで、旦那の財布を管理しておくのも良いでしょう。浮気や不倫はお金がかかります。財布を妻が管理していれば、浮気や不倫のためにお金を使うことを避けるはずです

こまめに連絡を取り合う

妻から関心を持たれていないと思うと旦那の心は離れていきます。できるだけこまめに連絡を取り合うことが大切です。離れていても心がつながっていると思うことができれば妻を大切にしようと思うはずです

浮気防止用アプリを使う

最近は浮気防止用アプリというものも出ています。これは、配偶者のメールのやり取りや交通履歴、位置情報などを探り当てるものです。 浮気防止用アプリを導入することで浮気の抑止効果も得られます。

ただし、アプリを導入する際は本人の許可を得てから使用することが重要です

女を磨く

「男は目で恋をする」と言われます。ルックスだけで結婚を決めたわけではないかもしれませんが、男性が女性の外見を重視するのは確かです。

結婚すると忙しさにかまけて自分を磨くどころではないということもあるでしょうが、時間を作り、肌の手入れやダイエットなど女を磨くことも忘れてはいけません

旦那の浮気(不倫)をやめさせるためにやってはいけないこと

旦那の浮気(不倫)をやめさせるためにはやってはいけないことがあります。以下で詳しく見ていきます。

責め立てること

浮気や不倫はやったほうが悪いのは確かです。しかし、延々と責め続けてしまうと旦那の心が離れてしまいます。文句を言いたい気持ちはわかりますが、浮気(不倫)をやめさせるためと思ってグッと堪えましょう

「どうしても旦那を許せない」「顔を見るだけで文句を言いたくなる」

そんな場合はカウンセリングなどを受けることをおすすめします。

関連記事≫≫
離婚したい気持ちを相談すべき相手は誰?離婚へのSTEP別最適な相談相手

一方的に家を出ること

浮気をした旦那の顔なんて見たくない… そう思うのも当然でしょう。しかし、相手方が反省し、夫婦関係を修復しようと思っているのであれば、一方的に家を出るようなことをしてはいけません。

もし一方的に家を出た場合、婚姻関係が破綻する原因を作った有責配偶者とみなされる可能性があります

仕返しや嫌がらせをすること

浮気や不倫は配偶者に対する裏切り行為です。「裏切られた!仕返ししてやる!」そう思う気持ちはわかります。

しかし、不倫相手に嫌がらせをしたり、付きまとうなどのような行為は絶対にやめましょう。浮気や不倫の事実を旦那の勤務先にバラしたりするのもいけません。

自分を裏切った相手や不倫相手の嫌がる姿を見て、清々するかもしれません。しかし、そんな気持ちは最初だけ。後から激しく後悔するのは必至です。

また、これらの行為はプライバシーの侵害や名誉棄損、侮辱罪に該当する可能性がありますので、仕返しや嫌がらせは絶対にやめましょう。

夫の浮気(不倫)を見て見ぬふりをすること

夫が浮気や不倫をしていることに気づいているのに見て見ぬふりをするのもいけません。放っておくと以下のようなリスクがあります。

  • 精神的に疲弊する
  • 家庭が崩壊する
  • 浮気(不倫)相手が妊娠する
  • 子供に悪影響をおよぼす
  • 略奪される
  • 別居
  • 離婚 など

これらのリスクを回避するためにも、夫の浮気(不倫)に気づいたら早い段階で対策を打つことが大切です。

旦那の浮気(不倫)を本気にさせないためには

旦那の浮気(不倫)を本気にさせないためには

旦那の浮気(不倫)を疑ったら本気にさせないことが重要です。旦那が浮気(不倫)相手に本気にならないためにすべきことを紹介します。

夫を立てる

「男性はプライドを保つことで生きている」などと言われます。

子供の前で旦那を褒めたり、「お父さんのおかげで~」「お父さんもお仕事で疲れているのだから」と言って、旦那を立て、威厳を保つことが大切です

夫の相手をしてあげる

旦那が浮気に走るのは、妻がかまってくれないからかもしれません。

旦那の話を聞いたり、相手をしてあげることで旦那の気分が良くなれば儲けものですし、「俺は家で必要とされてない」と投げやりになることもないでしょう

一方、浮気や不倫に走る男性は「妻とはうまくいってないんだ」と言って浮気相手と関係を持とうとする傾向があります。妻から大切にされていればそんな考えも浮かばないでしょう。

夫の浮気(不倫)を疑っていないように振舞う

旦那の浮気や不倫を見て見ぬふりをするのはリスクがあります。しかし、「浮気(不倫)を疑われている」と旦那に勘づかれてしまうと、浮気や不倫の証拠を隠す可能性があります。

浮気や不倫の証拠を隠し続けているうちに、隠しきれなくなって夫婦関係が破綻するというケースもあるようです。旦那の浮気や不倫をやめさせるためには、浮気(不倫)を疑っていないように振舞うことが重要です。

夫に罪悪感を与える

旦那がほかの女に現を抜かしていることを知ってしまうと、家事や育児に励むのが馬鹿馬鹿しくなるでしょう。

しかし、こんなときこそ、家事や育児に力を入れましょう。「こんなに頑張ってくれて悪いな」と旦那に思わせるのです。人は罪悪感に苛まれるとつらい気持ちになります。夫に罪悪感を持たせ続けることが重要です。

旦那の浮気(不倫)が本気になっても離婚を回避するには

いろいろ手を尽くしたけど、旦那が浮気(不倫)相手に本気になってしまった。でも、離婚はしたくない…

浮気(不倫)相手に本気になった旦那との離婚を回避するにはどうすれば良いのでしょうか。

浮気(不倫)の証拠を入手する

基本的に有責配偶者(離婚原因を作った配偶者)からの離婚請求は認められません。そのため、「旦那が有責配偶者である」という証拠を掴んでおけば、旦那からの離婚は認められにくくなります

浮気や不倫の場合、不貞行為があったことを立証できる証拠が必要です。なお、不貞行為とは配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを言います。一般的には不倫や浮気という言葉を多用しますが、法的には不貞行為という言葉を用います。

旦那と浮気(不倫)相手が肉体関係を持ったことを立証できる証拠があれば離婚が認められにくくなるのです。

関連記事≫≫
不倫していた側からの離婚請求は難しい|厳しい3要件を満たせばできる

自分の言動を振り返る

浮気や不倫は、やった側が悪いことに違いありません。しかし、まずは冷静になり、なぜ旦那が浮気に走り、相手に本気になってしまったのかを考えてみましょう。

旦那にかまってなかったなど、妻の言動にも問題があったのであれば、改善を図りましょう

浮気(不倫)関係を解消させる

最も基本的なことですが、「浮気(不倫)相手と別れてほしい」と旦那に伝えることも大切です。浮気(不倫)の事実を知ったうえでもなお離婚をしたくないということをしっかり伝えることが重要です

浮気(不倫)相手に本気になった旦那と離婚したいと思ったら

浮気(不倫)相手に本気になった旦那と離婚する際も、まずは証拠を入手することが先決です。

離婚は夫婦が合意すれば成立しますが、合意しなければ調停、裁判へと進むことになります。裁判で離婚を認めてもらうためには民法で定める離婚理由(法定離婚事由)が必要です。

不貞行為は法定離婚事由の一つですので、「不貞行為があった」と判断されれば離婚が認められます

浮気(不倫)を理由に離婚するなら慰謝料を請求できる

浮気(不倫)を理由に離婚するなら配偶者に慰謝料を請求できます。浮気(不倫)による離婚慰謝料相場は100~300万円ですが、相手の収入や有責度合いなどによって金額が変わります。

なお、慰謝料は浮気(不倫)相手にも請求可能です。ただし、慰謝料の金額は一つの不法行為に対して支払われるものです。請求する相手が増えたからといって支払われる金額が増えることはありません。

関連記事≫≫
不倫の慰謝料請求をしたい!夫(妻)や不倫相手に増額請求する方法。

まとめ

浮気(不倫)相手に本気になっている旦那の特徴や離婚を回避して旦那の気持ちを取り戻す方法について解説しました。

旦那の浮気や不倫を疑ったら本気になる前に対応を取りましょう。また、旦那の浮気や不倫を理由に離婚考えたら証拠を集めることが大切です。

どのような証拠を集めれば良いかは弁護士に相談すると良いでしょう。当サイト「離婚弁護士相談リンク」は離婚問題に強い弁護士のポータルサイトです。お困りの際はぜひお役立てください。

離婚コラム検索

離婚の不貞行為のよく読まれているコラム

新着離婚コラム

離婚問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

離婚問題の慰謝料は弁護士に相談して適正な金額で解決!

離婚の慰謝料の話し合いには、様々な準備や証拠の収集が必要です。1人で悩まず、弁護士に相談して適正な慰謝料で解決しましょう。

離婚問題に関する悩み・疑問を弁護士が無料で回答!

離婚問題を抱えているが「弁護士に相談するべきかわからない」「弁護士に相談する前に確認したいことがある」そんな方へ、悩みは1人で溜め込まず気軽に専門家に質問してみましょう。

TOPへ